山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳥海山(新山 2,236m)

<<   作成日時 : 2008/05/10 22:07   >>

トラックバック 0 / コメント 13

5月8日(木)、今日は鳥海山。今回初めてのルート、鉾立〜象潟コースへ単独にて山スキー。




                         扇子森附近より、鳥海山
画像
 (クリックで拡大)




               鳥海ブルーラインのゲート開門時間は午前8時〜午後5時迄。
                       果たして往復して9時間で戻れるやら?
                      登りのタイムリミットを午後1時までにした。




              午前7時20分、『道の駅 鳥海』出発。 ゲート7時37分到着。 先着車二台。




                            ゲートは7時46分に開門
画像
 (クリックで拡大)




    鉾立山荘駐車場(標高1,156m)に8時04分到着   8時20分鉾立山荘を後にシール登行で出発
画像
(クリックで拡大)




            ありゃー・・・、シール登行出来たのは標高1,225mの展望台まで、その先には・・・ 




                           左奥・鳥海山と白糸の滝
画像

(クリックで拡大)




            その先には兼用ブーツでの試練が・・・・、スキーをザックに括り夏道を歩くことに!




        これから進む「尾根渡り」                              展望台を振り返る
画像画像













                    
                9時00分、標高1,360m地点より再びシール登行に、ヤレヤレ!




                   9時55分、標高1,667m附近にて雪が途切れてしまう
画像





                           標高1,667m附近より
画像
 (クリックで拡大)




                   10時10分、またまたスキーをザックに括り夏道を進む




                            河原宿方面
画像
 (クリックで拡大)




                            稲倉岳(1,554.2m)
画像
 (クリックで拡大)





                10時25分、御浜神社に到着。ここで後続の登山者に追いつかれる。
画像
 (クリックで拡大)




                       御浜神社より、山頂はまだまだ先!
画像
 (クリックで拡大)





画像
 (クリックで拡大)




                 雪が途切れていそうなので、スキーは背負ったままツボ脚で、
                      登山者の方と話ながら扇子森へ向かう。
     秋田の方で、4月29日・5月3日にも登ったそうだ。今年は降雪量も少なく、雪消えも早いとのこと。




                           扇子森手前で振り返る
画像
 (クリックで拡大)




                        扇子森より、ようやく鳥海山の全貌が!
画像
 (クリックで拡大)                    赤=今回の往復ルート




              駐車場にマイクロバスがあったので、もしかして先行して登ってるかも?
                      ようやく姿が、登山かスキーか定かでないが・・・



            登山者の方は扇子森で休憩するようで、シールを着けたままのスキーで降る。
             ?ここでスキー跡が何本か出て来た、先行パーティーはスキーヤーでは?




                    先行パーティーは、七名のスキーヤーみたい
画像
 (クリックで拡大)




画像
 (クリックで拡大)




                 11時26分、標高1,900m附近より目指す新山と千蛇谷
画像
 (クリックで拡大)




                               振り返る
画像
 (クリックで拡大)




              11時45分、文珠岳(2,005m)手前鞍部にて先行パーティーに追いつく
画像
 (クリックで拡大)



           七名の方々は仙台からお越しの皆さんで、鉾立駐車場を7時に出発したそうだ。
          これから湯ノ台コース滑降へ。(滝ノ小屋下駐車場までマイクロバスが迎えに来る)




                      お互いに写真を撮り合う、まだまだ余裕?
画像


 
                       
                       湯ノ台コースへ滑降して行くパーティー
画像
 (クリックで拡大)



画像
 (クリックで拡大)




              12時10分、今回最難所の外輪稜線から千蛇谷へのトラーバース滑降へ。
                      ミンゴ先生の教えを守り、躊躇せずに一気に!




                      緊張であまり覚えていないが、1〜2分後に谷底へ。


                  12時25分、谷底でスキーからアイゼンに履き替え山頂へ向かう。




                           途中で千蛇谷を振り返る
画像
 (クリックで拡大)




               山頂直下から見上げる ひょっとして山頂まで雪が繋がっているかも?
画像
 (クリックで拡大)




                     標高2,180m地点より、千蛇谷を振り返る
画像
 (クリックで拡大)




                            大物忌神社と御室
画像
 (クリックで拡大)




             1時08分タイムリミットだが、此処にザック・スキーをデポして山頂へ向かう。




画像





               1時25分悪戦苦登の末、山頂に到着、おもわずバンザーイ!!
                       (4〜5mだけ岩の上をアイゼンで歩く)
画像





                             山頂より、鳥海湖方面
画像
 (クリックで拡大)




                         1時30分山頂を後に、デポ地点へ降る。




       1時37分デポ地点の下にスキーヤーが、何処から?  祓川から登り、北面を滑降するそうだ
画像
 (クリックで拡大)




            ここで遅い昼食。疲れ気味か、おにぎり一個しか食べれず  徐々にガスが湧き出す
画像
 (クリックで拡大)




                     一刻の猶予も出来ず、1時52分大岩下まで滑降へ。




      1時57分大岩下に到着  2時02分ここからシートラーゲンで外輪稜線へ慎重に登り返しへ
画像
 (クリックで拡大)




         2時25分外輪稜線に到着  2時30分一面のガス、登りトレースを外さないように滑降へ
画像画像













                      扇子森の登り返しは、スキーを肩にツボ脚にて
画像
 (クリックで拡大)




                        3時00分、御浜神社・小屋に到着。
                 小屋には単独登山者が居て、今日は此処に泊まるそうだ。




                   3時05分、御浜神社を後に  頼りは目印旗とGPSのみ
画像
 (クリックで拡大)




               標高1,500m附近でガスが薄くなる 滑降して来た斜面を振り返る
                        何処をどうやって滑って来たのやら?
画像
 (クリックで拡大)




               標高1,500m以下は薄日も  左尾根沿いに標高1,360mまで滑降へ
画像
 (クリックで拡大)




                 3時26分、スキーをザックに括り夏道をエッチラオッチラ!
                         もうヨレヨレのEVA父さん!!
画像画像













                      振り返れば上部もガスが晴れ、お見送り〜
画像
 (クリックで拡大)




        日本海も輝いて                          展望台から一滑りで鉾立山荘へ
画像画像













                      4時03分、鉾立山荘駐車場に到着。
                   ゲート閉門に間に合った! 良かったよかった!

                    なかなかハードで中身の濃い一日だった!!




 ★EVA父さんの強力なサポーター
           七斗号・スキー・ストック・シール・クトー・アイゼン・ピッケル・GPS等々、
         何回となく危うい場面で助けてくれた、頼もしいサポーター達。 感謝!感謝!!
画像




      ●後始末をして、鉾立駐車場を4時30分に出発して、ゲート通過4時47分ギリギリセーフだった。




                             GPS軌跡
画像
 (クリックで拡大)                    赤=登り  青=降り




●日  時 2008年5月8日(木)   曇り
●行  程 鉾立8:20〜9:00標高1,360m9:05〜9:55標高1,,667m10:10〜10:25御浜神社〜
        11:45文珠岳鞍部12:10〜?千蛇谷底12:25〜13:08標高2,180m〜13:25山頂

        山頂13:30〜13:37標高2,180m13:52〜14:25文珠岳鞍部14:30〜15:05御浜神社
        15:10〜15:26標高1,360m〜16:05鉾立
                                          (歩行・滑降距離 14.93km)




         帰路途中に『道の駅 鳥海』に寄り、四日市から遠征のKさんに今日の情報提供する。
                ラーメンを食べた後は、疲れた身体にムチ打って240kmの帰路ドライブ。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
おつかれさまでした!おにゅーのアイゼンどうでしたかぁ〜?
月山も鳥海もいいなぁ〜、来年こそは行きたーい!

それにしてもゲート開門時間もうちっと早くならないものですかねぇ〜。
私も、明日いきなり休みをとれたので富士宮から日本一の山にでもと思ったのですが、スカイラインは夕方5時から朝8時まで通行止め…前夜入りしなきゃ高山病になる自信があるので無理ですね(^^;)

というわけで、明日は御嶽ちゃんの継母岳を目指してみます。
ミンゴ先生
2008/05/11 13:43
もう、うらやまし〜〜〜!!の思いのみ!でレポ拝見^^v
スキーを履けば、EVA父さんにかなうものなし!ですね0^^0
お疲れ様でした〜^^v

この夏に一度、月山&鳥海山に行ってみようと思います^^v
お花の時期・・・に、かな・・・?
一度、頂上を踏んでおくと、山スキーで行った時には、
無理せず頂上がダメでも滑って来るのに後悔なし・・・なんて(苦笑) 
軟弱な考えです0--0

そして、来年には、山スキーで行ってみたいです^^
でも、色んなルートがあるんですね〜0--0

今年は、もう、我ら〜山スキー終わりかなぁ・・・?
ペンギンにラストは立山に〜ってお願いしているのですが・・・^^
みい
2008/05/11 13:45
ミンゴ先生さんへ
アイゼン、やはり8本と12本では違いますね!
これだとヒマラヤも登れそう・・・
反対に、今まで8本で良く登ってたと思うと怖くなりましたよ。

>ゲート開門時間もうちっと早くならないものですかねぇ
確かに、脚の遅い方では無理なような・・・
EVA父さんも、往復歩きなら間に合わかった思います。
鉾立山荘管理人曰く「その為に山荘が在るんだから前夜泊まれば・・・」と仰ってましたが。
(素泊まり1,370円で=寝袋持参、中を見せて貰いましたが快適そうです)

明日は天気も良さそうですし、楽しんで来て下さい。
EVA父さん
2008/05/11 17:32
みいさんへ
鳥海山何本もルートがるようですが、やはり登り一本、降り一本の祓川コースが一番スッキリしてるようです。
今回のコースは初めてだったのですが、距離もあり登り返しもありで歯応え十分でした。それと千蛇谷の景観、素晴らしいです一見の価値ありです。

山スキーを始めてまだ3シーズン目、今まではノーマルコースしか行ったことが無いのですが、GWに「やまとそばさん」が行かれた北面斜面、凄そうで行ってみたくなりました。

立山、好いですねー!
こちらも、しゃちょさんと5月中にはと・・・

九州レポ拝見させて貰ってますが、まだ膝が・・・のようですね。
まぁーあまり無理せずに、登山・山スキーを楽しんで下さいませ。
EVA父さん
2008/05/11 17:50
EVA父さん様
まだまだ山スキーを楽しまれているようですね。
山スキー3年目にして、もう月山では物足りないとは、止まる事なく山スキーにハマリつづけている様子が窺えます。
エムズ
2008/05/12 15:41
EVA父さんご苦労様でした。

大変参考になりました。来年のこというと鬼が笑うと申しますが、私も来年は「Everyday sunday」の身分、遠征してまとめて滑ってみたいと、密かにおもっちょります。(何故か急に薩摩弁)

そのときは、祓川、千蛇谷のどちらかは必ず滑りたい・・・思うのは勝手ですので・・・

>ミンゴ先生
日本一高い山の富士宮口ゲートですが、下りは下山車のため開いています。そこから皆さん出入りしています。(但し、昨年の情報)GWの時は駐車場が雪に埋まっていたそうですから、今ごろはどうでしょう)まだまだ楽しめそう。
アベル父さん
2008/05/12 21:06
>アベル父さん
情報ありがとうございます!やっぱり一度は日本一の山を滑ってみたいですね!
あの山はやはり高度順応がカギなので、できれば前日の早いうちに入りたいです。そして晩酌無しで早く寝たいです(^^;)
昨日、標高3000m付近をヘロヘロになりながら歩いていたミンゴ先生でした。
ミンゴ先生
2008/05/13 15:59
エムズさんへ
やはり月山へ行くと姥の大斜面も滑りたいと・・・
そうするとどうしても「牛首」辺りから、標高を落とさずに「紫灯森」「金姥」をトラバースしてしまうので・・・
「二兎追う者、一兎も得ず」になってしまいます。

月山はゲレンデスキーと割り切った方が良いみたいなんですが、
でも、やはりシーズンに一度は・・・矛盾してますね!
EVA父さん
2008/05/13 18:07
アベル父さんへ
鳥海山、一週間位掛けていろんなコースを滑ってみたいですね!
それだけ価値在る「お山」です。

「千蛇谷」今回が初めてでしたが、景観が素晴らしいです。
それにバリエーションルートもあるようですし、
お互いに研究しましょう。
EVA父さん
2008/05/13 18:18
順調に予定をこなしてらっしゃるようですね。
家からだと500km、鳥海山は遠いなぁ。
リタイアしたら行ってみようかな?
楽々コースで。
かず
2008/05/13 21:11
かずさんへ
>リタイアしたら行ってみようかな?
そんなこと言ってたら、あと何十年もあるじゃないですか!
今が旬、体力のある内が華ですよ!

>家からだと500km、富士山は遠いなぁ。
富士山も一回は滑ってみたいのですが、
やはり同じ理由で、二の足踏んでます!!
EVA父さん
2008/05/14 11:51
何十年まではありませんが、その頃にはもう登れない体になっているかもしれませんね・・・
まあ、でも、やっぱり遠いなぁ。
近場でも行ってない所は沢山ありますから、ぼちぼち遊んでいきます〜
かず
2008/05/16 00:10
かずさんへ
そうですね、人生ボチボチが一番ですね。

まぁ〜人生100年、ノンビリと行きましょい!!
EVA父さん
2008/05/16 21:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鳥海山(新山 2,236m) 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる