山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 越後駒ヶ岳(2,002.7m)T

<<   作成日時 : 2009/03/23 18:23   >>

トラックバック 0 / コメント 14

3月21日(土)、昨年に引き続き、こば師匠さん(一日目のみ)・アベル父さん(二日間)・かずさん(二日目のみ)の越後遠征二日間。一日目こば師匠さんのリクエスト「達成感のあるお山」と言うことで越後駒ヶ岳へ山スキー。




                            越後駒ヶ岳(2,002.7m)
画像
 (以下、クリックで全て拡大)




              何時も「お山情報」でお世話になっている大先輩・粟さんへもお声掛けし、
                      「スキー隊」「歩き隊」の混成パーティーとなつた。




       メンバー   スキー隊=こば師匠さん(長野)  アベル父さん(埼玉)
                        澤井さん(群馬・アベル父さん友人)  EVA父さん

                 歩き隊=粟さん ・Mさん・Fさん・S藤さん・S賀さん




              奥只見シルバーラインは昨日開通したばかり。(通行時間帯 6時〜18時迄)


                      ん?、何処かで見かけたような車が・・・
画像
     しゃちょさんパーティーも入山のようです(しゃちょさん・銀行さん・一休さん) 世間は狭いの〜




                        山は〜白銀〜朝日を浴びて〜
画像
                          銀山平・石抱橋より、越後駒




              午前6時45分「歩き隊」が先行して出発 「スキー隊」6時53分出発
画像





                        北ノ又川と後方・中ノ岳(2,085.2m)
画像





                       7時42分 柳沢と出合い尾根に取り付く
画像





                   道行山への痩せ尾根 今年はまだ割れてません
画像





                              こば師匠さん
画像





                       9時07分 道行山(1,298.0m)に到着
画像
                       アベル父さん 澤井さん こば師匠さん





                        駒も薄化粧(新雪)をしてお出迎え
画像
                            黄砂も隠れ素晴らしい 




            「歩き隊」は既に小倉山(1,378.0m)手前、「歩き隊」と言うよりは「カッ飛び隊」




                               雪の花
画像





画像





                       奇しくも三人は同年齢 トリオ結成?
画像
                     こば師匠さん  EVA父さん  アベル父さん




                   10時10分、標高1,460m附近で一本入れる(13分)
画像




                     此れから先はクトー(スキーアイゼン)を着けて。




                      こば師匠さんの後方は荒沢岳(1,968.7m)
画像




                  
                        前駒(1,763m)手前より 振り返る
画像





                     前駒を過ぎ いよいよ駒ノ小屋直下の急登へ
画像





                  過去二回とも此処からアイゼン・ピッケル登行だったが、
                 今日は雪も緩み何とかクトーで行けそう、一歩一歩慎重に




                                振り返る
画像





                     11時33分 駒ノ小屋へ到着 ヤレヤレほっ!
画像





              「カッ飛び隊」の皆さんは既に山頂から戻り、小屋で宴もたけなわ




                          平ヶ岳(2,141.0m)方面
画像





                             こば師匠さん
画像





                               澤井さん
画像





                              アベル父さん
画像





                         11時53分 山頂へ最後の登り
画像





                           12時11分 山頂に到着
画像





                     守門岳(1,537.2m)・浅草岳(1,585.5m)方面
画像





                             駒ノ小屋方面
画像
                        丁度、カッ飛び隊の皆さんが下山して行く




                        12時35分、まず駒ノ小屋迄滑降へ



                             EVA父さん
画像




画像





                             こば師匠さん
画像




画像





                           澤井さん・アベル父さん
画像





                               澤井さん
画像





                        三分間のドラマ=隊のお絵描き
画像





              駒ノ小屋前にて春の日差しを浴びながら、眺望を御馳走にランチタイム。




                1時20分 滑降へ 果たして「カッ飛び隊」に追い着けれるやら?
画像





                       前駒のお絵描きと言うよりは落書き?
画像





                    道行山に「カッ飛び隊」の皆さんが・・・急げや急げ
画像





                     2時08分 やっと「カッ飛び隊」の皆さんと・・・
画像





                      越後駒 素晴らしかったよ! またね〜
画像





                              荒沢岳 またね〜
画像





                           2時27分、道行山を後に。




                     気温も上がり わかんが沈み歩き難そう
画像




      
               2時46分 林道と出合う 疲れた脚に林道歩きの試練が
画像





                   3時46分 銀山平・石抱橋に到着とうちゃ〜く
画像





                           大湯温泉ユピオにて入浴。
               此処で、こば師匠さん・澤井さん・カッ飛び隊の皆さんとお別れです。


      明日は浅草岳、アベル父さんと移動途中でコンビニに寄り食料を仕込み、蕎麦屋さんにて夕食。


                         「道の駅いりひろせ」にて車中泊。


                              おやすみなさい



                        最高の天気・コンデションにも恵まれ、
             そして頼もしい皆さんと同行出来、今シーズン一の山スキー行となった。


                   ご同行戴いた皆さんに感謝 ありがとうございました!



         少雪と言われている今シーズン、しかし予想以上に銀山平〜越後駒間は残雪も豊富。
                     割れも少なく、暫らくは安定した雪遊びが出来そう



                    ここで一句 「少雪で 駒ったときの 駒頼み」

                                           お粗末さまでした




●日  時 2009年3月21日(土)    晴れ

●行  程 石抱橋6:53〜7:42柳沢出合い〜9:07道行山9:11〜10:10標高1,460m10:23〜 
       11:33駒ノ小屋11:53〜12:11山頂12:35〜12:38駒ノ小屋13:20〜
       14:08道行山14:27〜14:46柳沢出合い14:55〜15:46石抱橋 (歩行・滑降距離 17.55km)



    ★ご一緒した皆さん・しゃちょさんパーティーの銀行さん撮影の写真・動画も使用させて戴きました。
      
     
                                              

          

                             動画はこちら



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
EVA父さん 越後駒ですか
大昔、佐梨川郡界尾根を独りで登ろうとして降雪で断念。小倉尾根に転進した事がありました。駒の湯の吊橋は板が外されて角材の上に三角に雪が積もり怖かったですね。尾根に雪洞を掘って小倉山まで登りましたが霧と風で引き返しました。雪洞2泊、最後の日 絶好の晴天 泣く泣く下山しました。麓まで来ると植林した杉の木の下の雪が黄色に染まっていましたがその時はなんだかわかりませんでした。花粉症と言う言葉も無かったような気がします。
皆さん 素晴らしいですね
かめ・ふー
2009/03/24 09:41
越後駒をスキーで登るとは、そしてスキーで下るとは素晴らしいですね。
↑のかめ・ふーさんと八ヶ岳で来年は是非蒜場山〜烏帽子山EVA父さんもお誘いしましょうということになりました。
よろしくお願いいたします。
こばさんのブログ、動画が多いのか重くては入れません。
カモシカ永井
2009/03/24 14:35
盛りだくさんでレポート作るの大変なので、手抜きし
EVA父さんのブログへリンクしておきました。

越後駒は相性がよくて、昨年に引き続き快晴で超楽しかった。

写真のごみは修整して載せておきました。修正やパノラマはお手の物です。
困ったらお手伝いしますよ!
アベル父さん
URL
2009/03/24 17:57
行程も長かったけど、レポも漸く完了っすネ
こちらも記念に残る山行なのでblogとは別バージョンを(笑

越後遠征を毎年の恒例にしますので、ヨロシク〜〜!!
こば
2009/03/24 18:42
かめ・ふーさんへ
いやいや修羅場を踏んでますね!
寒がり父さんには、とてもとても雪洞なんて考えられません

お見送り隊に徹します
EVA父さん
2009/03/24 20:12
カモシカ永井さんへ
>越後駒・・・
最高の天気と素晴らしい仲間にでした。

ひぇ〜
カモ様・かめ様・仏様、
それだけはご勘弁を、まだボボなもので
EVA父さん
2009/03/24 20:20
アベル父さんへ
>昨年に引き続き快晴で・・・
おっ晴れ男ですね、次もお願いしますよ

>困ったらお手伝いしますよ
浅草の写真は、何とかして修正して貰いました。
でも動画は・・・
EVA父さん
2009/03/24 20:30
こば師匠さんへ
>こちらも記念に残る山行なので・・・
そう言って貰えると、ご案内した甲斐がありました

別バージョン拝見させて貰いました。
素晴らしい写真の数々、
父さんものオモチャが欲しくなりました!
母さ〜ん

>越後遠征を毎年の恒例にしますので・・・
毎年、一回と言わず二回三回と




EVA父さん
2009/03/24 20:44

じっくり拝見しました!
駒ちゃうなぁ〜素敵な画像ばかりで
たっぷり楽しませてもらいました!

里から越駒を指銜えて眺めてました・・・遠いなぁ〜!
真っ白に輝いてましたねぇ〜〜〜♪

俳句も

じゅんこ
2009/03/25 00:25
う〜〜〜っ!素晴しいですね〜0^^0
お天気にもメンバーにも恵まれ〜〜^^v

 &  もし、参加してたら
ボチボチ歩き隊です・・・きっと(笑)

しかし〜みなスキー板を履くと、ターボ全開なんですね!
恐るべし〜〜(@@:)

それに滑りも・・・「美しすぎて〜君が怖〜〜い♪」
すんばらし〜〜〜い
みい
2009/03/25 11:01
じゅんこさんへ
じゅんこさんのスケジュールが合わなく、残念でなりません

二千メーターしかないのに、
雪を纏った駒は三千メーターの北アに匹敵する風格がありましたよ              
EVA父さん
2009/03/25 17:37
みいさんへ
>お天気にもメンバーにも恵まれ
は〜い二つとも恵まれ、今シーズン一番の山行になりました
奇しくも年令も○○才以上で、隊結成ですかね!

>ボチボチ歩き隊
なにをおっしゃいますか、
昨年なんて案内人が置いていかれて・・・

来シーズンと言わずに今シーズンでも、
まだまだ可能ですよ〜

EVA父さん
2009/03/25 17:50
EVA父さん
ココは覚悟を決めて来春の烏帽子頑張りましょう。
私は大の越後ファンです。
越後の人は「誘われたら嫌とはいえない性分」を知っています。
EVA父さんがご一緒なら百人力です。
お返しは秋に八十里越お付き合いさせていただきます。
嬉しいです。
カモシカ永井
2009/03/25 20:40
カモシカ永井さんへ
蒜場〜烏帽子=軟弱父さんには荷が重すぎますので、ご容赦を

>越後の人は「誘われたら・・・
いやいや越後人は高望みしませんので、
身の丈に合った「お山」しか行けません。スタコラサッサ
EVA父さん
2009/03/26 13:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
越後駒ヶ岳(2,002.7m)T 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる