山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 針ノ木岳(2,820.6m)

<<   作成日時 : 2007/05/15 11:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今回は越後駒ケ岳以来、一ヶ月ぶり社長さんとの山スキーです。
先日、月山・鳥海山へご一緒した埼玉の本田さんを急遽お誘いし、
中年トリオ結成となりました。

画像
 (写真をクリックで拡大)

目的地は、5月12日・針ノ木岳、13日・未定のまま扇沢へ向かって見切り発車となりました。
社長さんとEVA父さんは11日午後10時半、扇沢着。  本田さんは12日午前1時半着。


◎日  時 2007年5月12日(土) 晴れ
◎メンバー 社長さん 本田さん EVA父さん
◎行  程 扇沢6:00〜8:05 2,100m地点8:25〜8:45マヤクボ沢出会い〜10:50山頂
          山頂12:00〜12:15マヤクボモレーン台地13:40〜扇沢(総距離10.77Km)
◎温  泉 上原の湯(400円)


さぁー午前6時、針ノ木岳目指して出発。(本田さん睡眠不足でゴメンナサイ!)
画像画像










       雪渓から振り返る、左・岩小屋沢岳(2,623m) 爺ケ岳(2,669.8m)
画像
 (写真をクリックで拡大)


マヤクボ沢出会いで、社長さんは針ノ木峠経由で蓮華岳方面へ(来シーズンの偵察?)、その後、稜線〜針ノ木山頂へ。 我々二人はそのままマヤクボ沢を詰め山頂へ。
       
         山頂直下の急登が続く          10時、本日一番の滑降者
画像画像











            スバリ岳(2,752m)             針ノ木雪渓を振り返る
画像画像











       10:50山頂へ到着! 真後ろ・立山(3,015m) 右・剱岳(2,999m)
画像



    山頂より滑降スタート地点のマヤクボ沢源頭を覗き見る、斜度45度以上・・・・!!
画像
 (写真をクリックで拡大)


   ?に執りつかれた中年トリオ、つける薬は無さそうです、家族の皆さんスイマセン!
画像



             後立山連峰              立山連峰と剱岳と黒部湖
画像画像 











剱岳(2,999m)左(平蔵谷)右(長次郎谷)が真っ白に望まれるが、山スキー界で有名な金沢のH先生と名人は、いとも簡単にワンデイで達成してる! EVA父さんも何時か、あの山頂から滑降・・でも無理かなー?
画像
 (写真をクリックで拡大)


                 穂高連峰と槍ガ岳(3、180m)と高瀬ダム
画像
 (写真をクリックで拡大)


     裏銀座コースの山々と中央・水晶岳(2,986m)         蓮華岳(2,798.6m)
画像画像











いよいよマヤクボ沢へ滑降開始です。社長さん・EVA父さん・本田さんの順。

                       社長さん
画像


                        EVA父さん
画像

画像

画像

画像



                        本田さん
画像



標高差200mマヤクボモレーン台地まで滑り降り、一休みと思いきや社長さんスバリ岳目指して登り始めました(あっ!いつもの病が・・・)

    一人黙々と登る社長さん(米ツブです)        見事なシュプールを刻みました
画像画像










             お蔭様で我々二人は台地でノンビリ甲羅干し
画像



「テレマーカーとゴールデンレトリバー」 ん?? こん所に犬が? 最初は信じられませんでした。何と45度以上もある山頂直下から、ご主人目指して飛んで来るではありませんか!
その後ご主人が滑り、犬が飛ぶの繰り返しです。何と賢く忠実で勇敢なゴールデンちゃんでしょうか! 
画像
 (写真をクリックで拡大)

それに引きかえ、我が家の迷犬「EVA嬢」、一日中ストーブ・炬燵の周りで、うたた寝状態・・
画像画像












下山後、本田さん推奨の「上原の湯」へ。温泉に浸かりながら、明日の「お山」を社長さんと「白馬鑓ケ岳」で決めました。昨年6月社長さんと登るもタイムアウトで敗退、再挑戦です。
ここで本田さんとは再会を約束しお別れです。(お仕事で帰宅へ)
社長さん・本田さん撮影の写真も使わせて貰いました。ありがとうございました。
扇沢〜猿倉の途中で食料を買い猿倉駐車場へ移動。


                 二股橋にて不帰嶮と天狗の大下り
画像
 (写真をクリックで拡大)



             白馬(しろうま)の語源と謂われる「代掻き馬」の雪型
画像
 (写真をクリックで拡大)


猿倉へ5時半過ぎに着き、ささやかな宴会をし19時前に就寝。それぞれの「ホテル」へ。
社長さん眼がランランと輝いてます。EVA父さん雪国生まれ雪国育ちの割りには、寒さに弱く? 敷き・掛け布団の間にシュラフを入れ寝ます。 では、おやすみなさい!
画像画像











                   GPS軌跡(画像をクリックで拡大)
画像
                  緑=夏道 赤=登り 青=下り
 






 



 
 



                  
                              
 














                                      

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
針ノ木岳(2,820.6m) 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる