山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 石転び沢(梅花皮小屋 1,850m)

<<   作成日時 : 2008/05/29 19:41   >>

トラックバック 0 / コメント 6

5月28日(水)、シーズンも残りあと僅か、天気予報を見ながら今シーズン二回目の『石転び沢』単独にて山スキーへ。




                         梅花皮小屋と北股岳(2,024.9m)
画像
 (クリックで拡大)




                     午前6時40分、天狗平駐車場を出発。
      (6時を予定してたが、途中で交通違反。トホホホ・・・、あんな所に隠れて居るなんて!!)




画像画像














             雪渓に下りられたのは、先週と同じく「下つぶて石」附近(標高583m)
                 でも中央部には「落とし穴」も、通行は左右の厚い部分を!
画像
 (クリックで拡大)




      これではとってもシールで歩く気になれず、軽登山靴でスキー・ブーツは背負ったまま進む
画像
 (クリックで拡大)




        8時28分、梶川出合い附近(標高720m)で雪面が綺麗になり、靴はデポしてシール登行へ。




                          ここまでは、こんな感じで
画像





           梶川出合い                                   デポ中
画像画像














                        雪渓下部より、門内・いり門内沢
画像
 (クリックで拡大)




             8時56分『石転びの出合い』(標高860m)にて、これから登る石転び沢
画像
 (クリックで拡大)




        9時44分『ほん石転び沢出合い』(標高1,230m)に到着。ここからはクトーを着けて登る。
                 今回の滑降は『ほん石転び沢』も選択肢にあったが、
        武士の魂の『試し切り』?があったので、登りながら確認した石転び沢を滑ることにした。




                 梅花皮岳(2,005m)山頂からドロップする『ほん石転び沢』
              雪庇・多少クラックが入っているものの、まだ雪は繋がっているようだ
画像
 (クリックで拡大)




                        振り返ると後続のスキーヤーが
画像
 (クリックで拡大)




画像
 (クリックで拡大)



                  北股沢方面、いたる所でクラックがもう滑降は無理そう
画像
 (クリックで拡大)




                     最後の急登、そのままクトーで行ける所まで
画像
 (クリックで拡大)




             10時54分、標高1,650mクトーギブアップ。ここからアイゼン・ピッケル登行に。




                      振り返ると、後続のスキーヤーもスキーを背に
画像
 (クリックで拡大)




                   梅花皮小屋直下のクラック、先週はまだ無かったのに!
画像
 (クリックで拡大)




                 北股岳(手前のクラックは小屋直下のクラックと繋がっている)
画像
 (クリックで拡大)




                        11時51分、梅花皮小屋に到着。 
                     しばらくすると後続者(札幌の方)も到着。 
            風も冷たく寒いので「小屋内で休みませんか」と誘うも、外で休むとのこと・・・


画像画像













                 昼食も終わり外へ出ると、札幌の方は滑降準備中。
       お話によると、4月22日に札幌を出発し青森〜信州まで南下しての山スキー・登山三昧。
             最後に石転び沢を滑って、翌29日新潟からカーフェリーで帰るそうだ。




                           大日岳(2,128m)方面
画像
 (クリックで拡大)




                      梶川尾根方面、まだかなり雪がありそうだ
画像
 (クリックで拡大)




            12時56分滑降へ、さぁー楽しみましょう!(札幌の方は10分位前に出発)
      雪面は黄砂・チリ等で汚れてはいるものの、デブリ・小石も無く実に快適、スンバラシーイ!!



             石転びの出合い1時11分、梶川出合い1時19分軽登山靴を回収して、
                      1時22分標高692mで滑降終了。
    標高差1,160m登りで三時間半も掛かったものが、アッという間の26分この爽快感堪りません!




                            此処まで滑って来た
画像
 (クリックで拡大)




                   この下はこんなん感じなんでスキー・ブーツを背負い、
                       1時38分、足も軽やかとおもいきや・・・
画像
 (クリックで拡大)




               標高600m附近のクラック、先週には無かったものが深さは3〜4m位
画像
 (クリックで拡大)




              『下つぶて石』下70〜80m先、雪渓の下は水が勢い良く流れている
                   これからの雪渓歩きは危険がいっぱい!! 
画像
 (クリックで拡大)




            帰りは登山道脇の草花を撮りながら、スキーブーツを背負って辛いものが・・・




           オオイワカガミ                                            
画像画像












           タムシバ                                      ムシカリ
画像画像












          キクザキイチゲ                                     チゴユリ
画像画像












                              サンカヨウ       
画像





            カタバミ                                    スミレサイシン
画像画像












                                                       
画像画像












                        うーん、自然の恵みは素晴らしい!!


画像





              3時00分、天狗平駐車場に到着。梅花皮荘にて汗を流し家路へ。
                       今日も満足満足の一日だった!




●日  時 2008年5月28日(水)    薄曇
●行  程 天狗平6:40〜7:45下つぶて石〜8:13梶川出合い8:27〜8:56石転びの出合い〜
        9:50ほん石転び沢出合い9:56〜10:54標高1,650m11:05〜11:51梅花皮小屋
        12:56〜13:22標高692m13:38〜天狗平       (歩行・滑降距離 14.79km)


 


                                    

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
毎度の山行、羨ましい限りです。
今週末、天狗平ロッジの手伝いの翌日に行く予定ですが、
相変わらず天気に見放されているようです。。。
ガスるようであれば落石とブロック雪崩が怖いので、
稜線まで詰めなくてもと思っています。
せいだ
2008/05/29 23:12
せいださんへ
天狗平ロッジのお手伝いご苦労様です。
28日下山時に森林パトロール中のT会長さんとばったりで、天狗平ロッジのお話も出たのですが、今回は・・・で申し訳ありません。

それにしても週末になる度、天気が今いちで困ったもんですね!
石転び・門内で「板納め」を予定してる方々も多いと思うのですが、
早く「天気の神様」に微笑んで欲しいものです。

せいださんも二週連続の足止め状態で、鬱積してることと・・・
まぁー自然の力には叶いませんので、無理せずに!

雪渓下部の中央部分とクラックには、充分ご注意下さいませ。
EVA父さん
2008/05/30 19:02
毎回山行記録覗かせてもらっています。
それにしても凄い体力ですね。
ところで先日17日に巻機山に登った際
山頂標識が見当たらなく谷川連峰(清水峠)従走路標識の
あるあたりまで探したのですがあきらめ引き返しました。 
EVAさんの昨年秋の山行記録には
立派な標識版の写っている写真が
有りましたが、私の見過ごしでしょうか?
かれすすき
2008/05/30 23:16
かれすすきさんへ
巻機山を登って来られましたか。
今の時季だと、4〜6合目附近のブナの新緑を楽しまれたことと思います。

>山頂標識が見当たらなく・・・
避難小屋から降り、そして最後の登りを登り切り稜線にでた所に標識版が・・・、不思議ですねー・・・
不確かな事は言えませんが、
管轄の市町村で冬期間、雪風・雷等々から守るため外してある場合もあるのではないでしょうか?
実際、私の知っている「お山」でもそのような例が幾つかあります。
そして、「山開き」に合わせて設置してるのかなぁー・・・?

そろそろ、あちこちの「お山」からヒメサユリ開花の便りが届き始めました。
また越後のお山への、ご訪問お待ち致しております。
EVA父さん
2008/05/31 15:47
EVA父さん、ご無沙汰しております。
石転び沢、行ってみたいです!今シーズンの予定に入っていたのですが、予定外の骨折で行けませんでした。まだまだ滑れそうですが、骨折が完治していない為、来シーズンに期待したいです。
また来シーズン、よろしくお願いします。昨年12月にEVA父さんとしゃちょさんと一緒に滑った神楽は最高でした。また神楽か平標でお会いしましょう。




悪一休
2008/05/31 18:23
ちょい悪一休さんへ
順調に快復したようで何よりです。
それにしても、リハビリ山スキーで富士山とは凄いですね!
今シーズンは、あまりご一緒出来ませんでしたが(私にはハード過ぎて・・・)、来シーズンには是非ご一緒したいものです。
特に飯豊はお勧めですよ。
まだまだ私が行ったことのないルートが沢山あるようです。
一緒に探求でければ良いですねー。

ブーツは一休さんと同じです。
私は3シーズンめで約100日位履いてますが、今のところ異常はありません。
私が思うには、一休さんの山スキーがあまりにもハード過ぎるのでは・・・
雪洞・テント泊縦走等、氷点下10〜20度に接するとパリなんて事があるのかなー?
それにしても1シーズン目でそうなるとは、やはり買い求めたスポーツ店へ持ち込んでみるべきですね。

明日からしゃちょさんと二泊三日で立山です。
そろそろシーズンも終盤なので、二人でハジケテ来ます。
それでは、また!
EVA父さん
2008/05/31 21:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
石転び沢(梅花皮小屋 1,850m) 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる