山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 守門袴岳(1,537.2m)

<<   作成日時 : 2009/02/07 23:02   >>

トラックバック 0 / コメント 20

2月7日(土)、大原スキー場より、守門袴岳へ単独にて山スキー。




                              守門袴岳
画像
 (以下、クリックで全て拡大)




                 6日(金)夕方、しゃちょさんより電話「明日、焼山行かない?」
        焼山は超ロングコース(往復20km近い)、うーん昨日(西吾妻山)の明日では・・・
 
                 足を引っ張って迷惑を掛けそうなので、断ることにした




                   でも中越エリア昼前後予報  我慢出来ずに




                    午前8時43分、スキー場トップ(標高640m)より出発。
   



                まずは標高差にして40m位ブナ林を滑り下り シール登行へ
画像





                              ノートレース
画像





                               新雪15cm
画像





                 振り返る 痩せ尾根の雪庇は常に右側に張り出している
画像





                         目指す「お山」はガスに覆われ
画像





                         9時半頃から 雪が舞い出した
画像





               9時45分 標高880mで一休み(10分) 振り返るも後続者なし
画像





                 段差の所はスキーを外し、四つんばいになって(2ヶ所)
画像画像















                            藤平山へ続く稜線
画像





画像





         11時15分 標高1,195mの稜線に上がる しかし山頂方面はガスに覆われてる
画像





                            浅草岳もガスの中
画像





                  西から青空が見え始めたが、この上を目指しても・・・




                        今日の山頂は標高1,195mの此処に
画像





                     風の当たらない所で まったりとランチタイムに
画像





          11時半頃から青空が広がり出した、此処からドロップするか?上を目指すか?

                                  
                                   ・
                                   ・


                           12時05分、シール登行へ。




                        振り返る 予報通り青空が
画像





                              大岳と青雲岳
画像





                 歩き出すも 一旦途切れた気持ちは・・・またまた振り返る
画像





                            カンバレー父さん!
画像






                           左・青雲岳  中央・袴岳
画像





                           あと標高差にして約200m
画像





  青雲岳に登山者? 袴岳へ登っていた方が見えたので戻ってるのかな〜 それにしては早いなー
画像





                     先程の方は単独スキーヤーのようで納得!
画像





                          1時10分 山頂に到着
画像





                       守門青雲岳・守門大岳・中津又岳
画像




                            粟ヶ岳と川内山塊
画像




                              御神楽岳
画像




                               守門袴腰
画像




                                浅草岳
画像





                風が冷たく長居は無用! でも手が悴んでシールを外せな〜い




                    1時26分、滑降へ。 格好はどうでも安全第一に。




画像





                                雪  庇
画像
             後方に日光白根山・燧ヶ岳・毛猛山・桧岳・荒沢岳・越後三山が望まれる




                   超キモチイイー アンレー何処かで聞いたような・・・
画像





                    稜線から尾根へ入ると とたんに雪が重くなって
画像





                           ターンの度に雪崩る
画像





           標高890m附近 此処まで登って来て沢へドロップしたシュプールが二本
画像





                   2時01分 標高880mにてデザートタイム(15分)
画像





                         ブナ林 まるで障害物競走
画像





                         最後は「逆ハの字」で登って
画像





                  2時41分 スキー場トップに到着(此処でも一服 5分)
画像





                        2時51分 ゴ〜ル(標高390m)
画像





      今日「お山」で出会った方は、2時20分頃障害物競走中にスライドしたスノーシューの方一人。


                  結局、大原スキー場からの山頂ルートは貸切だった



                  まったりランチタイムしたお蔭で、山頂を踏むことが出来た




●日  時 2009年2月7日(日)   曇のち晴れ

●行  程 スキー場トップ8:43〜9:45標高880m9:55〜11:15標高1,195m12:05〜13:10山頂
        
           13:26〜14:01標高880m14:16〜14:41スキー場トップ14:46〜14:51ゴール
                                               
                                             (歩行・滑降距離 10.51km)





                             動画ブロクはこちら
                            パノラマ撮ってみたけど・・・

                                        


        

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
わぉ!近くでしたね(笑)
大岳からもガスがとれて袴岳がみえましたよ
雪質は良かったです!ノントラック練習・・・楽しんで来ました!
じゅんこ
2009/02/08 08:38
袴と大岳同時登頂でしたか。
この時期の守門頂上とは珍しい!やりしたね。
途中、夏場はロープのある1ヶ所物凄く急なところがあるんですが、
そこは大丈夫でしたか?下りはそのままスキー場になだれ込めるので
一石二鳥ですね。

2009/02/08 12:03
最後の写真 雪庇の下の雪壁のディティールが萌えますね。素晴らしすぎ!
ハタノ
URL
2009/02/08 17:29
じゅんこさんへ
もしかしたらバッタリも
当初は大岳〜中津又岳も考えましたが、今回は此方を

重めの新雪でしたが、お互いラッキーでしたね

ノントラック・パウダーに嵌まると、病み付きになっちゃいますよ!
もしかして、もう手遅れかな?
EVA父さん
2009/02/08 20:22
綴さんへ
土曜日なので少しは居るかと思いましたが、
           お蔭さまで素晴らしい眺望を独占でした
ルートは上祝沢(夏道)より西側にある、痩せて急峻な尾根を利用します。積雪期限定でしょうか。

綴さんも山スキー用具お持ちの様子、
           今度ご一緒したいものです
EVA父さん
2009/02/08 20:33
ハタノさんへ
写真追加しましたので、順番が狂ってしまいお詫び致します
雪壁(雪庇)の写真、下から逆に10枚目になってしまいました。

しょっとすると今回のベストショットでしょうかね〜・・・
こんな景色をみたら、お互い雪山ヤメラレませんね!
EVA父さん
2009/02/08 20:42
EVA父さんへ
初めて投稿いたします。
いつもEVA父さんのブログ楽しく拝見しております。
この日(H21/02/07)は向かいの浅草岳を単独でスキーで登っておりました。
守門岳へのこのコースを3年くらい前の4月にスキーで登った時は雪が少なく藪こぎで苦労した記憶があります。下りは上祝沢を滑りました。
2月5日の西吾妻山も楽しそうですね。私は4年まえの1月ラッセルで敗退しました。
長岡市(旧栃尾市)に住んでいます。現在単独で行っていますが、一人だと心細いので、足手まといとなると思いますが一緒に連れて行っていただけませんか。
のぼさん
2009/02/08 23:57
守門父さん  頑張りましたね

僅かな好天を・・・さすが○○父さんです
袴岳の山頂標識 たしか2mと少し
山頂は雪が飛ばされて積雪1mちょいくらいなのでしょうか
周囲の景色も堪能させていただきました
あのあたりの情報ありがたいです
かめ・ふー
2009/02/09 08:34
しかし、ひっきりなしの山スキー
すごい!!ですね〜♪さすが〜

守門の頂上にも山スキーで行けるんですね!
以前、GWに行った時、いっぱい山スキーヤーが
いましたが、頂上には誰も。。。
これまたさっすが〜!!

西吾妻のモンスターにも感動〜♪

我らは、昨日強風の洗礼を受けて
強風下での山スキー登行は難しいですね><
へタレました〜(--:)
帰っても、指先ジンジン・・・さぶぅ〜
でも、パウダー貸切でしたよ〜ん^^v
風が怖く、足がドンドン開いて・・・(?笑)
みい
2009/02/09 10:44
のぼさんへ
まずは拙ブログご拝読頂き、ありがとうございます
のぼさんも素晴らしい眺望を楽しまれたようですね!

袴岳ルートは痩せ尾根のせいか、
時季が遅くなるといたる所にクラックが入り非常に危険な状態に・・

此方は山スキーを始めてまだ4シーズン目、まだまだ一般ルートのみです。
のぼさん栃尾にお住まいであれば、
隅々までルートを熟知してらっしゃるのでは?
連れて行くと云うよりは、此方が連れて行って欲しいぐらいです

機会があれば是非ご一緒願いたいものです
EVA父さん
2009/02/09 17:52
かめ・ふーさんへ
山頂標識の高さまで、ご存知とは!
                 やはり只者ではないような・・・

>あのあたりの情報ありがたいです
でも今年も少雪、残雪期に果たして目的の「お山」まで、
             雪が繋がっているのかなぁー?・・・



EVA父さん
2009/02/09 18:01
みいさんへ
お互いに、
もうどうにも〜止まらない〜でしょうかね?

雪山には魔物が住むと云われますが、その魔物に・・・

例年の適期は3月なんでしょうが、
こう雪が少ないとなんか焦るような気持で、ついつい早目早目になってしまいます

パウダー・貸切を味わうともう病みつきに、
        なにか治療方法はないものでしょうかね〜
EVA父さん
2009/02/09 18:15
三田原山・西吾妻山に続いて守門袴岳ですか。
「山滑る父さん」ですね。羨ましいけど私には出来ないです。
カモシカ永井
2009/02/09 19:50
初めてコメントさせていただきます。
昨年よりブログを拝見させていただいておる山スキーに憧れている初心者です。見事に山スキーを楽しんでいらっしゃいますね。

ちょうど、この日は大原で練習をしていたところです。見上げた袴岳にいらっしゃったんですね。いつの日か山で華麗な滑りを拝見したいものです。
やまじ
2009/02/10 08:24
カモシカ永井さんへ
>「山滑る父さん」ですね
ゲレンデスキー・山スキーで滑ってばかりいたので、
そのせいでしょうかなね〜、
人生振り返ってみれば全てスベッタような気が・・・トホホ
EVA父さん
2009/02/10 13:15
やまじさんへ
まずは拙ブログご拝読頂き、ありがとうございます
やまじさんと云えば、じゅんこさんの処でお見受けする、
なかなか「お山」に詳しいお方ですよね!
          初めまして

稜線に上がった時山頂付近はガス、
一気にだったのですが、まったりした甲斐がありました

>華麗な滑りを・・・
山スキーの滑降は、如何に安全・確実に戻るのかが先ですので、
                  格好は不恰好なもので・・・
EVA父さん
2009/02/10 13:31
2月の守門頂上の記録はめったにないので貴重です。
なるほど、あのルートだんったんですね。
そういえば大雲沢さんから聞いたことがありました。

持っていてもゲレンデスキーなんですよねー。
20年前にninoxの頂上から勇気を持って転げ落ちることで
ボーゲンから、やんわりと足をそろえられるかどうかの瀬戸際の
ことろでスキーをしなくなって今日に至っております。
従ってすっかり忘れてしまっています。
現在のところ雪の林道用(アプローチ)かなと思っているところです。



2009/02/10 21:17
>なかなか「お山」に詳しいお方ですよね!
いえいえ、EVA父さんやじゅんこさんの足元にも及びませんってぇ〜

>山スキーの滑降は、如何に安全・確実に戻るのかが先ですので
イヤイヤ、動画の滑りを拝見しました。山スキーの超初心者にはため息しか出ません。どんな練習をすれば一歩でも近づけるのか機会があったら教えていただきたいものです。
やまじ
2009/02/10 21:54
綴さんへ
例年ですと3月中旬から4月上旬頃入山してたのですが、
いかんせん少雪なんで、約1〜2ヵ月前倒ししてる状況です。
2月中くらいに、あと二降りくらい欲しいところですね

>従ってすっかり忘れてしまっています
いやいや一度覚えたものは、
     チョコット練習すれば身体が覚えてもんです
EVA父さん
2009/02/11 20:48
やまじさんへ
たまたま今日、じゅんこさん・私の何時ものパートナー三人で巻機山でした。じゅんこさん頑張りましたよ!
お聞きしたらやはり、やまじさんは「お山」の大ベテランとか
山スキーは「お山」を歩いて登り下りするか、スキーで登り下りするかの違いしかありませんので、やはり「登山術」が基本と思います。
山スキーへ行く度に「登山術」の未熟さを実感です

スキーの基本は、やはりゲレンデで基礎を確りではないでしょうか。
あとはそれの応用(新雪・モナカ・凍結等々)ですので、
               ガンガン滑ることでしょうか
EVA父さん
2009/02/11 21:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
守門袴岳(1,537.2m) 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる