山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 守門大岳(南西尾根)V

<<   作成日時 : 2010/03/13 18:42   >>

トラックバック 0 / コメント 12

3月12日(金)、今日は朝からの快晴予報。またまた守門大岳へ




                     守門大岳より 守門袴岳方面
画像




    ★今日の予定
         大岳の常連さんが滑降する南西尾根を標高差300m滑降して、大岳へ登り返す。
         そして大岳尾根から母川源頭へドロップし、川沿いを保久礼小屋へ。
               (父さん=南西尾根未滑降、途中に大きな滝があるそうで、今日は様子見に)



          午前7時半前に二分最終除雪地に着いたが、すでに先着車多く片側駐車に
画像




仕度をしてると、常連の山スキー名人がやって来た。
    「今シーズン初めて南西尾根滑るけど、どらね?」 「願ってもないお話ですが、歩くペースが」
    「いやぁ〜山頂で待ってるこて」            「遅いですよ〜・・・」
                   (登りタイム=名人は2時間45分〜3時間、父さんは3時間半〜4時間



出発間際に、今度はhiroiさんががやって来た。
                                  「hiroiさ〜ん」
    「あとで粟さんも来るかもしれませんよ〜」     「先に出ますが、追いつかれますね」
                    (hiroiさん粟さんとは、昨年1月の二王子岳以来かな?)




                7時47分 名人に先行してスタート  まっててね〜
画像




                    ノリ面手前で、名人に追い抜かれる



                          素晴らしい青空
画像





                 長峰より 左・先日楽しませて貰った中津又尾根
画像
                          (正面・大岳尾根)



                   9時23分、保久礼小屋脇にて一本(12分)



                       保久礼小屋周辺のブナ林
画像





                      中央奥に越後三山も薄っすらと
画像





                            霧  氷
画像




                  標高1,150m附近から、冷たい風が当たり出した。

ジャケットを着ることに、ん?先行してたはずの名人が上がって来た。
    「まだこんがん所かね〜」                   「あれ!どうしました?」
    「北斜面をドロップして、保久礼小屋から登り返して・・」  「
                                       「寒いので待たずに、先に滑って下さい」
                                       「シュプールを追いかけますので」



                     不動平への登り 先行する名人
画像





                         不動平より振り返る
画像





                          11時08分 山頂に
画像




名人が待っててくれた、急ぎ写真を撮り、オニギリを水で流し込む。



                        中津又岳の雪庇と粟ヶ岳
画像





                          川内山塊方面
画像





                          正面奥・御神楽岳
画像




          hiroiさん・粟さんともお話ししたかったが、
                       名人をあまりお待たせしても申し訳なく、また別の機会に



 11時30分 名人先頭でドロップへGOGO コウクルミ沢源頭〜南西尾根へ
画像




         8日(月)以降、降雪(約20cm)があったようで、やや重めながらもナンノソノ



もちろんノートラック
画像















画像

















                     いんやぁ〜すんばらしいの〜




                      一箇所だけ数mのカニカニ歩き
画像





              11時43分 標高940mにて滝を観ながらランチタイム(27分)
画像




      しばらくすると単独スキーヤーが下りて来た、登りで相前後してたT市の○○さんでした。
          (父さんは今回が初対面でしたが、名人とは過去何回か会ってる様子)



                          やがてブナ林へ
画像





                   標高800m附近からの急斜面は雪崩れる
画像





     12時20分 標高570mでブリッジを渡る キャンプ場が目の前に
画像



          此処から林道は二方向へ=長峰へ・二口経由二分へ。
                             名人と父さんは長峰方向へ、○○さんは二口方向へ。

          (名人曰く=この時季林道は雪崩がおっかねーし、林道歩きがな〜げんてー)



               12時25分 シール歩行へ 林道〜適当にショートカットして
画像




                  疲れた脚に重雪は辛い、でも名人は速い速い



                  林道より 滑降して来た南西尾根を振り返る
画像
 



                  12時55分、名人が標高640mにて待っていた。


            父さんもうバテバテ 一服(15分)したいので先に行って貰うことに
画像
                                  (とても同い年とは・・・、しょーしらて〜




           シールを外し滑り降りると 1時13分標高610m附近にて登りルートと合流
画像





                         いつもの西川橋にて
画像





  今日も素晴らしかったよ〜またね〜
画像




                       1時32分、二分駐車地に到着。


 ん?どこかで聞いたような賑やかな声が・・・
        「酒置いてってくれ〜」のTさん(K市)でした、Tさんは大岳往復だったそうで、しばし歓談を。

               これから天気の良い守門は、まさに大人の社交場じゃ〜


                名人のお蔭で念願だった南西尾根滑降でき感謝
                         
              噂に違わぬ素晴らしい滑りを楽しむことができ満足!



         ★大岳尾根・中津又尾根・南西尾根等々は正式名称ではありません。
                EVA父さんが便宜上そのように呼称してるだけです。 
            
            


                             GPS軌跡
画像
                    クリックで拡大   赤=往路  青=復路




●日  時 2010年3月12日(金)   晴

●行  程 二分7:47〜9:23保久礼小屋9:35〜10:08キビタキ小屋〜11:08山頂11:30

        〜11:43標高940m12:10〜12:20標高570mブリッジ12:25〜12:55標高640m13:10

        〜13:13登りルート合流〜13:32二分    (歩行・滑降距離 12.87km)




後日、K市のTさんより大迫力の写真頂戴致しました(二枚共、大岳山頂より袴岳方面です)

画像




画像



        
          

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
あれ?お宝じゃなかったんですな…
気になっていた南西尾根を滑走できてよかったですね。
じゃあ、次はあそこでしょうか?
やまじ
2010/03/13 20:19
お久しぶりでした (^^♪
華麗な滑りを尾根の上から拝見していました。
GPSの軌跡、参考になります。
魚沼の山
URL
2010/03/14 07:17
やまじさんへ
鍋倉お疲れさまでした!

>あれ?・・・
耳元で守門の囁く声が・・・、「待ってるは」

今日も好天、でも「もも」とお留守番

もう一人の妻の囁きも・・・
EVA父さん
2010/03/14 14:55
魚沼の山さんへ
ご無沙汰でした!
昨年1月の二王子以来だったようですね。
ご活躍はいつも、覗かせて頂いてました。

また機会があれば、ご一緒させて下さいませ
EVA父さん
2010/03/14 14:59
懐かしい・・・ご案内した頂いた守門。。。
やっぱ、山は青空がいいですね

お願いです!名人にならないでね(--:)
・・・って、すでに我らから見たら名人ですが。。。(笑)

我ら、滑りは  下手やゎ。。。
あかん=ヘタレですが、そちらに遠征の際は
くれぐれもお願い致しますぅ〜
絶対、迷惑かけますが・・・><」

思いは、あっこと、あっこ
みい
2010/03/15 01:28
EVA父さん 青空から大岳の呼び声が聞こえましたか
そちらの皆さんは本当に山が好きですね
愉しみ方をよくご存知で・・・
あらら 大岳尾根 中津又尾根 南西尾根 
父さんの創作でしたか でも よく出来ています
国土地理院も採用するのでは???
かめ・は〜っ
2010/03/15 16:26
みいさんへ
そうですね〜青空と雪の白、まさに

>名人
とても同い年とは思へません、鍛え方が違うんでしょうかね〜

>迷惑かけますが・・・
なにをおっしゃいますか、
くれぐれもお願い致しますよ、案内人をおいて行かないようにね
EVA父さん
2010/03/15 21:47
かめ・は〜っさんへ
守門大岳、四季折々に楽しめる好き「お山」です。

>父さんの創作でしたか
常連さんとの会話の端はしに出てくるもので、
           父さんも使わせて貰ってます
今日「もう一人の妻」に会いに行って来たのですが、
       二年ぶりに尋ねたせいか、ご機嫌が・・・ 
EVA父さん
2010/03/15 21:59
守門大岳南西尾根のGPS軌跡、ありがとうございます。

いずれ私も・・・・
アベル父さん
2010/03/16 17:51
アベル父さんへ
南西尾根、中津又尾根と同じように斜度はそれ程ありませんが、開放感もあり、標高570mまでダイレクトに滑降出来るのか好いですね〜。

天気の好い日に是非に
EVA父さん
2010/03/17 10:34
おぉ・・・凄いです!
守門エリアもう4回目でしょうか?
大岳も3回だし
名人戦楽しく拝見しました
たおやかな尾根に感じましたがどうなんでしょうか?

もう一人の妻篇もじっくりこれから拝見しますねぇ〜
じゅんこ
2010/03/17 12:56
じゅんこさんへ
名人は昨シーズン30回近く、今シーズンは仕事が忙しそうで6回目だったそうです。
その貴重な一日に、上手くバッタリで好かったです

守門、まだ我々の知らない「お宝」が隠れてるようですね
EVA父さん
2010/03/17 15:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
守門大岳(南西尾根)V 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる