山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳥海山(2,236.0m)

<<   作成日時 : 2009/05/05 13:20   >>

トラックバック 0 / コメント 8

4月30日(木) 当初は吹浦口・大平から入山予定だったが、降雪で遊佐〜大平間(山形県側)の鳥海ブルーラインが通行止。止む無く昨年と同じ象潟口・鉾立(秋田県側)より入山。アベル父さん と一緒に山スキーへ。




                           扇子森より 鳥海山
画像
 (以下、クリックで全て拡大)




            前日から入山されてる山スキーヤーと朝挨拶を兼ねてお話したら朗報が

                鉾立から大平方面へ行く道路はゲートで封鎖されているものの、
                
         「簡単に動かせますよ」                        「えっ!良いんですか?」

         「山形県側はダメだけど、秋田県側なら大丈夫ですよ」     「ありがとうございました」


                                と言うことで、


               シュプールが何本か下りて来ている地点(大平方向)まで二台で行き、
                   七斗号を路肩にデポして鉾立より入山することにした。
                          

                         結果的に、この判断が大当たり



                            午前6時35分 出発
画像
       どうして登山者と観光客の駐車場を分けるのかね〜・・・登山者はお金を落とさないから?




                               奈曽渓谷
画像





           昨年(5/8)雪消えでスキーを背負い歩いた「尾根渡り」 果たして今年は
画像




                              やはり今年も・・・



                でも帰路は七斗号を回送したので正面の大雪原滑降が
画像




                      標高1,340mから再びシール・クトー登行に。



                              アベル父さん
画像




                    8時23分、御浜小屋に到着(一本入れる 20分)



                             鍋森方面を振り返る
画像





                    夏道の七五三掛(しめかけ)が近づいて来た
画像



          昨年は「文珠岳」コルから千蛇谷へドロップしたものの、
                         今年は夏道通りに七五三掛よりドロップする予定だった。


                                 ん?

                                 ?

          先行してるスキーヤーは何方も七五三掛からドロップせず、外輪沿いに上を目指してる。


                             どうしたのかな〜?


                           9時30分 七五三掛に到着。 
                   そこには大型カメラ(三脚)を構える5〜6名の方々が。

                      千蛇谷の様子を見ようと先へ進もうとすると、

              「此れから先へ行かないでくれ!」   「夏道だし誰が通っても良いのでは?」

              「い〜いや先へ行かんでくれ!」    「・・・・・・・・?」 


                       なるほどね〜、先行者の方々もこれで・・・

                               何と横暴な

                でも言い争っていても大人げないし、昨年と同じドロップ地点へ向かう。



            10時09分 ドロップポイントの文珠岳コルに到着 先行者二人が米粒に
画像




              10時26分、飛び込む 躊躇せず一気にGO  でも怖いんです



                        千蛇谷よりドロップポイントを振り返る 
             標高差約50m大した斜度も無いように見えるが 斜度はドンダケ〜
画像





                           シール・クトー登行へ
画像





                             斜度はコンダケ〜
画像





画像





              11時12分 標高2,180m附近にてザック・スキーをデポすることに
画像




                  11時30分、アイゼン・ピッケルに切り替え山頂へ向かう。
                       最初は凍結状態の急斜面を直登する。



                          やがて氷壁の間を通り
画像





                         外輪山の一つ 七高山(2,229.2m)
画像





                            山頂が目の前に
画像





                        11時42分 山頂(新山)に到着
画像




                                  
画像




                     ザック・スキーデポ地へ戻り、ランチタイムに。




                          12時29分 千蛇谷へGOGO!
画像




画像





                        外輪へは七五三掛から上がることに
画像




          七五三掛へは先行者二人のツボ足があり、スキーはザックに括り一歩一歩慎重に。
                    凍結してる所はピッケルでスタンスを刻み



              12時49分 七五三掛に到着 千蛇谷・山頂を振り返る またね〜
画像




                   さぁ〜ていよいよ滑降と思いきや、またまた試練が!

                御田ヶ原分岐から扇子森までの登り返しが、スキーを肩に



                     1時33分 扇子森にて(一本入れる 16分)
画像





                   1時54分 御浜神社 昨年より雪が多いような
画像





                          さぁ〜ラストランへGO
画像





                             日本海に向かって
画像





                    今まで味わったことが無いような極上のザラメ
画像





                          隊二人のお絵描き
画像





                              アベル父さん
画像




画像





                        2時15分 デポした七斗号に到着
画像




                             動画はこちら
                      


            御浜からのラストラン、素晴らしゅうございました美味しゅうございました


                 鉾立駐車場へ戻り、帰り仕度を。(汗した衣類を着替える)


        3時15分、アベル父さんと再会を約してお別れです。
                            (アベル父さんは祓川方面へ、EVA父さんは帰路へ)


           アベル父さん、楽しい二日間ありがとうございました。またご一緒致しましょう


                 *アベル父さん撮影の写真・動画も使用させて貰いました。




                              GPS軌跡
画像
 (クリックで拡大)                 赤=往路  青=復路




●日  時 2009年4月30日(木)   晴れ

●行  程 鉾立駐車場6:35〜8:23御浜神社8:43〜9:30七五三掛〜10:09文珠岳コル10:26

        〜千蛇谷〜11:12標高2,180m11:30〜11:42山頂11:51〜11:59標高2,180m12:29

        〜12:49七五三掛12:59〜13:33扇子森13:49〜13:54御浜神社〜14:15車デポ地点

                                            (歩行・滑降距離 14.51km)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れさまでした。
楽しかったですね。

やっとレポート全部完成させました。GPS軌跡はEVA父さんのを使わさせていただきましたので、ご了解ください。

また、お願いします。
アベル父さん
2009/05/06 15:42
アベルさんへ
お疲れさまでした!
悪戦苦登の後の極上のザラメ、素晴らしかったですね。

こちらもアベル父さん撮影の写真や動画使わせて頂きました。

こちらこそ、またよろしくお願いします。
EVA父さん
2009/05/06 15:53
EVA父さん
祓川のアドバイスありがとうございました!
お陰さまで順調に登る事が出来ました(^^)

鳥海山・・・山スキーで何度も行きたい山です
もっと上手くなったら?このようなルートも滑ってみたい!

>今まで味わったことが無いような極上のザラメ
これってどんなザラメなんでしょう・・・。

じゅんこ
2009/05/06 20:46
EVA父さんへ
なんと私も同じ時に北面を登ってました。12時49分の写真に写っているはずです。今回はちょっとの差で3度目のバッタリご対面とはいかなかったですね。
笑人H
2009/05/07 00:08
EVA父さん 昨日にも増して・・・
矢張り鳥海山は月山より上?
標高といい? 位置といい???

大型カメラは商売人でしたか???
それともアラブの王子さまがいらしたのかしら???
彼らの都合もあるでしょうが
あまり楽しい話題ではないようです
以前道路が何故か渋滞
だらだら進むとなんだかTVクルーが道路上でお仕事中
傍若無人の振る舞いに 車で跳ね飛ばしてやりたくなりました。
血気盛んな すっぽんならぬ すっぽんぽんならぬ かめでした
今はおとなしく・・・・ 
かめ・ふふ
2009/05/07 13:40
じゅんこさんへ
別に山頂まで行く必要も無く、
大平〜御浜間(片道約2時間)だけでも素晴らしいので、
       是非機会がありましたら行ってみて下さい

>どんなザラメなんでしょう
と云われても・・・
凍って無く、そうかと云って湿っても無く、
ターンするのに抵抗感も無く、得も云われない・・・
EVA父さん
2009/05/07 21:25
笑人Hさんへ
Hさんも鳥海でしたか、ちょうかいちょうかい

そうだったんですか、いやぁ〜それは残念でした
よ〜く考えれば木曜日でしたもんね、迂闊でした
Hさんの素晴らしいテレターンを見たかったなぁ〜・・・
EVA父さん
2009/05/07 21:32
かめ・ふふさんへ
>大型カメラは・・・
プロでなく、写真愛好家のグループのようでした。
世の中には自分達しか見えない傍若無人な人達が・・・
困ったもんです

たまたま昨年も行き、別のドロップポイントを経験してたもので、
もし今回が初めてならカメラグループが居ても、
          七五三掛から強行突破してたと思います
EVA父さん
2009/05/07 21:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鳥海山(2,236.0m) 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる