山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 思いがけぬ再会

<<   作成日時 : 2007/12/10 15:12   >>

トラックバック 0 / コメント 9

12月9日(日)、○スキー協会の『初滑り』で、またまた「かぐらスキー場」へ。天候 吹雪




                     神楽ケ峰1,845m附近
画像



午前7時バスにて出発。 8時50分、みつまた駐車場へ到着。
しかし、既に満車状態で田代スキー場へ止めて下さいとの指示。
なんとか係員と交渉し、バス専用駐車場へ。ロープウエー乗り場に一番近い場所を確保。
リフト券売り場は長蛇の列。うわ〜、と思っているその時、「しゃちょさん」が今にも、チケットを買うところ!これ幸いラッキー!てなもんで。 (しゃちょさんは一時間並んだそうな)



しゃちょさんは一日先行して昨日の8日、平標山へ山スキーへ行き、今日現地合流となった。
昨日は天気は良かったものの平標山はまだ雪不足で、満足のいく滑降は出来なかったようだ。
しかし、しゃちょさんの他にも物好きな人がいたもんで、なんと先行トレースが一本あったそうだ。
歩きながら、この雪不足では先行者も戻って来るだろう、戻って来た所でしゃちょさんも戻るつもりだったそうだが、トレースは上へ上へ・・・山頂で先行者の青年と出会った。
青年は平標山は初めてだそうで、しゃちょさんが先導しながら藪と悪戦苦闘して何とか下った。
下山口で翌日の予定を聞き合い、しゃちょさんが神楽中尾根ならなんとか滑れるだろうと提案して集合場所と時間を約束して別れた、とのこと。



9日当日、しゃちょさんのお蔭でロープウェイはあまり並ばずに済んだ!感謝!!
その時、青年(高崎のYさん)を紹介してもらう。
ロープウェイ・リフト・ゴンドラと乗り継ぎ、かぐらスキー場へ到着。
天候が悪く、暫らくゲレンデでしゃちょさん・Yさん・EVA父さん3人で滑っているうちに、Yさんが「EVA父さんと何処かで会ったことがある」と、驚きの発言。
Yさんが記憶を辿って”針ノ木”ではないかと、、、。
そう言われてEVA父さんもおぼろげながら記憶を辿ると、、、。


           2007.05.12撮影  針ノ木岳・マヤクボ沢源頭
画像
(写真クリックで拡大)
今年5月12日、針ノ木マヤクボ沢上部を登っている時に、マヤクボ沢源頭を直登している(アイゼンも装着せず)先行者がいた。
本来であれば稜線直下から左へトラバースして稜線へ上がって山頂へというルートである。
凄い人がいるもんだなー、と驚いた。
山頂でその先行者と一緒になり暫らく写真を取り合ったり話をしたりして過ごした。
その青年はその時ショートスキーで、話の中でGWにショートスキーで薬師岳へ行ったという話が出た。薬師岳はEVA父さんも挑戦してみたい山だったので興味深く聞いたのであった。

な!なんと!その人物こそが、今回のYさんであった。驚き・桃の木・山椒の木!!!!





天気が悪い分、雪質は良く快適ゲレンデスキーを楽しむも、何か?物足りない!
ガスで視界は利かないものの、Yさんは「かぐら」は初めてと言うこともあり、
昼食後、第五ロマンスリフト(運休中で3月より稼動)上駅までプチプチ山スキーへ行くことに。

画像





                      トップのしゃちょさん
画像





                       しゃちょさんとYさん
画像





                しゃちょさんとYさん、EVA父さんは楽ちんなシンガリ
画像





     標高差150mたらず、たった30分のシール登行だったが、やはり「お山」は最高!
画像





                 第五ロマンスリフト上駅にて、はいポーズ!
                  左より、Yさん・EVA父さん・しゃちょさん               
画像

         膝下フカフカパウダーの大歓迎! もうヤメラレまへん山スキー!




                   みつまたスキー場、下山コース
画像






画像





           下山コース下にて、Yさんとまたの再会を約してお別れ。


         若いYさんは、これから何十年も山スキーを楽しめる。羨ましい限り。
         後何年できるかと毎年カウントダウンの心境のEVA父さんは気持ちだけ焦る。
         でもしっかり積もらないと満足感に浸れないので積もるのをじっと待つのみ。
         待ってたら年が明けるかなぁ〜。そしてまた1つ歳をとるのだ・・・。





              

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
元気一杯ですね!
フラッシュに反射した雪がとてもメルヘンチックで素敵です。
(行動している当のご本人にとってはメルヘンどころではなかったかも?)
山の世界って狭いので、「驚き・桃の木・山椒の木」ってたくさんありますね、ほんと。
羨みながら、机で仕事してます。
koizumi
2007/12/11 12:29
楽しく見させて貰いました。Yさんのマヤクボ直登写真を良く管理していましたね。2人で遊ぶのは飯豊以来でしょか?EBA父さんのスキーは相変わらず元気でした、次回もよろしく。
しゃちょさん
2007/12/11 15:26
koizumiさんへ
人生にとって、「出会い」とは面白いもんですね!
反対に、もしもあの時「出会わなかったら」今と違った人生が、なんて思うと・・・(ちょっとオーバーですかね)

もしも9月9日、梶川尾根でkoizumiさんと出会わなかったら、
こんなにも飯豊に・・・ いやぁー感謝感謝です。
今後も「一期一会」を大事にしたものです。

そろそろ、カンジキ歩行の練習をしなきゃ!
    


EVA父さん
2007/12/11 18:18
しゃちょさんへ
お疲れ様でした。
いや〜、しゃちょさんのバイタリテェーには脱帽です。
あの、ノンストップ滑りには!

子どもの頃から雪を見ると狂ってしまう性質なもので、
ついつい無理してしまい、翌日アッ痛ターの繰り返しで反省です。
今シーズンも野次さん喜多さんで、ラッセルマン宜しくお願いします。
EVA父さん、何せ虚弱体質なもので・・・えへ!
EVA父さん
2007/12/11 18:30
高崎のYです。
EVA父さん、しゃちょさん、お世話になりました。
おかげさまで、チョー気持ちいい体験が出来ました。あのようなパウダーは初体験です。幽体離脱したかと思いました。
またどこかの治療院でお会いできるのを楽しみにしています。
kai
2007/12/11 22:23
EVA父さんこんにちは〜^^
素晴しい再会をされたんですね〜0^^0

みいもいつも思います・・・^^
山は広いが狭し・・・^^
だから、出会いに感謝して、山を一人でも多くの方と一緒に
楽しめたら・・・と、思います^^v

しかし、本当に山スキーが好きなんですね〜^^
みつまたのすごい!コースを何本も滑られたのも
驚き!!ですが・・・(みいなら転げ落ちてますゎ。。。)
吹雪でも少しでもシール登行して滑る・・・^^
それが、上達に繋がるのですね^^

そちらもまだまだ雪が少ないようですね・・・0--0
日曜、また、先輩方にお声かけ頂き、
山スキーに行きますが、今から足をひっぱらないか
ドキドキもんです・・・(笑)
とにかく、頑張るぞ〜〜0^^0

キリ番のプレゼント・・・遅くなっていてるいません・・・><
なんだか年末&クリスマスで混んでる(何が・・・?)らしく、
年内には・・・^^V 忘れた頃にやって来る・・・災いではないので待っていて下さい(笑)
みい
URL
2007/12/12 11:29
kaiさんへ
コメントありがとうございます。

いやぁ〜、良く憶えていましたね!
驚きと言うか嬉しいと言うか、感激で一杯でした。
それに引きかえ、こちらは・・・すみませんでした。
何回か針ノ木へ入っていて、あの50度近い針ノ木マヤクボ沢源頭を、
アイゼンも着けずに直登してる方は初めて見たのと、その方と山頂でお話したのは鮮明い憶えていましたが、まさかその時の方とは・・・
それもスキーを初めて、一シーズン目で針ノ木とは驚きでした。

今シーズンが二シーズン目だそうで、それであの滑り、相当な努力だったと推察致します。
しゃちょさんのアドバイスで、午前と午後の滑りでは見違えるように良くなりましたよ。やはり若いだけに吸収は早いですね。
それに引きかえ、こちらはカウントダウンでジリ貧状態・・・

また、これを機会に是非ご一緒したいものですね!


EVA父さん
2007/12/12 18:09
いやぁ〜、実に驚きでした。
自問自答する「EVA父さんって、そんなに濃いのかなぁー?・・・」
人生に於いて「出会い」が多いほど、財産になると言いますので、
一つ一つの「出会い」を大事にしていこうと思ってます。

キリ番は、まだまだこれから先への通過点です、
あまり気になさらないで下さいませ。

16日山スキーだそうで、
この時季だと乗鞍かなー? それとも御嶽かなー?
気をつけて楽しんで来て下さい。
EVA父さん
2007/12/12 18:25
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
みいさんへ

宛名が抜けてしまいスミマセンでした。
EVA父さん
2007/12/12 18:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
思いがけぬ再会 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる