山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 平標山(1,983.7m)

<<   作成日時 : 2009/03/01 21:02   >>

トラックバック 0 / コメント 8

2月28日(土)、かずさんの「行くなら今のうちですよ〜」に触発され、少雪でなかなか行くチャンスの無かった平標山へ単独にて山スキー。




                            平標山とヤカイ沢
画像
 (以下、クリックで全て拡大)




               駐車場(17号線沿いの開きスペース)に7時07分到着。(先着車二台)
                    丁度、二人連れのスキーヤーがスタートして行った。
                単独ボーダーが出発準備をして居て、間もなくスタートして行った。




                            7時20分、出発進行



                 駐車場〜三国小学校〜別荘内の道路を経て 7時33分林道へ
          (別荘内道路は除雪されていたものの、昨晩の雪が凍っていたのでシール歩行にて)
画像





                         林道からヤカイ沢方面へ(分岐地点)
画像





                              先行者は三人
画像





                      平標山が薄化粧(新雪2〜5cm)してお出迎え
画像





                      標高1,200m附近で先行者三人を追い抜くも・・・
               あんれ〜一本のスキートレースが、一体何処に車を停めたのかなー




                      ブナ林下部 やはり雪は例年の半分位しか
画像





         放射冷却で冷え込み三国で氷点下四度、きっと山頂付近は氷点下十度位かな〜?
            新雪の下は、カチンコチンに凍結。指先が冷たいを通り越し痛〜い




                  8時50分、標高1,500m附近にて一本入れる。(10分休憩)
                          此処からは、クトーを着ける。




                               ダケカンバ
画像





                                雪の花
画像





                   標高1,760mで尾根に上がる 藪がかなり濃いの〜
画像




                        でも今日は、この藪に助けられました
             ちょっと油断したらクトーが利かず流され、なんとかもがきながら藪を掴み停止




                    標高1,860m附近で、平標山ノ家からの夏道と合流
画像



 
                  ん? 今まで有った一本のスキートレースが突然無くなる。
                ヤカイ沢右俣、または平標山ノ家どちらかへドロップしたようだ。




                            平標山頂が見えた
画像





                   10時18分 山頂に到着  今日の一番乗りのようです
画像

                  平標山頂表示面、エビノシップに被われていたのですが、
                      取り払ってしまいました ゴメンナサイ




                               遠く浅間山
画像





                          昨年10月に登った 佐武流山
画像





                                苗場山
画像





                              遠く白馬三山
画像





                               巻機山方面
画像





                                谷川連峰
画像





                          谷川連峰の最高峰 仙ノ倉山
画像





                  風があり寒かったものの、写真を撮りながら眺望を楽しむ。
               20分後、追い越した単独ボーダーがアイゼンを履いて上がって来た。
                         右俣の急斜面を登って来たようだ。



                       単独ボーダーは山梨から6時間かけて来たそうだ。
                    しばし山談義を。残雪期に登山で遠征して来てるとのこと。
             

              ボーダー君の予定は、西ゼンノ沢〜毛渡沢〜土樽〜(電車・バス)〜登山口へ。


                    山頂から見る限りでは、西ゼンノ沢ノドが少雪でヤバそう。

                        
                            「止めた方が良いのでは



            追い越したスキーヤー二人が、やはりアイゼンを履いて上がって来た。(左俣を登って)



     EVA父さんは、ヤカイ沢を標高1,400m附近まで滑降〜登り返してブナのツリーランの予定だった。

                        しかしヤカイ沢の雪も少なく岩と藪。

                                  ?

                                   ・
                                   ・ 

        11時10分 ボーダー君と別れ とりあえずノートラックの西ゼンノ沢源頭へドロップ
画像





                         イェ〜幸せですか? 最高で〜す
画像




画像





                         11時14分、標高1,750m迄滑降。

                 11時23分、標高差230mの登り返しへシール・クトーにて。

                   


                        先程のスキーヤー二人もドロップへ
画像




画像





                           四番手で山梨のボーダー君も
画像





                   登り返しの最後は 仙ノ倉〜平標間の夏道へ出て
画像





                        11時58分 今日二度目の山頂
画像





                    風を避け、山頂直下で五人の方が休んでいた。


                       EVA父さんも、此処で遅い昼食を


                        わんこ母さん弁当のお稲荷さん
画像





                     隣の二人連れのスキーヤーと、お話をする。
                お二人は「雪悠倶楽部」の方々で、草加市と新発田市在住。
たまたまEVA父さんも草加に居たことがあり、また草加市の方とは同年齢と言うことで山談義に花が咲いた。


           お二人は、次週に倶楽部でヤカイ沢滑降を予定してるので、その下見のようだ。
                 このまま降雪が無ければ、ヤカイ沢は取り止めるそうだ。




                山梨のボーダー君も、土樽までの滑降を諦め登り返して来た。
           一休みしてからもう一回、西ゼン源頭を滑降して、また登り返して来るそうだ。
                    (いやぁ〜若いって凄いな〜羨ましいのぉ〜・・・)




                       この時間帯でも まだ登って来ます
画像





                      12時50分、三人とお別れして滑降へ




                             山頂を振り返る
画像





                 もう緩んだと思った表面は、まだガリガリのアイスバーン。




                      平標山ノ家への尾根から ブナ林目指して
画像





                               ブナ林
画像





                    標高1,350m附近まで下りて来ると 藪が煩い
画像





                      1時15分 標高1,030mの林道と出合う
画像





                 1時20分 別荘内道路 朝はシール歩行出来たのに・・・
画像

           最初はスキーを外したものの、日陰部分を繋ぎながらなんとかスキーを履いて




                       1時29分 17号線駐車地点に到着
画像
                          (車は十二台に増えていた)





                   今日の入山者は17〜18名で、うち登山は2〜3名。
                雪が締まっていて、ツボ足・スノーシューでも歩き易かったようだ。





●日  時 2009年2月28日(土)    晴れ
●行  程 駐車場7:20〜7:46林道分岐〜8:50標高1,500m9:00〜9:40標高1,760m  

        〜10:18山頂11:10〜11:14標高1,750m西ゼンノ沢11:23〜11:58山頂

        12:50〜13:15林道出合い〜13:20別荘〜13:29駐車場  (歩行・滑降距離 11.27km)





                                             

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
やはり行かれましたね
西ゼンを滑って登り返すだけでも十分お元気だと思いますが
今週末も天気に恵まれてよかったですね
かず
2009/03/02 22:36
 例年の半分ですか〜?
ココは、どこでも(?)快適に滑れると
山スキーの本にあったんですが。。。

へタレ山スキーヤー・・・限られてきました><
滑れるエリア・・・

日曜〜モナカだったけど、楽しかった〜
あかん!!・・・もう、病気やゎ・・・(笑)
みい
2009/03/03 10:22
EVA父さん 28日は良い天気でしたね
かめは午後から西黒尾根へ、鉄塔下の腐れ雪で半べそでした。汗か涙か かめいきか
平標 西ゼンの源頭ですか 錦秋の西ゼンは単独で以前登りましたが
詰めはひどい藪です。むろん大勢人の入る沢なのでトンネル状の路が出来ているのですが・・・・・
平標は今年9月に岩崎元郎さんとの会山行が組まれています。9月 時期的になんとも中途半端な気がしないでも・・・・・
日曜日の天気は・・・・不味かったです
かめ・へーっ
2009/03/03 10:39
わんこ母さんの稲荷寿司弁当に一票!
美味しそうです

西ゼン源頭は気持ち良さそうですね
今回も登り返し・・・流石です!
じゅんこ
2009/03/03 12:54
かずさんへ
情報ありがとうございました。
このまま降雪が無いと、ヤカイ沢は無理なようですね。
ブナ林も、あと二週間持つかどうか?でしょうかね〜・・・

>西ゼンを滑って登り返すだけでも・・・
なんせ貧乏性なもので・・・
EVA父さん
2009/03/03 18:44
みいさんへ
新潟気象台の今冬(12〜2月)まとめです。
降雪量は平年の1〜5割少なく、平均気温は新潟で平年より1.5度高く、上越では1.8度も高かったそうです。
これじゃ〜ね〜・・・

少雪だろうが悪雪だろうが、お互い滑れるうちはガンバルベ〜
EVA父さん
2009/03/03 18:56
かめ・へーっさんへ
谷川岳が見えた時、今頃かめ・へーっさんは悪戦苦登中なぁ〜と。
平標の山頂からフレーフレ〜してたのですが、聞こえませんでしたかね〜

>今年9月に岩崎元郎さんとの会山行が・・・
お花の時季としては遅いような、紅葉には早過ぎるような・・・

でもお山はその時々の表情が違うので、
           また良いんじゃーないでしょうか?
EVA父さん
2009/03/03 19:12
じゅんこさんへ
何時もはコンビニおにぎりが多いのげすが、
      ここのところ点数稼ぎしてるせいでしょうかね〜
>西ゼン源頭は気持ち良さそうですね
は〜いノートラックだったもので、一段とおいしゅうございました
登り返しを覚えるとヤメラレませんの〜お互いに
EVA父さん
2009/03/03 19:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
平標山(1,983.7m) 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる