山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 浅草岳

<<   作成日時 : 2010/01/11 21:47   >>

トラックバック 0 / コメント 13

1月11日(月)、偵察を兼ねて浅草岳へ。果たして積雪量は?




                      標高700m附近より 守門岳方面
画像




           午前5時55分、家を出発。 登山口の五味沢・大自然館に7時35分着。

                             先着車無し。

             積雪は昨年に比べると、かなり多い。これだと藪も煩くなさそう



                        8時05分 シール歩行スタート
画像





                        昨日のトレースのようです
画像




                 ラッキーしめしめ、なんせ軟弱父さんなもので・・・



 しばらくすると あっちゃ〜・・・  父さんの進む方向は→なんだけど〜
画像




                  ここで何故かミンゴ先生のお言葉が、頭に蘇える。

                    「ラッセルせざる者、パウダーを喰うべからず」



               さぁ〜行くっきゃないの この辺りで30cm前後のラッセル
画像





        雪の結晶がキラキラ
画像





画像





              9時15分 林道分岐地点(標高680m)へ(此処で一本 10分)
画像




         やはり単独ラッセルは辛いの〜 いつもの1.5倍位の時間が掛かってる。



                      さぁ〜尾根目指して 杉林の急登へ
画像





  大ボケ父さん、これ以降は携帯カメラで。

            今日は何故か? 液晶に「・・・に記録します」と表示される。
            今までそんな事は一度も、でもいいっか〜「記録します」と出るので。
            ところが次にスイッチを入れると、今度は「メモリーステックが入ってません」と表示。


                   慌てて確認すると、はやり・・・ゾッー
                       と、言う事で携帯カメラで。
                   (此の時点で、今までの写真は無いのだと観念した)



                       気を取り直し目指すは→へGO
画像




        パウダーとは言え吹き溜まりは40cm以上のラッセル、一向に標高が稼げず


                10時20分 ようやく杉林を抜けブナ林下(標高840m)に
画像




                      標高差140m稼ぐのに1時間も



                            霧 氷
画像




                          藪は埋まってる。



                   守門が背を押してくれてるのに、一向に・・・
画像





           「腹が減っては戦は出来ぬ」 11時23分 標高1,100mにてランチタイム
画像




             11時53分、ハイクアップは1時迄と決め、上を目指して登り始める。

                     標高1,200mを過ぎると、冷たい風が。
          ここで軟弱父さんが耳元で囁く「今日は偵察なんで、適当な所までで・・・」



                           鬼ヶ面・北岳
画像




                   12時40分、標高1,280mにてハイクストップ。



                      一枚パチリ 後方・嘉平与ボッチ
画像




               1時05分、標高差約800mのパウダーを御馳走になりましょう

               標高970mまで下りてきたら、ドロップしたシュプールが二本。



       今シーズン一番の滑降が楽しめた
画像




                      ほぼ貸切の「お山」へ、またね〜


                1時55分、大自然館に到着。汗した物を着替え、家路へ


          家に戻りカメラ事情を、わんこ母さんに説明すると「内臓メモリーに記録します」では?

         再生すると、携帯で撮り始めるまでの写真がなんと記録されてるではあ〜りませんか〜。


                   アナログ父さん、終わり好ければ全て好し



                             GPS奇跡
画像
                            赤=往路   青=帰路




●日  時 2010年1月11月(月)   晴

●行  程 大自然館8:05〜9:15林道分岐9:25〜10:20標高840m〜11:23標高1,100m11:53

         〜12:40標高1,280m13:05〜13:33林道出合い〜13:55大自然館

                                           (歩行・滑降距離 7.97km)

          

                              

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
わ〜♪浅草岳もすごい雪なんですね〜^^
頂上まで行けるのかな・・・?
未踏なんで、登ってみたい山です^^
 続きが楽しみでっす^^V

わんこ母さん、山スキーデビューおめでとうございます!
素晴らしい師匠がそばにいるので、すぐ上手く・・・
そのうち、ラッセルしてもらったりして〜(笑)

夫婦でお山へ・・・最高で〜す

みい
2010/01/12 11:31
EVA父さん 大自然館からは夏道近くを行くのでしょうか
桜ゾネの尾根なんですか それとも枝尾根?
雪の浅草岳 すごいですねえ
怖いもの見たさに行って見たい様な気もします
ワカンでツボ足では到底無理かいなあ
かめ・ふー
2010/01/12 11:56
独りラッセルお疲れ様〜
小生の黒姫同様やはりロスが大きいですね(苦笑
その黒姫ですが東尾根も既に良さげです♪
直近で行けるとしても24日になりますが。。
こば
2010/01/12 15:48
天気がよかったので、大岳のリベンジかな?
と、弥彦から眺めていましたよ〜

さすがに、浅草、大雪ですの〜
やまじ
2010/01/12 15:52
みいさんへ
積雪は平年の倍近いようです。
>頂上まで行けるのかな・・・
つづきの通り、山頂へは

>ラッセルしてもらったりして
そうなんですよ〜そろそろ楽ちん父さんに改名したいもので・・・でへ!

>夫婦でお山へ
見習わなくちゃですね
EVA父さん
2010/01/12 21:40
かめ・ふーさんへ
昨日のGPS軌跡を追加で入れておきました。
ムジナ沢と桜ゾネ尾根(夏道)の真ん中にある枝尾根です。

また山頂までの軌跡は、2008.3.12のレポに載せてありますし、
4日後には「歩き隊」との合体でも行ってます。(ご参照下さいませ)

いつでも御案内させて頂きま〜す
EVA父さん
2010/01/12 21:52
こば師匠さんへ
雪が締まれば山頂まで4時間前後なんです。

昨日のペースだと6時間位、やはり単独ラッセルは厳しいですね〜

>黒姫・・・
こちらOKです〜
ラッセル父さん
2010/01/12 22:00
やまじさんへ
昨日はクッキリ・ハッキリで最高の眺望でしたね
でもカメラ騒動があり、情けないですて〜

守門は先日偵察に行きましたし、浅草に比べ入山者が多いと思い、
あえて試練を求めて、なんちゃってね
EVA父さん
2010/01/12 22:10
単独ラッセル頑張りましたね〜
もう守門も浅草もOKなんですね!

カメラは事なきを得てよかったですね。
かず
2010/01/13 22:35
かずさんへ
はやり単独ラッセルだと辛いものが・・・
通常に1.5〜2倍位の時間が掛かりますです。

でもやはりノートレースだと何か嬉しいと云うか、
得した気分ですね(自己満足ですが)

>カメラは事なきを・・
アナログ世代のメカオンチ、情けなさ露呈でした。
トホホホ・・
EVA父さん
2010/01/14 21:39
かずさんへ

追伸!
>もう守門も浅草もOKなんですね
昨晩から24時間で1m前後も降雪があったようですし、
守門・浅草・巻機等々、もう大丈夫ですよ!

EVA父さん
2010/01/14 22:09
この時期単独だと条件がよくない限り中々山頂には届きませんよね

メモリカードの入れ忘れは私も経験がありますよ〜

>守門・浅草・巻機等々、もう大丈夫ですよ!
でも、相当な覚悟をして出かけないといけませんね
かず
2010/01/14 23:14
かずさんへ
>でも、相当な覚悟をして出かけないといけませんね
一緒に、わっしょいわっしょいでラッセル致しましょう
EVA父さん
2010/01/15 21:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
浅草岳 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる