山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 立 山(雄山3,003m) Part1

<<   作成日時 : 2007/06/03 23:12   >>

トラックバック 0 / コメント 2

5月31日埼玉の本田さんより、急遽お誘いが有り立山へ行くことになった。
それも場所が決まったのが午後8時、大急ぎで仕度し、午後10時扇沢へ向かっての慌しい出発となった。


画像
 (クリックで拡大)


前々から一度は行ってみたいと思ってはいたが、なぜか踏ん切りがつかず二の足を踏んでいた。さぁーチャンス到来、行くしかない!
午前1時過ぎに扇沢に着き、早々寝るも興奮と期待と嬉しさで、まんじりともせず夜明けを迎えることになった。(まるで子どもの遠足前夜)
本田さんは午前5時半到着。


             午前7時半始発トロリーバスに乗って出発!
             バス〜ケーブル〜ロープウエイ〜バスを乗り継ぎ、室堂9時25分着。
画像画像











一日目
◎日  時 2007年6月1日(金)  晴れ
◎メンバー 本田さん  EVA父さん
◎行  程 室堂9:50〜10:10雷鳥沢下部10:22〜12:20剣御前小屋13:00〜13:06
        剱沢小屋13:50〜14:00剱沢2,443m地点14:15〜剱沢小屋〜15:35
        剣御前小屋16:00〜16:20雷鳥沢下部〜ロッジ立山連峰
                                          (総距離 8.76Km)
◎温  泉 ロッジ立山連峰(立ち寄り湯 500円)


              
              前日の降雪で2,600m以上は真っ白、思わずラッキー!
        (きっと立山がEVA父さんを歓迎して、お化粧して待っててくれたのかな)
画像
 (クリックで拡大)


       浄土山2,831m                 室堂ターミナル
画像画像












       室堂から雷鳥沢下部へ滑り、いよいよ剣御前小屋へ標高差約600mの登り
画像
 (クリックで拡大)

       
画像画像
  











画像
 (クリックで拡大)


              雷鳥沢中間部にて、左・本田さん  EVA父さん
画像
 (クリックで拡大)
               


画像
 (クリックで拡大)


ザラメ雪にシールが良く効き、歩き始めて2時間、剣御前小屋へ着く。
ここまで上がると、ようやく剱岳が見え始める。休憩の後剣沢小屋まで標高差220m、あまり斜度も無く、剱岳を眺めながら、そしてお互いの写真を撮りながらノンビリとした滑降へ
画像
(クリックで拡大)
                                    右下、小さく剱沢小屋


                  EVA父さんの後に本田さんが続く
画像
 (クリックで拡大)



           今度は、本田さんの後にEVA父さんが続く                   
画像
 (クリックで拡大)


やっと剱岳(2,999m)の全貌が見えました。40年前登山を始めた頃、ここからの写真をよく目にし、一度は行ってみたいと長年思っていたのが、やっと実現! 感動です感無量です
画像
 (クリックで拡大)


                  本田さんありがとう、記念写真を一枚
画像
 (クリックで拡大)


    またまた剱沢小屋にて休憩し、その後剱沢雪渓上部(2,443m地点)まで偵察へ
                     (来シーズンに備えて?)
画像
 (クリックで拡大)


画像
 (クリックで拡大)


       今日のクライマックスの前に、剣御前小屋まで標高差320mの登り返し
画像画像











画像画像











                    剱岳とも そろそろお別れです
画像
 (クリックで拡大)


いよいよ今日のお楽しみ、剣御前小屋から雷鳥平まで標高差約600mの滑降です
                   (急斜面はナダレル危険在る為、お互い少し離れての滑降)

                    雷鳥沢上部をカッ飛ぶ本田さん
画像
 (クリックで拡大)

画像
 (クリックで拡大)


20分で雷鳥平へ着き、さて今日のお宿はどちらにしようかな? 16:35ロッジ立山連峰へ到着予約なしの飛び込み、快く受けて頂き感謝感謝! (我々二人の貸切)
部屋から風呂から雷鳥沢が真正面に見え、二人のシュプールも良く見えビールの美味いこと!
画像画像











画像
 (クリックで拡大)
                  赤=登りルート  青=滑降ルート


                      6月1日 GPS軌跡
画像
 (クリックで拡大)


Part2へ


      





                                               

                                                                                          












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。今朝早く仕事で会社にきました、一仕事済みましてブログを拝見してます。今回の立山は幸運尽くめの2日間でしためね、この頃で降雪後の山スキーを体験できるんだもの、こらから私も行きたい気分ですよ。まだどこぞへいくのかな?更新を楽しみにしてます。
社長
2007/06/07 07:43
社長さんへ
コメントありがとうございます。
はい確かに、特に4・5・6月は降雪後に入山するパターンが続き、
あまり黄砂で嫌な思いをすることも無く幸運続きでした。
でもこれだけ回数を行ってれば「犬も歩けば棒に当たる」ですね。
ひょっとして、明日「宝くじ」を買いに行こうかなー?
そろそろファイナルとは思うのですが、なかなか踏ん切りが!
あと1・2  3・・行ってみたい、お山もありますしー。
それでは、また。
EVA父さん
2007/06/07 17:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
立 山(雄山3,003m) Part1 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる