山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 焼山(2,400.3m)U

<<   作成日時 : 2010/04/05 21:56   >>

トラックバック 0 / コメント 22

4月4日(日)、今シーズン二回目となる焼山へ。今日は這ってでも山頂を踏むぜよ




                     焼山北面台地・標高1,260m附近にて
画像





           午前5時前に笹倉温泉に到着 仕度後、5時15分シール歩行スタート
画像





                          林道ショートカット
画像




        前日(3日)は、天気急変が予報されていたせいか、今日は大勢の皆さんが入ったよう。
                    (今日で四回目だが一番多かったようだ)



                            昼闇山
画像



                    6時40分、単独スキーヤーが休んでいた。

         「エヴァさんですか?」                    「? はいそうです」
         「K山岳会のWです、いつも覗かせて貰ってます」    「ありがとうございます」
                                          「今日はお一人で」
         「会でスキーをする者があまり居ないもので」


           こんな会話を交わし、先行することに(その後も、抜きつ抜かれつ)



                 7時19分、アマナ平(標高1,020m)にて一本(16分)
画像




             いよいよ山スキーヤーの聖地と云われる、北面台地へ向かう。



 今日の強力パートナー銀行さんと まずは御挨拶の儀式を
画像
                   (8時15分 標高1,260m 北面台地にて)

                     銀行さんとは、昨年4月会津駒以来。



                            火打山
画像




                          新雪10cm前後。



               此処から核心部まで、ダラダラ登りで結構時間が掛かる
画像





            9時23分 標高1,580mにて 帰路のお楽しみを雪中へ(一本22分)
画像





                       休んでいると Wさんが先に
画像
                       (この後は、ドンドン行っちゃいました)



                シールが時々ズルッと滑るので、早めにクトーを着ける。



                         ダケカンバと青空
画像





 標高1,850mから風が強く当たりだした
画像




                11時00分、標高1,970mよりアイゼン歩行に切り替え。



                          いよいよ核心部へ
画像





画像




                    三年前の時に登ったルンゼを進む方も。
     あの時は、先行者の一歩一歩で氷が流れ落ちてきたので、それ以降は右側を登るようになった。



          標高2,100mから上は ガチガチに凍っていて先行者のスタンスも頼れず
画像




        標高2,100m〜2,220m間が、一番おっかね〜て〜、一歩一歩確実に。



                   核心部を過ぎ ようやく外輪稜線が見えた
画像





              一生懸命 足を運んでるんですがね〜見えてからが長い
画像





             12時40分 外輪稜線(2,310m)に到着 山頂に先行者が見えた
画像




                        此処で腹ごしらえを(23分)



                           雪壁の直登へ
画像





画像





                 標高2,370m附近で先行者が休んでいた(Wさんも)
画像




          皆さん此処で、スキー等をデポし山頂を往復してるようなので、
                       父さんもスキーをデポ、銀行さんは背負ったままで山頂へ向かう。


                 少し登り、そして下り、最後に岩と氷のミックスを登る。



   1時26分 苦登8時間11分 ついに山頂に
画像




                          火打山(2,461.8m)
画像




                          妙高山(2,454.0m)
画像




                          黒姫山(2,053.4m)
画像




                    高妻山(2,352.8m)・乙妻山(2,318.0m)
画像



     ちょうど今日、TOKIO軍団&みさん・ペンギンさんご夫妻が乙妻を目指しているが、
                                 時間的には美酒を酌み交わしている頃かな


         下山後知ったが、
              あのロングルートを10名全員で山頂を踏んだそうだ、凄いの〜=おめでとう


           1時37分、風が強く吹き飛ばされそう、写真を撮り終え早々に退散へ



                             海谷山塊
画像




                     金山(2,245.0m)・天狗原山(2,197.1m)
画像




                           雨飾山(1,963.2m)
画像




               1時48分、スキーデポ地に Wさんが待っててくれました

                 「儀式して来ましたか?」  「? あぁ〜アレね〜」
                                  「いやいや風が強く、余裕がありませんでした」



                      2時07分 Wさんがお釜へドロップ
画像
                         (Wさんとはこれでお別れ)




                        2時12分 我々もドロップへ
画像





                      外輪稜線からは要注意 慎重に
画像





画像




画像





   危険地帯を抜け 北面台地のメーンバーンへ
画像




                斜度はそれ程ないが 新雪・クラスト・氷結のミックス
画像画像














                             動画はこちら



        銀行さんは三年前の時より、下半身に重心を置いた滑りになっている。
                       どんな雪にでも対応出来るような滑りで、安心して見ていられる。

     これからの残雪期、山スキーは格好よりも、いかに転倒しないで滑降するかが必須条件に。




                        「兵のども」の夢の後
画像





                 2時40分 「お楽しみ」デポ地にて一本(20分)
画像画像

















 3時07分 標高1,260m 別れを惜しみつつ  素晴らしかったよ〜またね〜
画像





                       3時41分 ゴールが見えた
画像





                         3時55分 ゴ〜ル
画像



               実は銀行さんとは、親子ほど年の離れた兄弟だったのです。


                           本当に

                              ・

                              ・

                              ・

                   本当はね、Dynstar(スキー板)兄弟でしたとさ


         本格的雪遊び苦雪40年、4年越し4回目のトライ、そして奇しくも今日は4月4日。
                   縁起を担ぐわけじゃーないけど見事に4並び。

               そして何よりも銀行さんが、ご一緒することになり確信へ


                     銀行さん、ありがとうございました!

                  K山岳会のWさん、次は一緒に儀式をしましょう


                    ★銀行さん撮影の写真も使わせて貰いました。




                             GPS軌跡
画像
                   (クリックで拡大  赤=往路  青=帰路




●日  時 2010年4月4日    晴

●行  程 笹倉温泉5:15〜7:19アマナ平7:35〜8:15標高1,260m8:28〜9:23標高1,580m9:45

       〜11:00標高1,970m11:20〜12:40外輪稜線13:03〜(スキーデポ地)〜13:26山頂13:37

       〜13:48スキーデポ地14:12〜14:40標高1,580m15:00〜15:07標高1,260m15:13

       〜15:20アマナ平〜15:41ゴールが見えた〜15:55笹倉温泉 (歩行・滑降距離 19.28km)





   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
焼山本当にお疲れ様でした。
あまりにもロングなのでまだまだしり込みしています。
スキーももう少し上手くならないと
難しそうですね。

こちらはまったり10名で何とか登れました。
滑りは毎度のこと転倒しながらでしたが
緩んでいたので楽しめました。
TOKIO
2010/04/05 22:50
EVA父さん&銀行屋さん。焼山登頂おめでとうございます。
とうとうやりましたね。
EVA父さんの今年も鬼気迫るものがありますね。
こちらも身震いしながら拝見させていただきました。
私も感動を伝えれれる様な山行がしたいです。
kamoshika.n
2010/04/06 13:04
やはり狙いは四度目の正直でしたか!
それにしても、登頂おめでとうございます♪
私は一度のトライで途中時間切れ。
執着心が無いので、まぁ機会があれば。。。(笑
こば
2010/04/06 13:59
4日はそちらにも行きたかったのですが・・・
山頂まで8時間以上もかかると歩き隊では日帰りはチョット無理かもですね??
いまだに一回も挑戦していないので是非行ってみたいところです
粟ケ岳
2010/04/06 17:36
すんばらし〜い
技力+体力+気力+運もないと辿り着けませんね
やまじ
2010/04/06 18:04
焼山ゲットだぜ〜
登頂おめでとうございます
着々と今期の課題達成していますね
ゆきむし
2010/04/06 20:10
Tokioさんへ
奇しくも同じ日に、ロングコースを。
Tokio軍団の皆さんなら間違いなしと思ってましたが、マムシの如く一発でゲットするなんて、いやいや恐れ入りました


それに引きかえ、こちらは四回目で・・・
EVA父さん
2010/04/06 21:13
Kamosika.nさんへ
いやいや三百名山の猛者、全国の方々に感動と勇気を与えてますよ

ましてや焼山ツボ足ピストンなさったKamosikaさんには及びもつきません

いよいよ越後百山、カウントダウンの幕開けですね
EVA父さん
2010/04/06 21:23
こば師匠さんへ
滑りに徹するのであれば、2,000m〜2,100mまで登れば十分なんでしょうが、より高い所から滑ってみたいと、ついつい上へ上へと・・・
やな性分ですね〜
EVA父さん
2010/04/06 21:31
粟ケ岳さんへ
>山頂まで8時間以上もかかると・・・
この内、休憩5回約1時間半とってます。
超高速歩き隊の皆さんであれば、十分ピストン出来ますよ〜

越後駒往復で約17.5km、焼山往復約19km、
        北面台地下部からの眺めは素晴らしいです
EVA父さん
2010/04/06 21:40
やまじさんへ
今年に入って急に体力・気力の衰えを感じ、
   来シーズンになったら、こりゃ〜どうなるの・・・
まぁ〜若い銀行さんに引っ張って貰いました

ちなみにWさんは、
   我々が浅草で出合ったNさんと同じ山岳会のお方でした
EVA父さん
2010/04/06 21:50
ゆきむしさんへ
達成と言うか、焦りでしょうかね〜・・・

くれぐれも一回目で山頂を踏んじゃー駄目よ〜、
          あくまでも謙虚にね
EVA父さん
2010/04/06 21:56
今シーズン2度目の焼山ですか・・・・、凄い。

私も頂上踏んでいないので、心残りなんですよね(;_;)
私も今年中に挑戦してみようかな、頂上。(^^)v
アベル父さん
2010/04/06 22:35
アベルとうさんへ
今まで行った「お山」、それぞれの魅力・特徴があって甲乙はつけられません。

でもそんな中で焼山は一番のロングルート。
それなりの達成感もありますし、印象に残る山行の一つです。

やはり「手数の掛かった子は可愛い」でしょうかね〜・・・
EVA父さん
2010/04/07 14:32
素晴らしい旅でしたね〜
その根性・執念・気力には頭が下がります。
自分には縁のない場所だなぁと実感しました!
かず
2010/04/07 22:35
いやいや〜♪
本当にすごい!!
心から、登頂おめでとうございま〜す^^V
よくぞ〜!8時間ですか。。。(--:)

我らも・・・いつかは!と思ってますが。。。
滑降技術もしっかり上達させないと〜
まだまだ勉強!です^^

でも、どんどん山スキーの魅力に引かれ〜
益々、好きになって〜(笑)
 みい
2010/04/08 06:54
>>越後駒往復で約17.5km、焼山往復約19km
距離で1.5km差なら行けそうな気がしますが、最近体力が落ちているので??  でも、行ってみたいな〜〜〜
今日もEVA父さんの後追いで守門黒姫でした
初めての山でしたが良いところですね〜〜〜
はまりそう・・・
粟が岳
2010/04/08 20:08
かずさんへ
いやいや年々体力・気力が衰えて来てるもので、来シーズンどうなるか分からないもので、今回は頼もしいパートナーに連れて行って貰ったようなものです

北面台地へ入られる方たちで、山頂を目指すのは半数以下だと思います。
別に滑降だけを楽しむのであれば、標高2,000m前後までで十分です。
是非一度味わってみて下さいませ
EVA父さん
2010/04/08 21:37
みいさんへ
もうロングルートは、ヤングな皆さんにお・ま・か・せ
ただ今回は山頂を踏めたことと、外輪稜線までの所要時間が二年前より数分ですが、速かったことが嬉しかったです

これで、あと一・二年は山スキー出来るかなぁ〜と
EVA父さん
2010/04/08 21:47
粟が岳さんへ
昨年、山スキー名人に案内して頂き感激してしまいました
あの雪砂漠・雪壁は見事ですね〜。
先ほどhiroiさんを覗かせて頂いて、粟さんもご一緒だった事をしりました。

此方は巻機へ行って来ました。
入山者は、それぞれ単独スキーヤーで四名でした(父さん入れて)
   (一名の方は標高1,450m附近までスキーを背負いツボ足でした)
新雪10cm美味しく頂いて来ました
EVA父さん
2010/04/08 22:02
EVA父さんの記録でどうしても行きたくて出かけてみました
粟は残念ながら姫の守っ子で途中リタイヤになってしまいましたが
仲間三人は無事山頂を踏んで来れました。
でも、それだけで満足しています。
色々な記録ありがとうございます。また他の山も参考にさせてもらいますね〜〜〜
粟ケ岳
2010/05/09 21:10
粟ケ岳さんへ
おっ行って来られましたか!

>姫の守っ子・・・
う〜ん置いて行く訳にはいきませんのでね〜・・・
でもお仲間の方々が山頂を踏まれたのなら、今回はこれで良しでしょうね。
なんせ此方は四回目ですんで、楽しみは先延ばしの方が持続しますので。

>参考にさせてもらいますね・・・
粟さんにそんなこと言われると、恥かしい限りです
EVA父さん
2010/05/10 18:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
焼山(2,400.3m)U 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる