山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 針ノ木岳&蓮華岳

<<   作成日時 : 2010/05/30 21:56   >>

トラックバック 0 / コメント 8

5月29日(土)、この時季定番の「ワンデーで二つのお山」へGo




                       針ノ木岳山頂より 立山&剱岳
画像




          午前5時00分 スキー・兼用ブーツを背負い扇沢駐車場(1430m)スタート。

               5時38分 標高1615m附近の作業道よりシール歩行開始。



                         蓮華岳大沢右俣
画像





                        針ノ木岳・針ノ木雪渓
画像





                       7時38分 マヤクボ沢出合い
画像




                  左→針ノ木峠  右→マヤクボ沢〜針ノ木岳。

                      此処よりクトーを着け、右へ進む。



           今日のパートナー銀行さん 今シーズンは焼山・火打山へご一緒した
画像





                     8時43分 標高2550mモレーン台地に
画像





        左より 鳴沢岳・岩小屋沢岳・爺ヶ岳(岩小屋沢岳後方には鹿島槍ヶ岳の姿も)
画像





          9時18分、標高2680m 小スバリと針ノ木岳鞍部(マヤクボノコル)に到着
画像




                 スキーを背負い、兼用ブーツにて夏道を進む。



                   あららら〜・・・残雪が ガチガチの凍結
画像




             数メーターのトラバース登行、う〜んアイゼンを着けるのも面倒

                      止む無く左側のガレ場を登ることに。



                    これが失敗 スタンス・ホールド不安定
画像




               岩にへばりつき、四つんばいになりながらも上へ

                      銀行さんがザックを外し、偵察へ。

                       「なんとか行けそうで〜す」



                   10時20分 針ノ木岳山頂(2820.6m)に
画像




                            槍ヶ岳方面
画像




                            水晶岳方面
画像




                            薬師岳方面
画像




                            後立山の峰々
画像




                        これから向かう蓮華岳方面
画像




                        今日の目的の一つ 剱岳 
画像
                  (平蔵谷と長次郎谷に挟まれた尾根=源次郎尾根)


               
                     雪の着き具合等をじっくりと観察



  そしてもう一つの目的。

           今日はお山の大先輩、かめ・ふーさん源次郎尾根を単独でアタックする日。
      昨年、平蔵谷を登行・滑降し、とても単独でトライ出来るような生易しい尾根では・・・


        扇沢で御主人を待つ人参色の ふーさん号(ダッシュボードに登山届けの写し)
画像





                    10時31分 フレ〜フレ〜かめ・ふ〜さん
画像




                        10時35分 山頂を後に。

            10時48分 山頂直下の標高2804mからモレーン台地へドロップ



              振り返る 斜度がないように見えるが45度前後の急斜面
画像




            11時03分 マヤクボ沢標高2350m附近まで滑降し大休憩(37分)



                     針ノ木峠へシール・クトーで登り返し
画像





                     いつもながら登り返しは辛いです〜
画像





                     12時17分 標高2540m針ノ木峠に
画像




                  12時33分 スキーを背負い蓮華岳を目指す。



          赤=登行  青=滑降
画像





                  じょじょに雲とガスが湧き出して来た 蓮華岳
画像




                            あともう少し
画像




              ドロップポイント(標高2780m)にザック・スキーをデポして山頂へ。



                     2時10分 蓮華岳山頂(2798.6m)に
画像





     2時25分、ドロップポイントに戻りまったりと、風も無く穏やかで気持がええ〜ノ〜。



                         ときどき立山が顔を出す
画像





 3時05分 さぁ〜GoGoしましょ  銀行さん
画像




           ガスに被われ出し、滑り出しは緩いものの急激に落ち込むので慎重に。



画像




                             父さん
画像




画像




                             振り返る
画像




           クラックが
画像





                            ようやく視界も
画像





                             銀行さん
画像




画像





                          落石を避けながら
画像





                            振り返る
画像





                            左俣と合流
画像




             針ノ木雪渓と合流〜堰堤(いつも梯子が掛かる)はスキーを外し
画像




               3時44分、標高1615m附近にてスキーを背負テクテクと



                          萌黄を愛でながら
画像





                           動画はこちら



                       4時25分、扇沢にゴ〜ル。

 
                    銀行さんお付き合い頂き楽しかったです。
                またご一緒お願い致します、ありがとうございました


       おもった以上の好天に恵まれ風も弱く、随所でまったりし過ぎたような気も・・・


                   ★銀行さん撮影の写真も使わせて貰いました



                            GPS軌跡
画像
                   (クリックで拡大  赤=往路  青=帰路



●日  時 2010年5月29日   曇のち晴

●行  程 扇沢5:00〜5:38標高1615m5:53〜7:38マヤクボ沢出合い7:50〜8:43モレーン台地

     〜9:18マヤクボノコル9:28〜10:20針ノ木岳10:35〜ドロップポイント10:48

     〜11:03標高2350m11:40〜12:17針ノ木峠12:33〜14:10蓮華岳14:17

     〜14:25ドロップポイント15:05〜15:44標高1615m15:52〜16:25扇沢

                                          (歩行・滑降距離 13.08km)




                  ★翌日、かめ・ふーさんよりお電話を頂戴した。
          総行動13時間の悪戦苦登の末、見事に剱岳登頂を果たされたそうです。

        (あんがん所、人間業では行かんねよな〜、
                         ひょっとしてふーさんは○○では ふ・ふ・・)


                          おめっとうさん!  
 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
いやぁ、てっきり長次郎かと思っていましたが、しっかり偵察とは!
流石、抜かりないですね。
こちらはもうスキーキャリイを外そうかと。。(笑
こば
2010/05/30 23:03
EVA父さん 針ノ木山頂からの応援、ありがとうございました。
お陰でよれよれでしたが何とか源次郎尾根から剣岳をものに出来ました。
道迷いと絶不調で8〜9時間のつもりが13時間の行動となってしまいました。技術体力、共に劣っておりました。
車への置手紙、ありがとうございました。とても嬉しいお土産でした。
こちらも続くのですね  ふふふ
かめ・ふー
2010/05/31 10:20
まったり〜♪ばかりしてる間にも
みなさん激しい!ですね〜^^

針ノ木の岩場(ガレ?)怖そ〜〜

続き楽しみに〜♪ そして・・・次はいよいよですか〜
みい
2010/05/31 12:47
今回も本当にありがとうございました!予報に反していいお天気で楽しい山行でした。学生時代から11年ぶりの針&蓮華で懐かしい気分になりました。
いつもより時間がかかったのは、のんびり屋の私のせいです。すいません・・・これに懲りずにまたお願いします。
銀行屋
2010/05/31 21:22
こば師匠さんへ
もしかしたら現地でお顔でもと思ってましたが、此方の都合が悪くせめて針から声援だけでもと

>スキーキャリイを外そうかと
そんな寂しいこと云わずに、もう少し楽しみましょうよ
EVA父さん
2010/06/01 10:41
かめ・ふーさんへ
昨年来の宿題、やりましたね

我々、数メーターの残雪(凍結)を避けるのにも四苦八苦
岩と雪のミックス、さぞかし大変だったと推察致します。

まずはごゆるりと身体を休めて下さいませ
EVA父さん
2010/06/01 10:52
みいさんへ
アイゼンを履けばなんてことは無かったのでしょうが、やはり面倒と言う事で・・・、反省です

いよいよ長さんです、今晩出て明後日に。
EVA父さん
2010/06/01 11:00
銀行さんへ
天候にも恵まれ素晴らしいスキー行になりましたね

ガレ場、ちーとおっかねかったろも、やはり手間ひま惜しんではダメですね〜

>のんびり屋の・・
いやいや鈍足父さんなので、丁度好いペースでしたよ。
あれだけの眺めを見れれば、離れがたいですよ〜。

またご一緒いたしましょう
EVA父さん
2010/06/01 11:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
針ノ木岳&蓮華岳 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる