山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 涸沢ベース二日目(奥穂直登ルンゼ〜第一ルンゼ)

<<   作成日時 : 2008/06/20 16:19   >>

トラックバック 0 / コメント 8

涸沢二日目、奥穂山頂から直登ルンゼ〜第一ルンゼへ。




                         奥穂高岳山頂より、槍ヶ岳方面
画像
 (クリックで拡大)




          今日の心積もりは「白出コル〜小豆沢」登り返して「涸沢槍肩〜涸沢」だったが、
            昨日のH先生の「直登ルンゼ、雪は繋がっており大丈夫ですよ」の言葉に
              俄然張り切るミンゴ先生、こうなればEVA父さんも行くっきゃない!




                        7時00分、目指す奥穂高岳へ
画像
 (以下、クリックで全て拡大)




                  涸沢ヒュッテ(2,310m)から、スキーを背負いツボ足にて
画像





                       ザイテングラート沿いの小豆沢を進む
画像





                            後方、常念岳(2,857m)
画像





                7時58分、標高2,586mにて水をデポ。 此処からはアイゼンにて。




                直登ルンゼと小豆沢合流地点、かなり幅広で深い縦溝が一本
画像





                  白出コル直下  もうすぐのようで、なかなか着かない!
画像





                     9時48分、白出コル(穂高岳山荘)に到着
画像





               10時07分、雪田が見えるのでアイゼンのまま、白出コルを出発
画像





                            梯子直下のミンゴ先生
画像





                            雪田をキックステップで
画像





               「今日はやけにミンゴ先生のお尻のアップが多いなぁー・・・」
            「そんなこと言っても尻ましぇ〜ん」なんて言う、余裕も無いEVA父さん。




             一歩踏み外せば白出沢へ・・・ 昨日も北穂で滑落事故があったようだ
画像





                             笠ヶ岳(2,897.8m)
画像





                             直登ルンゼを覗く
画像





                            偵察するミンゴ先生
画像





                              ジャンダルム
画像





                       11時35分、奥穂高岳山頂に到着。



         オートで、急げや急げ!
画像












                                                 間に合った!
画像
                                         









                                      (実は何故か?連写モードになってました)




                     前穂高岳(3,090.2m)・明神岳2,931m)方面
画像





                     水晶岳(2,986m)・黒部五郎岳(2,839.6m)方面
画像





                             ドロップ地点より
画像





                              滑降ルートを覗く
画像





                       12時20分、さぁ〜楽しみましょう!!




   ミンゴ先生、落ちます落ちます!
画像














画像
















                                          EVA父さんも、落ちます落ちます!
画像














画像

















                           一呼吸入れて振り返る
画像


             滑り出すまでは怖かったものの、あとは己を信じてエイヤーてな感じ!




                                            ミンゴ先生、飛びます飛びます!
画像














画像

















                          偵察で見えていた縦溝
画像





                        ?、偵察で見えなかった縦溝が!
画像



                  

      下を覗くと二本の縦溝がノド辺りへ・・・ そして横割れも! 果たして通過は出来るか?
画像




                    H先生や名人ならば・・・、我々の技量では?・・・



                その時、ミンゴ先生「慌て騒がず」スキーからアイゼンに履き替えて、
                          青線の要領で縦溝を越すことに。




              縦溝は巾・深さ1m以上  スキーを背にこんな要領で、怖かったて!
画像





                     1時00分、着いた所は標高2,990m附近。
    昨日、前穂側から撮った写真・GPS等々で検討した結果、どうやら第一ルンゼ分岐点のようだ。
                          (デジカメは便利じゃの〜)



              果たして雪は繋がってるのか? またまた昨日の写真を確認する。



            「災い転じて福となす」 雪はバッチシ、それも直登ルンゼより距離が長いよう。




          先が良く見えないのでお互いの間隔を空けて、ルンゼ末端の2,650m附近まで一気に!
画像





                 1時10分  ミンゴ先生、飛び込みます飛び込みます!
画像




画像





                          EVA父さん、舞います舞います!
画像




画像




                       1時15分、標高2,650mルンゼ末端に到着。




                    1時20分 朝、水をデポした地点へトラバース滑降へ
画像





                      ミンゴ先生、アイゼン片方が迷子に・・・ 
               トラバース附近まで戻り、それから涸沢ヒュッテへ戻ることに。




             EVA父さんはまだ時間が早いので、そのまま標高2,440mまで滑り降り、
                  小豆沢を少し登り返してから、涸沢ヒュッテへ戻ることに。




                       直登ルンゼ末端、縦溝がクッキリと
画像





                         3時00分、今日のファイナルへ。 



            標高2,617mから涸沢ヒュッテへ、一気呵成にとは・・・もう脚にきてますきてます!
画像





                        3時13分、涸沢ヒュッテに到着。
        ミンゴ先生は、テラスで生ビール飲みながら待っていてくれた。アイゼンは見つからず。



                明日、アイゼンを捜しながら第一ルンゼ末端まで登り、
                   その後、第二ルンゼを偵察することにした。




                             今日もご馳走が!
画像





                      食後は、バッタンQ− おやすみなさいZZZ・・・




                               滑降ルート
画像
                             青=滑降   紫=登り返し




                                GPS軌跡
画像





●日  時 2008年6月16日(月)   晴れ
●メンバー ミンゴ先生   EVA父さん
●行  程 涸沢ヒュッテ7:00〜7:58標高2,586m8:07〜9:48白出のコル10:07〜
        11:35奥穂山頂12:20〜13:00標高2,990m附近(第一ルンゼ分岐)13:10
        〜13:15標高2,650m13:20〜13:37標高2,440m13:50〜(登り返し)〜
        14:36標高2,617m15:00〜15:13涸沢ヒュッテ      (歩行・滑降 5.14km) 




                                         三日目につづく




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
そう、北穂で滑落・・のニュースを聞いた時は心配しました(^-^;
無事で何より。。
こちらはバスを降りて1時間ほどのハイクで滑降♪
そんな安直フィールドで楽しんでます(笑
こば
2008/06/20 16:51
あ〜見てるだけで心臓がバクバク〜@@
もう、EVA父さんは、超人になっちゃった〜(;;)
しかし、斜度・・・何度あるの〜?
あ〜想像しただけで、心臓がまたバクバク><

でも、素晴しい展望〜♪ 良かったですね!
みい
2008/06/20 18:38
脱帽ですヽ( ´∀`)ノ 

付いていけません。

私に挑戦する機会はあるかな・・・多分・・・無いね♪

無事で何よりでした。
アベル父さん
2008/06/20 19:00
こば師匠さんへ
ご心配頂き恐縮です。
今回北穂の選択肢もあったのですが、確かに涸沢からだと奥穂へ登るよりも南稜の方が斜度がキツそうですね。

昨年の秋もやはり北穂へ行けず仕舞い、
朝、涸沢〜北穂〜上高地では脚の遅い私では難しそうで、
もう一泊必要になっちゃいますね。
でも、宿題が残ったと言うことは・・・
前穂・北尾根3.4コルも面白そうですよ。

こば師匠さんご一行、また本田さんご夫妻も14日に乗鞍へ。
ご同行をお願いしたかったのですが、
いかんせん、?に言い出せなくて・・・ハイ。(情けなぁ〜)
EVA父さん
2008/06/20 19:10
みいさんへ
お蔭さまで三日間とも好天に恵まれました。
同行したミンゴ先生は、奥穂四回目でやっと晴れだったそうです。
EVA父さんって晴れ男?

斜度、確かなことは分かりませんが40〜50度位では?
滑り出すまではバクバクでしたが、一旦滑り始めると以外とでした。

それより怖かったのは、雪田の一歩一歩=白出沢が視界に入るし、
縦溝で滑落したら=ジェットコースターですもんね。
縦溝へは後ろ向きで降りました。

今回は滑りの技術より、登山の技術が必要と実感しました。
EVA父さん単独では難しかったと思います。

今回はミンゴ先生に引っ張って貰いました。
EVA父さん
2008/06/20 19:40
アベル父さんへ
H先生とスライドしたことで二人共、一挙にテンションが上がってしまいました。(でもミンゴ先生は秘かに狙っていたかも?)

ちょっとオーバーかもしれませんが、
登りではピッケルとアイゼンに托し一歩一歩確実に。
滑りでは己を信じて、格好はどうでも絶対転ばないに徹しました。

適期はやはり縦溝が出来る5月一杯でしょうかね!

またまた北穂の宿題も残してきましたし、前穂3.4コルも良さそうだし、
涸沢槍肩・小豆沢等々も・・・
来シーズンは、是非一緒にトライしましょう。

ミンゴ先生の「冷静沈着」、これに尽きます。
EVA父さん
2008/06/21 09:32
今回もおつかれさまでした&ありがとうございました〜。
ラストランに相応しい山スキーができて満足でした。

それにしてもベージュのパンツは失敗でした。
お尻を大きく写す機能があるようです(笑)

H氏は本当にカモシカのような脚でしたね。
それに比べわたくしのは豚足そのものですねぇ〜(*.*)
ミンゴ先生
2008/06/22 11:50
ミンゴ先生さんへ
もう終わって?しまいましたかね〜・・・
虚脱と言うか腑抜け状態です。

少し休んでから、偵察を兼ねて「お山」へですかね!
EVA父さん
2008/06/22 19:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
涸沢ベース二日目(奥穂直登ルンゼ〜第一ルンゼ) 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる