山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 月 山(姥ケ岳〜牛首 散策)

<<   作成日時 : 2007/06/29 23:01   >>

トラックバック 0 / コメント 8

6月28日(木)、梅雨空の晴れ間をみて「月山」へお花見に。


                            チングルマ
画像
 (クリックで拡大)

ここのところハードな「山スキー」が続いていたので、たまには「まったり」とした時間を過ごすのも好いかなぁーと月山へ。一応念の為、山スキースタイルで出掛ける。
                                      (あくまでも「お花」が主役)

お花編
  ●姥沢駐車場〜リフト乗り場まで

          オオバキスミレ                           ミヤマスミレ
画像画像











           ムシカリ                            ミヤマカタバミ
画像画像











                             ニッコウキスゲ
画像
 (クリックで拡大)
             *山上では、まだ蕾も固く、あと7〜10日位で見ごろでは?



  ●リフト上駅〜姥ケ岳〜牛首 (姥ケ岳〜牛首 往復はスニーカーにて)


        姥ケ岳山頂より、金姥・紫灯森・牛首・月山方面(月山はガスの中)
画像
 (クリックで拡大)



          ハクサンチドリ                       ウズラバハクサンチドリ
画像画像












          イワカガミ                                ヒナザクラ
画像画像












                 EVA父さんの大好きな花  ヒナザクラ
画像
 (クリックで拡大)



                             ヒナザクラの群生
画像
 (クリックで拡大)



           コバイケイソウ                     コバイケイソウと牛首方面
画像画像












                          チングルマ
画像
 (クリックで拡大)
            *花の終わったチングルマ:種を飛ばす為、風車に変身!



                       珍座?するEVA父さん
画像



         サクラ                        ハクサンイチゲ&コタヌキラン 
画像画像












                          ミヤマウスユキソウ
画像
 (クリックで拡大)



6弁ですが ツマトリソウ ではないかと                         マイズルソウ
画像画像












                            ミヤマキンバイ
画像
 (クリックで拡大)



       ウスイロミヤマリンドウ                          クモマスミレ
画像画像











        ミヤマカラマツ                             モミジカラマツ画像画像















       ウラジロヨウラク                           ショウジョウバカマ
画像画像











       ヨツバシオガマ
画像画像











                       ミヤマキンバイ群生
画像
 (クリックで拡大)



           その頃バラを眺めながら父さんの帰りを待つEVA嬢。
画像
 (クリックで拡大)           ツルバラのピンクスワニー



スキー編

月山へ最初スキーに来たのは昭和40年代後半、上野から夜行列車で山形へ、そして左沢線に乗り換え羽前高松、そして三山線電車に乗り換え間沢へ、今度はバスに乗り換え姥沢へ。
山形から約3時間半位掛かった。今現在は車で新潟から約3時間半。時代の流れを感じます。
しかし時代は変われど、志津・姥沢の雰囲気は当時そのもの、月山へ来る度(旅)に当時の事を思い出す。今後も変わらずにいて欲しいものだ。


                    リフト上駅からの月山夏スキー場
画像
 (クリックで拡大)


もう消雪が進みリフト下駅までの滑降コースは閉鎖。
             (降りられないこともないが、下部は藪漕で泥ドロ状態を覚悟してなら)
今現在は観光Tバー(約60m前後)と日野Tバー(80m前後)の2本が掛かっている。

画像
 (クリックで拡大)


Tバーを利用しないで、歩く人たちも。

                    山頂を目指す二人のボーダー
画像
 (クリックで拡大)


            このスキーヤーは月山名物「根曲がり竹」採りだそうだ
画像
 (クリックで拡大)



EVA父さん今日のスキーは「おまけ」、距離の長い日野Tバーにて回数券(11回)を。
画像画像











       Tバー沿いに浅いラインがあり6本滑る。久々の「コブ」で脚が息がもう大変!
画像画像











画像画像












Tバーは、あと2〜3週間大丈夫そう?その後は牛首(リフト上駅からハイク1時間半)、大雪城
(リフト上駅からハイク山頂越え2時間半)、まだまだ月山はシーズン真っ盛り!!
画像
 (クリックで拡大)


今回の温泉
志津・五色沼「湖畔の宿 清水屋旅館」(500円)
風呂が五色沼に突き出すように在り、姥の大斜面も一望出来最高。 お勧め!


おまけ
月山名物 「鯖水煮缶詰入り根曲がり竹味噌汁」の作り方。
画像
(クリックで拡大)


社長さん直伝レシピ
信州小谷村が発祥地とのこと。
 *沸騰したお湯に細かく輪切りにした「根曲がり」と「鯖水煮缶」の身を解して入れる。
                                    (鯖はあまり入れ過ぎないこと)
 *酒少々垂らし7分位煮る。
 *豆腐と多目の万能ネギ、本だしを少々加え、最後に味噌を入れて完成。


画像
(クリックで拡大)            美味しゅうございました!


                                               
                                                


                                   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
EVA父さん様
ひさしぶりの軽いハイクで、まったりした時間をすごされたようですね。
花がきれいですね。
僕は姥ヶ岳の山頂までで、すでにゼイゼイいってたせいか、こんなにいろんな花が咲いているなんて気づきませんでした。
エムズ
2007/06/30 09:53
エムズさんへ
いつもながらコメントありがとうございます。
Tバーが終わったあとは、「牛首」「大雪城」もありますよ!
弁当持参で「まったり」した時間を楽しみましょう。
EVA父さん
2007/06/30 19:00
EVA父さん、月山のお花はきれいですね。まったりした時間を過ごすには最適ですが、物足りないのでは?

福井のスーパードクターHが乗鞍岳行ったよ。うずきません?
アベル父さん
2007/07/02 23:24
アベル父さんへ
コメントありがとうございます。
月山、クールダウン?には丁度良いのかなぁー。
H先生もさる事ながら、ミンゴ先生が検討してる北岳・大樺沢の写真を見たら、うずくと云うかただただ圧倒されるだけで、怖ささえ感じてしまいした。
その時思ったのが、もっと若かったなら・・・・でした。

一度「ミンゴ先生」のブログ覗いて見て下さい。
一緒に鍛え直して、挑戦してみますか?

早く梅雨明けないかなぁー。



EVA父さん
2007/07/03 14:24
どうやら今週末の北岳登山は天気が悪そうなので鳳凰三山に変更されてしまいそうです…鳳凰三山ではさすがに滑れる雪がありません(*.*)
今回は単独ではなくパーティーなので我ままは言えませんし、先週末に北岳のトラバースで3人落ちたらしくそのことを考慮すると仕方ありません。
梅雨の後半は局地的な大雨が多いことを考えるとこのまま終了になりそうです。
まぁでも、もともとは6月初旬に終了していたはずなので悔いはありませんが(^^)
ミンゴ先生
URL
2007/07/04 10:05
ミンゴ先生さんへ
大樺沢の写真を見て心配してました。
自然の力には叶いませんし、ましてやパーティーの行動、そちら優先ですので賢明だと思います。
「山スキーは生涯の友」、まだまだ先にチャンスはいくらでもありますよ。
もっとコンデションの良い時季にトライしましょう。
7月にはいりEVA父さんもテンションが下がって来ました。
もうそろそろですね?
それでは、「お山」を楽しんできて下さい。
EVA父さん
2007/07/04 16:11
 ミンゴ先生のHP見ました。北岳大白樺沢、迫力ありますね。私も30数年前の北岳を懐かしく思い出しますよ。今では、広河原は車で入れなくなってしまったので、気楽にいけるところでなくなってしまいましたね。残念です。

 結論は、『もっと若かったならな...』です。なんせ山スキー1年生の私としては、行きたいところが有りすぎて、そんな怖いところとても行けません。『山は逃げない』なんて、僕ら中高年には当てはまりません。

 今夏、オフトレに汗を流しますので、来年は仲間に入れてくださいまし。まずは、近場の皇海山か平ヶ岳から夏山スタートです。

 早く梅雨が明けないかな〜。
アベル父さん
URL
2007/07/04 23:29
アベル父さんへ
そうですよねー「山は逃げない」、しかし我々中高年は先細り・・・
いやいやまだまだ、先日蓮華でお会いした「スーパーシニヤ」70才、
アベル父さんと針ノ木の帰りにお会いした方は、確か85才前後と仰ってましたよね、その方達から見れば我々は洟垂れ小僧(ちょっと表現が、スイマセン)、「中高年の星」になりましょうよ。
EVA父さん例年この時季、当面の目標が無くなり落ち込むのですが、
アベル父さんを見習いガンバリマッセ!!
EVA父さん
2007/07/05 16:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
月 山(姥ケ岳〜牛首 散策) 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる