山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 越後駒ヶ岳(2,002.7m)

<<   作成日時 : 2010/04/20 20:58   >>

トラックバック 0 / コメント 12

4月18日(日)、越後の山スキーもそろそろ終盤へ。
                      ダイナミックな姿で登山者を魅了してやまない越後駒ヶ岳へ。





                       越後駒ヶ岳(帰路・道行山より)
画像




           奥只見シルバーライン開門(午前6時)と同時に銀山平・石抱橋へ移動。
                      (開門と同時で、十名前後の方々)


                     女性単独登山者がスタートして行った。
   越後駒、山スキー今回で五回目、この時季の女性単独登山者は初めて、凄い方がいるもんだぁ〜
             (後で知ったのですが、粟さんのお知り合いのにゃびさんでした)


         出発準備をしてると。
               「もしやEVA父さんでは?」       「 ? 」
               「平標の山頂でお会いした者です」   「あぁ〜その節は・・・・」

                   お声掛け頂いた方は、ルサンチMANさんでした。
            山頂ではお互いゴーグルを掛けてて、顔は分からなかったのですが、
                  下山後、何日かしてコメントを頂戴した方でした。



                        「お山」方面は重い雲の中
画像





                 6時53分 ルサンチMANさんより先行してスタート
画像





                     7時43分 柳沢出合い(新雪10cm前後)
画像




        トレースはいつもより手前の尾根に取りついてるので、有りがたく使わせて頂く


              この時季だと地肌が出てる二箇所 今回の降雪で埋まってる
画像





                        雲が動き始めたようだ
画像




                出発前にシールワックスを塗ったが、高下駄状態に



      9時11分 道行山(1,298.0m) 振り返るとルサンチMANさんが近づいて来た(後方・荒沢岳)
画像




         小倉山(1,378.0m)との鞍部までシール滑降すれど、全々滑らず

       9時20分、標高1,230m附近の鞍部で一本を兼ねて(11分)、シールワックスを塗り直す。
             ここでルサンチMANさんに追い越される(若い方は速いの〜



                             山頂方面
画像
                        (先行してるのは7〜8名?)




                             振り返る
画像




  これからいよいよ核心部へと言う時、ガスが濃くなって来た。

                        前駒(1,763.0m)への登り
画像




      10時43分 標高1,540m附近 も〜う我慢も限界に(板に雪が付いてシールが効きましぇ〜ん
          この辺りへ来ると風も強く、スキーが煽られるかもしれないが背負うことに。



            シール登行から                             アイゼン登行へ
画像画像

















                           前駒直登へ
画像




                        この辺りで新雪40cm位?



                        前の方を追い越し振り返る
画像




                トレース(スキー・スノーシュー)を外すと膝まで沈む



                         駒ノ小屋直下の登り
画像




              12時15分 駒ノ小屋 ここからまたシール登行へ(一息11分)



    ガスガスの中 山頂目指して
画像





               山頂が見えた 早くもルサンチMANさんはドロップ態勢に
画像





                    12時49分 山頂に(今日の9番手かな?)
画像




ルサンチMANさんとお話を、お互いにオツルミズ沢源頭へ(駒ノ小屋へ登り返し)、ドロップの予定だったが。 
                
                 

    一瞬ガスが流れるが また隠れてしまう・・・
画像




               ルサンチMANさんが、オツルミズ沢を諦め先にドロップへ。
 
                    父さんは、もう少し待ってみることに



                          八海山(1,778.0m)
画像




                     山頂では、この眺めが精一杯だった。



  1時15分 父さんもドロップ(駒ノ小屋へ)
画像





               振り返る モナカで もうなかなか上手く滑れまへ〜ん
画像





前駒手前まで下りて来ると 先ほどの祈りが・・・
画像





画像




               この時間帯でも、お二人の方が上を目指して登って行く。




                          荒沢岳(1,968.7m)
画像





                    何度も何度も振り返る 素晴らしいの〜
画像




              1時45分、標高1,230m附近 小倉山〜道行山鞍部にて一本。

               丁度、先行してたルサンチMANさんと単独者も休んでいた。
                      おにぎりタイムしながら山談義を。

 ここでボケ父さんを一席。
    恥かしながらこの時点まで、平標山頂で出会った方とルサンチMANさんが一致してませんでした。

               「8日の巻機山参考にさせて頂き、10日にリベンジして来ました」

                              ん?

                              ・

                              ・

                     「あれ〜もしかして、ルサンチMANさん?」

                   「はいそうです」   「いやぁ〜失礼しました!

                              ・

                              ・


                   2時23分、シールを着けて道行山へ登り返し。



           2時40分 道行山より 未丈ヶ岳(1,552.9m)・日向倉山(1,430.7m)方面
画像





                     2時50分 ありがとう またね〜
画像





               3時06分 柳沢出合い ここから疲れた脚には試練です
画像
                          (シールは着けずに)




                      3時43分 石抱橋にゴ〜ルゴ〜ル
画像




            その後、ルサンチMANさんと「白銀の湯」(650円)へ移動して汗を流す。

                     再会を約して、それぞれの帰路へ。

                 父さんは、今日の寝ぐら「道の駅 ゆのたに」へ。


   ルサンチMANさん、こちらもうだいぶマダラボケ気味ですが、また機会があればご一緒致しましょう



                             GPS軌跡
画像
                   (クリックで拡大  赤=往路  青=帰路





●日  時 2010年4月18日(日)  曇のち晴れ

●行  程 石抱橋6:53〜7:43柳沢出合い〜9:11道行山〜9:20鞍部9:31〜10:40標高1,540m
        
        10:58〜12:15駒ノ小屋12:26〜12:49山頂13:15〜13:45鞍部14:23

        〜15:06柳沢出合い15:10〜15:43石抱橋        (歩行・滑降距離 17.44km)



                     明日は明日のこころだぁ〜、おやすみなさ〜い 

       

           

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
当日は色々お世話になりました。こちらこそ、ありがとうございました。

ガスで展望がいまいちだったり、雪が重くて辛かったりしましたが、おっしゃっていたように、これもお山、でいい山行が出来ました。

月曜は柄沢山行かれたのでしょうか? ブログアップが今日になっていることからそうなんだと思いますが、記録楽しみにしています。

また機会がありましたら是非ご一緒させて下さい。
ルサンチMAN
URL
2010/04/20 22:35
どこのお山も重雪だったようですね
此方は青空で景色は楽しめました。

う〜む、連荘であのお山へ向かったのかな…
yamaji
2010/04/21 11:51
ルサンチMANさんへ
お疲れ様でした。
お声掛け頂きありがとうございました。
(いやぁ〜恥かしい限りで、穴があったら入りたい心境でした

越後駒、やはりシーズンに一度は訪れたい「お山」ですね。

越後駒の翌日と言うことで老体にはキツカッタです。
とんばさんの「ひ・み・つ」に、肯かれるような気も・・・

「二度ある事は三度ある」次の機会を楽しみに致しおります
EVA父さん
2010/04/21 19:02
yamajiさんへ
二日連続だと昨日の午後あたりから、グッタリと。
昨年は連投〜三日連続なんてのも、あったのですがね〜トホホ・・

越後には、まだまだ我々の知らない「お山」が沢山あるもんですね〜。
EVA父さん
2010/04/21 19:11
越後駒!越後の名山は雪の城塞となる!!何かの本に書いてありましたがEVA父さんのレポの写真を見ると納得ですね!!
今年は雪は多いのかな〜?僕達もいっかはチャレンジしてみたいです
ゆきむし
2010/04/21 23:01
ゆきむしさんへ
越後駒は、まさに越後を代表する山スキー対象の「お山」です。
先日の状態から判断すると、4月中は可能と思います。
但し4月中旬頃から、道行山手前痩尾根の地肌が出てしまいます。
     (踏み跡ありですが)
また各所に、大きなクラックが出始めますので要注意です 
 (08年4月20日のレポ参考にしてみて下さい)   
EVA父さん
2010/04/22 18:52
こんにちは〜
まきまきから・・・たぶん駒だろうなぁ〜と察してました(笑)
駒ちゃうで困ちゃうにならないように・・・。
山スキー精進して、何時かは越後駒を狙いたいです

この週末はお天気よさげですね
じゅんこ
2010/04/23 16:05
いや〜♪しっかし、越後のお方はすごい!です^^
粘り強いと言うか。。。これぞ、お山をやる方!!
 実は、会社ではプライベート
(?うっそ!)のお部屋で、PC見まくってます(内緒)
いつも、すごいぞ父さん!の話題。。。
「また、すごいとこ行ってんで〜♪」
    モードでっす0^^0
みいより、実はみなさんの情報が早いねん〜(笑)

週末、天気はいいですね!
特に日曜は、風も無く良い天気だそうです^^
Hもん同士(?笑)Hなとこを楽しんで来て下さいね!
 みい
2010/04/23 20:05
じゅんこさんへ
天気の回復が遅れやきもきしましたが、ちゃんと駒様も姿を見せてくれ、めでたしめでたしでした

>何時かは越後駒を狙いたいです
巻機を行けれなら大丈夫ですよ〜。
越後駒が約5km位距離が長いのですが、その分は横移動と思えば。
後は、アイゼン・ピッケルワークをチョイトですのでね
EVA父さん
2010/04/24 17:39
みいさんへ
越後駒山スキー5回目で、単独女性は初めてだったので驚きました
それもあの沈む新雪の中、
    何回もトップを歩かれたそうで真似出来ませんの〜
Hな「お山」なんですが、男男・・・・・同士では、三昧なんて出来ませんしね〜
EVA父さん
2010/04/24 17:48
こんにちは お初にお邪魔致します(^^)
EVA父さんのHPを存じませんで…
1ヶ月も経って、ようやく粟さんからアドレスを伺って
訪問致しました〜
積雪期の駒ヶ岳はお初でした
思った以上の新雪で、山頂は無理かなとも思ったのですが
スノーシューのラッセルにずいぶん助けられ、辿り着けました(^^;
ふふ、お宿も一緒の道の駅でした車中泊得意です(*^^)v
にゃぴ
2010/05/19 16:34
にゃびさんへ
いやぁ〜あの時季に単独女性が・・・、驚きましたて
もしかして粟さんのお知り合いの方(特定は出来ませんでしたが)では、と思ってましたが。
まさか粟さんのサイトで、時々お目々には掛かっていた方とは存ぜず失礼してしまいました

それにしても健脚ですね〜、とても真似できません
ご訪問いただきありがとうございました!
EVA父さん
2010/05/19 21:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
越後駒ヶ岳(2,002.7m) 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる