山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 白馬鑓ヶ岳(中央ルンゼ)

<<   作成日時 : 2010/05/12 12:59   >>

トラックバック 0 / コメント 20

5月9日(日)、昨日の滑降でちょっと燃え尽きた感じ。。。
               でも折角の機会、鑓温泉まで行ってまったりもいいかなぁ、のつもりが・・・・。



                  白馬鑓ヶ岳(2,903.1m) ドロップポイント山頂
画像
                           (小日向ノコルより)



             午前5時35分 猿倉よりシール歩行スタート 林道・鑓温泉分岐
画像





                        ブナ林を進み 猿倉台地へ
画像





                      猿倉台地より 小日向ノコルへ
画像





                          青空とダケカンバ
画像





         風も無く穏やかな快晴
画像





                      小蓮華山&金山沢方面
画像




                7時16分 小日向ノコル(標高1,830m)にて一本(9分)
画像





                         唐松沢も美味しそう
画像




          杓子沢出合い(標高1,630m)へは、相変わらず滑らないシールのまま下る



                    先週楽しませて貰った ガラガラ沢方面
画像




                       滑降ルートを観察しながら
画像




                   あれれ〜温泉でまったりじゃ〜なかったの

                      まぁ〜その〜、まぁ〜その〜。

                    なんと申しましょうか、○○の虫が

                     壁を見たら、「こんにちは〜」なんてね



             皆さんは温泉を右に見ながら。 父さんショートカットを(南山稜沿い)
画像




                 8時35分、標高1,950m温泉下にて一本(15分)

                         此処からクトーを着けて。



                         鑓温泉を左に見ながら
画像





                       急斜面 登れど登れど
画像



                     ショートカットになっているのかどうか



              10時10分 標高2,340m附近の大出原に(此処で一本18分)
画像





                          稜線目指して
画像





                   11時41分 標高2,760m稜線分岐に
画像




                    稜線風強し、スキーを背負い山頂へ

          前夜、白馬山荘泊まりだったと思われる方々がスキーを背負い下りて来る。



                       皆さん 大出原へ下りて行く
画像




               稜線分岐に居た、単独テレマーカーが続いて登って来る。

                    兼用ブーツでのガレ場歩きは辛いの



                       12時31分 山頂に到着
画像
                     (テレマーカー氏にシャッターを押して貰う)




              (↓指が・・・)     白馬岳方面
画像




                     昨年 ミンゴ先生と滑降した杓子沢
画像




                   鹿島槍ヶ岳方面(薄っすらと穂高岳・槍ヶ岳も)
画像




                           剱岳方面
画像




                     テレマーカー氏は大出原へ下りるそうだ。



                    ドロップポイント まるで飛び込み台
画像




                   昨日より気温も低く、ストックも刺さらず

                          入念な準備を。

                   1時03分 飛び込み台へ、、、躊躇が・・・。

                   時間が経てば経つほど、おっかね〜の〜。

 さぁ〜父さんは山頂ケルンに見送られ、お家へケルンましょう

    1時05分 飛びま〜す飛びま〜す
画像




     ガァガァガァーガー・・・・・、凍結でエッジ利かず。


                        落ちます落ちま〜す



                    振り返る テッカンテッカンに凍ってる
画像





                        上部は扇状で広い
画像





                            振り返る
画像





                    雪は安定して来たものの 核心部のノドへ
画像




         ノドど真ん中に縦溝が、狭い所は2m50cm前後位しか余裕なし、横滑りで通過。

        ターンの度に雪崩が縦溝に流れ込み、もの凄いスピードで父さんを追い越して行く

                         頭大の岩が後ろから・・・・



                        核心部を過ぎ振り返る
画像





                  滑降後 小日向ノコルへ登り返しが待っている
画像





                        やがて下部に 振り返る
画像




             標高1,700mにて登りルートと合流、そのまま杓子沢出合いまで。



                   1時30分 杓子沢出合い(此処で一本20分)
画像




               シールを着け小日向ノコルへ、標高差200mの登り返しへ。



                 登り返し途中より 中央ルンゼを振り返る
画像





                        
         2時40分コルに到着 もうちょっと待てば光り輝くんでしょうが バイバ〜イ
画像




                  小日向ノコル〜猿倉台地〜林道滑降へ。

                     3時13分、猿倉にゴ〜ルゴ〜ル
 

                    八方第一郷の湯にて汗を流し家路へ。



                           GPS軌跡
画像
                  (クリックで拡大  赤=往路  青=帰路




●日  時 2010年5月9日(日)   晴

●行  程 猿倉5:35〜7:16小日向ノコル7:25〜7:45杓子沢出合い〜8:35鑓温泉下8:50

       〜10:10大出原10:28〜11:41稜線分岐11:50〜12:31山頂13:05

       〜13:30杓子沢出合い13:50〜14:40小日向ノコル14:58〜15:13猿倉  

                                          (歩行・滑降距離 14.40km)




                           白馬三山
画像
                        (八方第五駐車場前より撮影)


                     ちょっとハードだったが楽しい二日間

                          あ・り・が・と・う




     家に着いた時には『今シーズンは終わった』と虚脱状態、でも一日経ち二日経つと・・・・ 



 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
くぅー!二号雪渓だけかと思ったら、2つも先を越されたー!


ちょっとショック…

ミンゴ先生
2010/05/12 14:08
おっ〜、益々エスカレートして行きますねぇ!
もう着いて行けません。。
こば
2010/05/12 16:53
EVA父さん 完璧に仕上がっています
あそこの谷もカウントダウンでしょうか
お天気と相談しながら・・・・ふふふ
いいなあ
かめ・ふふふ
2010/05/12 17:32
もう・・・無言><
おっとろしぃ〜

鑓温泉・・・人がいなかったのでしょうか〜?

エクストリーム父さん!!どこまで行っちゃうの〜
 みい
2010/05/12 20:57
レベルの違いを感じますね
こんな所には怖くて近寄れません

まだまだ飯豊や剱と春スキーの季節ですね!
応援していますから頑張って下さい〜
かず
2010/05/12 21:20
EVA父さんはExtreme Version Athlete だったのね
もう遊んでもらえないな…
yamaji
2010/05/12 21:34
すごい、画像の等高線がつぶれまくってますね。
カシミールで確認したら、平均40度ほどがずっと続いているようで、ほんとすごいですねー。
雪が緩んでいればぼくでも楽しめそうですが、固い状況でもこなしちゃうのは流石です。
ぼくも来年は北アルプス方面にもチャレンジしたいな、と決意を新たにしました。
刺激を頂き、ありがとうございます。
ルサンチMAN
URL
2010/05/13 00:16
ミンゴ先生さんへ
白馬・白馬鑓ともこの時季の定番。
たまたま好条件も重なり、五シーズン目にしてちょっと冒険心が・・・

これからも「年寄りの冷や水」と云われない程度に楽しみます
EVA父さん
2010/05/13 17:59
こば師匠さんへ
来シーズンはどうなるか分からないので、元気なうちにと。

そろそろこの辺りが引き際でしょうかね〜・・・
EVA父さん
2010/05/13 18:05
かめ・ふふふさんへ
完璧に仕上がってると云うか、最後の花火でしょうかね
源さんは、沢をBCにするのかなぁ〜
EVA父さん
2010/05/13 18:13
みいさんへ
鑓温泉通過が午前9時頃だったと思います。
温泉目的の方々はもう少し遅いようです。
また白馬山荘から周って来る方々も、もうちょっと遅いような気がします。

レポ中の「バイバ〜イ」の写真、大勢の方々が戻って来ていました。
EVA父さん
2010/05/13 18:22
かずさんへ
いやいやかずさんのように25kmも歩けませんので、
          こんなところでお茶を濁してる訳です
まだまだありますね〜嬉しいやら悲しいやら・・・
EVA父さん
2010/05/13 18:27
yamajiさんへ
いやいや不器用なもので、あれやこれや出来ませんので。
なんせこれしか無いんですよね〜・・・

これからも遊んでね〜
EVA父さん
2010/05/13 18:32
レポを拝見していてドキドキ僕のハートは張裂けそうです
さらなる目標は○松沢、?ルンゼですか!?
ゆきむし
2010/05/13 23:47
ルサンチMANさんへ
白馬岳は非常に思い入れのある「お山」です。
40数年前、本格的な登山(夏山)で初めて登りました。
それ以来、後立山の峰々をうろちょろと
ブランクがあって、山スキーで復活でした。
父さんも北アのほんの一部分しか経験ありませんが、これからもお勉強していこうと思ってます

二号雪渓・中央ルンゼ共、好条件が揃えばOKよ〜。
まぁ〜時の運でしょうかね〜。
EVA父さん
2010/05/14 11:17
ゆきむしさんへ
>○松沢、?ルンゼ・・・
下山口となる二股までの道のりを考えると、4月中旬頃迄が適期でないでしょうか

>さらなる目標
そうそう緊張も持続出来ませんのでね〜。
次は、ノラリクラリの楽ちん&温泉まったりの予定です
EVA父さん
2010/05/14 11:27
これまた・・・
すっごいわぁ〜
ドキドキして心臓に悪いですわぁ〜

>さぁ〜父さんは山頂ケルンに見送られ、お家へケルンましょう
こんな駄洒落が・・・
う〜んご無事でなによりです!

鍋倉谷から唐松沢が真っ直ぐに見えました・・・来シーズンですか?

じゅんこ
2010/05/14 20:32
父さん、ノリに乗っていらっしゃいますね!後光が差してます
冷や水なんてご謙遜、体と道具の準備を怠らず、前日のコンディションも加味して決して無理もしていないはず。錬れてますねぇ。
「進」だけじゃなく「退」の見極めが的確にできる感覚が宿ってるからこそ、チャンスを逃さず飛び込めるんじゃないでしょうか。国道から眺める中央ルンゼ、これからはEVA父さんの滑ったルンゼ!と眩しく見つめることになりそうです。
さと
2010/05/15 02:02
じゅんこさんへ
駄洒落でも言ってないと、ますます緊張が高まって・・・
自分が飛び込む時より、他の方(二号雪渓)のドロップの方がドキドキ緊張しました。

これがパートナーだったらと思うと・・・

単独だとそれだけリスクを背負いますが、精神的負担がなく楽なような気がします。

先日、滑降したガラガラ沢にしても唐松沢にしても、4月中旬までが良いのではないでしょうか
EVA父さん
2010/05/17 18:22
さとさんへ
見るとかなり厳しいように見えますが、一旦ドロップしてしまえば思った以上の快適斜面でした。
でもやはりノド部は最善の注意が必要ですね

中央ルンゼ、昨日は多かったですよ〜。
            20名位の方々が楽しまれたようです。
その中には父さんの師、ミンゴ先生も。
また女性の方もいらっしゃいましたよ。

朝に夕に毎日、後立山の峰々を眺められるなんて羨ましいです。
EVA父さん
2010/05/17 18:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
白馬鑓ヶ岳(中央ルンゼ) 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる