山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 柄沢山(1,900.3m)

<<   作成日時 : 2010/04/22 09:29   >>

トラックバック 0 / コメント 12

4月19日(月)、ここ1〜2年、拝見してる方々のサイトで何回か登場してる柄沢山へGo。



             山頂より 巻機山(1,967.0m)方面  右奥に八海山・中ノ岳の姿も
画像




          たまたま4月上旬に行かれた方(登山)のレポを拝見してたら、
                          滑り心をそそる斜面がアチコチに、これは行かねば


    午前7時前、登山口となる清水集落最終除雪地点(標高600m・清水街道)に到着。(先着車一台)
                  7時過ぎ先着の方(登山者)が先行して行った。



                      7時20分 シール歩行スタート
画像





                      最初は棚田?を進み 林道へ
画像





                      柄沢川沿いを 昨日のトレース
画像





                             堰 堤
画像





                8時28分 堰堤は左側から越して川底(標高935m)に
画像





               9時06分 標高1,135mで一本(19分) 先行者も見えた
画像




                     此処で、帰りの楽しみを雪に埋める


           最初見た時、沢も広そうだし中央の尾根を左から巻いた方がよさげと・・・



                      さて先行者は何処を登るかな?
画像




     先行者&昨日のトレースも全て中央の尾根へ、父さんも標高1,240m附近より、尾根に取りつく。



                粟さんからお聞きしてたが、見た目以上の急斜面
画像





                      振り返る 正面奥に苗場山も
画像





                       谷川の峰々も見えてきた
画像





        10時50分、標高1,560mにて一本(20分)、かなりの急斜面なので足場を確保して。



   此処よりクトーを着けて 一歩一歩着実に
画像





                     振り返る ひぇ〜おっかねーノ〜
画像
                        (父さん、お金無いよ〜なんて冗談を云ってる場合では・・・



            昨日悩まされた高下駄も雪が緩み快調、でも一向に高度を稼げず



               11時40分 標高1,680m附近にて 先行していた方とスライド
画像




          12時03分、標高1,800mの稜線に。標高差550m余りを2時間半も掛かって



                         山頂迄 あと僅か
画像




                        12時30分、山頂に到着。



   薄曇ながらも360度の眺望が 巻機山方面
画像




                        平ヶ岳&燧ヶ岳方面
画像




                        至仏山&武尊山方面
画像




                           朝日岳方面
画像




                           谷川岳方面
画像





                         まったりとオニギリタイム
画像




                     1時05分、山頂を後に稜線を戻ることに。


                           
                      滑降ルートは幾つもありそうだが。
     初めての「お山」なので、まずは順当に分かり易い登り尾根北側の沢(柄沢川源頭?)へ



                      昨日のシュプール一本も無し
画像





                        でも 雪崩れるかも?
画像





                            やはり
画像





                   尾根へ戻り様子を伺う 安全を確認しながら
画像





                       雪崩地帯も終わり 振り返る
画像





       1時32分 標高1,135mにてデザートタイム(11分)
画像





                      1時46分 堰堤はスキーを肩に
画像





            2時03分 ゴ〜ル 七斗号の回りは軽トラだらけ(共同作業かな?)
画像



             どの尾根・沢筋を詰めても急斜面!距離は短いものの手強そう
            
          でもそこには素晴らしいバーンが、これは此れからも研究せねば!



                         久々におみやゲット
画像




                            GPS軌跡
画像
                    (クリックで拡大  赤=往路  青=帰路



●日  時 2010年4月19日(月)   曇

●行  程 清水最終除雪地7:20〜8:28堰堤〜9:06標高1,135m9:25〜10:50標高1,560m11:10

       〜12:03稜線〜12:30山頂13:05〜13:32標高1,135m13:43〜13:46堰堤〜14:03ゴール

                                           (歩行・滑降距離 10.91km)
 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
行って来られましたね
トンバさんや我々の記録を見てそのうちいかれるよな・・・と思ってました。
距離は短いものの面白いところだったのでは
それにしても連日ハードな山を行かれるEVA父さんに脱帽です
それにしても毎日のように天気が悪く出かけられませんね
粟ケ岳
2010/04/22 10:50
取っ掛かりは他人様のレポであっても、自分なりにルート開拓は
楽しみですよね♪
当分は越後のお山の案内人をお願いします。
日曜の予報、移動性高気圧が日本列島の真上に来るようで(嬉
こば
2010/04/22 13:57
粟ケ岳さんへ
皆さんのレポを拝読して、またまた病気の虫が・・・

>距離は短いものの・・・
その分、登りは(尾根)息抜き出来ないほどの急斜面。
でもその急斜面がご褒美に、なかなか良い「お山」でした。

とんばさんは、柄沢〜巻機間の稜線いたる所からドロップしてるようですが、はやり地元で精通してる方には敵いませんね

今週(平日に)もう一度と思ってましたが、こう雨続きではね〜。
来シーズンへの宿題になりそうです
EVA父さん
2010/04/22 19:15
こば師匠さんへ
もうこの年ですので、開拓なんて「飛んでも8分歩いて5分」って感じでしょうかね〜・・・

ただどこからでもドロップ出来そうで、体力さえあれば登り返しも可能なんでしょうけど

毎日雨つづきでイライラが、そのぶん大いに楽しみましょう
EVA父さん
2010/04/22 19:27
おぉ〜、さすがの行動力に脱帽です。
来年の楽しみかな…
yamaji
2010/04/22 21:53
あの、おみやげ〜♪は最高!ですね

日曜の予報、移動性高気圧が日本列島の真上に来るようで>
そして、その通り〜^-^ 風も穏やかなそうで〜^^
  
こちら、ふてくされて(笑)色々GW前の野暮用と
お付き合い頑張りまっす

越駒もいつかは・・・
みい
2010/04/23 20:16
精力的に登り滑ってらっしゃいますね。感心致しますとともに羨ましく思います。
涸沢山は比較的多くの人が入っていますね。
オイラも好きなコースの一つです。でも、アプローチの長さがたまにきずですね。
皆さん遠回りして山頂を目指して居るようですが、ダイレクトに山頂に向かうコースが有りますよ。雪質しだいですが・・・。
とんば
URL
2010/04/23 23:08
EVA父さん お楽しみでした
柄沢山  かめには巻機山から朝日岳への縦走の途中、通過点としか見えていなかったんですがほほぅ、こういう登り方もあるんですね。
どうも固定観念で・・・・
今年は雪が面白いようです
かめ・ほほぉ
2010/04/24 15:26
yamajiさんへ
下見は成功だったのですが、
       シタミナが無く登り返しまではね〜・・・

先に楽しみがあった方が、長生きできそうなもんで
EVA父さん
2010/04/24 17:55
みいさんへ
登山口周辺の雪消えが遅れてて、獲らぬ狸だったのですが、久々にゲット出来ましたよ
明日も採れるかな〜。

>越駒もいつかは
乙妻とほぼ同距離ですので、大丈夫だぁ〜。
いつでもご案内致しま〜すよ
EVA父さん
2010/04/24 18:02
とんばさんへ
>精力的に登り滑ってらっしゃいますね
山スキーを始めてまだ5シーズン目。
皆さんまだお若いですし〜ね〜、
         それに引きかえ父さんはあと数年しか・・・
初めての柄沢山でしたが、
     いろんな滑降ルートが取れるのが好いですね〜
途中で柄沢川に合流する沢筋や隣の尾根にも、前日のシュプールが何本もありました。
まぁ〜この辺は来シーズンへの宿題です。
来シーズンは登山口で、とんばさんを待っててこっそりとついて行く手も。
でも、スピードが違いすぎますね〜
EVA父さん
2010/04/24 18:15
かめほほぉさんへ
山頂から、かめ・ふーさんが歩かれた巻機〜谷川〜平標〜三国峠眺めましたよ。
よくもまぁ〜残雪期に、此れだけのロングルートを歩かれたもんだわいと、感心するやら、恐ろしいやら。
やはり、かめ・ふーさんは様では?

甘納豆さんの情報良かったですね!
 取りあえず、ダムサイト迄の第一関門はヤレヤレですね。
 でも序章にすぎない蒜場迄でも、あの凄まじさ。
 父さんは、とっても近寄れない世界です。

 でもかめ・ふーさんには空を飛ぶ奥の手が、いいなぁ〜いいの〜
EVA父さん
2010/04/24 19:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
柄沢山(1,900.3m) 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる