山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 高松山(一ノ倉川)

<<   作成日時 : 2011/04/14 15:29   >>

トラックバック 0 / コメント 4

2011年4月13日(水)
高松山〜一ノ倉川滑降、当初は昼闇山とセット(9日・10日の二日間)で予定してたが、
                          9日(土)生憎の雨。昨日、あらためて初トライして来た



                     日差しを浴び輝き始める一ノ倉川源頭
画像




                         笹倉温泉手前の国道より
画像




              午前7時00分 笹倉温泉(460m)よりシール歩行スタート
画像




                7時50分 林道ショートカット ノリ面はクトーを着けて
画像




                         九十九折より見下ろす
画像




                         目指す高松山が見えた
画像




                        先行者は単独スキーヤーのよう
画像




                   8時57分 アマナ平(1020m)に 正面・火打山
画像




                       先行者は焼山北面台地方向へ。



                     山頂から派生する北東尾根基部へ進む
画像




                  9時17分、尾根基部(1100m)にて一本(13分)

                       あと標高差600m、ガンバンベ〜



画像




                 雪の表面は緩んできたものの、その下は凍結状態。



                         焼山北面台地を見下ろす
画像




                     尾根は標高1300m附近から右方向へ。



                   10時20分 標高1400m附近より山頂方面
画像




                10時50分 標高1560m附近よりアマナ平を見下ろす
画像




              あと山頂まで標高差約100mの急登 途中クラックも
画像




                     果たしてシール&クトーのまま行けるか?



                             あともう少し
画像




                   最後の雪庇を乗り越える所は、スキーを外す。



                    11時30分 高松山(1725.0m)山頂に到着
画像




                         昼闇山&一ノ倉川源頭
画像




                 焼山 北面台地も素晴らしいが 正面も美味しそう〜
画像




                        火打山&北面台地(手前)
画像




    11時58分 一ノ倉川目指してGoGo
画像




                          ザラメ&凍結のミックス。



画像




         疎林のオープンバーン、素晴らしい。



                      12時05分 標高1240m一ノ倉川底に
画像




                           ザラメも重たくなる
画像




画像




                     標高900m辺りから全層雪崩三箇所
画像




                       12時22 標高800m平坦地に
画像




               シールを着け、左山腹を巻きながら新田山コルへ登り返し。



                  12時32分 標高840m新田山コルに(一本14分)



                          コルより 振り返る
画像



                             また来るね〜



          新田山の疎林を滑降し、1時10分標高500m附近で昼闇山への林道と合流。



                          笹倉温泉へショートカット
画像




                        1時25分、笹倉温泉にゴール。



              10日には尾根を一本隔てた昼闇谷を、そして今回は一ノ倉川。

       それぞれ魅力溢れる山・谷・川、どちらも甲乙つけがたく、素晴らしい滑降を堪能できた



    
                              GPS軌跡
画像
 



●日  時 2011年4月13日(金)   晴れ

●行  程 笹倉温泉7:00〜8:57アマナ平〜9:17北東尾根基部9:30〜10:50標高1560m

        〜11:30山頂11:58〜12:05一ノ倉川底〜12:22標高800m

        〜12:32新田山コル〜13:10標高500m林道合流〜13:25笹倉温泉  

                                             (歩行・滑降距離 13.01km)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
EVA父さん!凄すぎ、こちらは近くの山をウロチョロしています
粟ケ岳
2011/04/14 20:56
焼山は、忘れられない強烈な思い出ですが、まだ頂上を踏んでいないのが心残りです。
どこへ行っても山頂直下を攻めるEVA父さんには、たしかに凄すぎです。
私は、お気楽ハイクに専念します。
アベル父さん
2011/04/15 19:28
粟ケ岳さんへ
まだ六シーズン目なんで、ただ単に広く浅くを重ねているだけです。
粟さんのように百戦錬磨のような山行は、とてもとても真似するような事は出来ません
EVA父さん
2011/04/16 13:25
アベル父さんへ
>焼山は・・・
そうですね〜あの時(08.3.22)は山頂まで標高差70〜80m、あと一登りだったんですけどね〜

>お気楽ハイクに専念
いやいやどうして9時半過ぎからの登行で、
谷川〜赤谷川〜万太郎〜土樽ルートを完走するなんて、

          とても真似できませ〜ん
EVA父さん
2011/04/16 13:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
高松山(一ノ倉川) 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる