山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 谷川岳芝倉沢

<<   作成日時 : 2011/04/18 20:21   >>

トラックバック 0 / コメント 8

2011年4月15日(金) 二シーズンぶりの谷川エリア、今まで機会の無かった芝倉沢へ。



                         芝倉沢上部より 振り返る
画像




             午前8時半過ぎの谷川岳ロープエウェイに乗り天神平(1300m)へ。



                        8時50分 シール登行スタート
画像




                          目指す谷川岳
画像




                       9時16分、天神尾根に合流。



                         此処はスキーを外して
画像




                9時43分 熊穴沢避難小屋(1460m)未だ雪の中
画像




          雪の表面は緩んでいるものの、念のため標高1670mにてクトーを着ける。



                         山頂下より振り返る
画像




             単独スキーヤーの方は、肩の小屋下から万太郎谷〜土樽へ。
              ボーダー(お二人)は赤谷川源頭〜万太郎山〜土樽へ。


            父さんも、赤谷川源頭〜万太郎山〜土樽へ行ってみたいものの、
               
                       この時間・亀足ではの〜・・・



                      11時12分 オキノ耳(1963.2m)に
画像




                    巻機山方面(その右奥に越後駒&中ノ岳)
画像




                            平ヶ岳
画像




                          燧ヶ岳&至仏山
画像




                             武尊山
画像




                           正面奥・苗場山
画像




                  11時30分 アイゼンに履き換え一ノ倉岳へ向かう
画像




                       此処からが、難行苦行だった。



                  一歩一歩が沈み そのうえ抜けまへんねん
画像



          (稜線西側に雪が着いてれば、スキーでトラバース気味に行けたものと・・・)



                           万太郎山方面
画像




                      ようやく一ノ倉岳(1974.2m)足下に
画像




                           谷川岳を振り返る
画像




                   1時03分 一ノ倉岳に(正面・茂倉岳1977.9m)
画像




                        朝日岳&笠ヶ岳&白毛門
画像




                    茂倉岳を目で味わいながらのランチタイム
画像




    1時40分 いざいざ初見参へGoGo
画像




                 一ノ倉&茂倉に抱かれた沢上部 広大で素晴らしい!
画像




画像




                          ザラメが緩み滑りごろ
画像




                         左側からのデブリが見える
画像




画像




                 標高1250m附近  ぎょ!こんなん出ました
画像




                    通称S字 全面ブロック雪崩で覆われてる
画像




                       ゴロゴロガラガラと不気味な音が
画像




       ★ある本によると               
            このような場合、落下物に対して素早く対応できるツボ足の方が良いと。

                 一歩一歩が深みに嵌ったら、身動きできないと思い、
           敢えて父さんは、スキーのトップを浮かせながら、スキーのまま強行突破へ



                             振り返る
画像




                            まだ試練は続く
画像




                   2時05分 標高900m附近 危険地帯を抜け
画像




                  2時10分 標高800m附近で湯檜曽川の河原へ
画像




                  此処からが長い、ほぼ平坦地を漕いだり歩いたり。



                             一ノ倉沢
画像




                  途中、二箇所スキーを外す(ほんの数メーター)



                         3時10分 土合橋(680m)
画像



                  平坦地になってから、約3.3km 一時間も掛かった。

              此処からスキーを肩に、谷川岳ロープウェイ駅まで舗装道路を



                     3時27分、谷川岳ロープウェイ駅にゴ〜ル。


        雨も降り、また気温も高く、(余震の影響は?)一挙にブロック雪崩が起きたようだ。

                    適期は気温が上昇する前の3月末までか




                             GPS軌跡
画像





●日  時 2011年4月15日(金)   晴れ

●行  程 天神平8:50〜9:43熊穴沢避難小屋〜11:20谷川岳トマノ耳11:30

        〜13:03一ノ倉岳13:40〜14:10標高800m附近〜15:10土合橋〜15:27ゴール

                                          (歩行・滑降距離 12.59km)
       



 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
何だか一気に暖かくなってあちこちのお山で雪崩れていますね。
あれだけデブリが有ると滑るどころの騒ぎではないですね。怖〜い。
直撃を食らったらイチコロですからね。
ご無事でご帰還できて何よりです。

何度となく計画を立てて、その度毎に実行できない因縁のコースなのですが、来年こそ行きたいです。今年はもう無理っぽいですからね。
とんば
URL
2011/04/18 21:51
このレポート見ると、適期はやはり3月ですね。

私もデブリはスキーですばやく突破に1票です。
アベル父さん
2011/04/19 08:58
やあ、えらい目にあいましたねえ。私もかつて学生時代に5月連休に結構快適だったこともあり、数年前に4月末に滑り込んでしまってデブリ地獄に遭ったことがあります。稜線歩きの困難さも一緒でした。その時は西黒沢もデブリでいっぱいだったのを登るときに見ていて嫌な予感はしたんですが。今回はどんなでしたか。雪が多いシーズンはもっと早い時期なのかな。よくわかりません。ともかく昼闇も含めご無事でなによりです
ほっしー
2011/04/19 09:27
とんばさんへ
あれだけのデブリを見たのは初めてでした。
驚きと同時に、落下音がおっかねかったです

>何度となく計画を立てて・・・
実は私も、実際に今年の2月末にも行ったのですが、
ロープウェイが『強風のため運転見合わせ中』とか
(私の知り合いで、スキーを背負い西黒尾根を登る方もいますが、
                  とってと軟弱父さんでは無理で)

とんばさんも相変わらず地元の利をいかして、
 裏山の『秘密の花園』へ通ってらっしゃるようで羨ましいです。
EVA父さん
2011/04/19 11:00
アベル父さんへ
3月は比較的気温も低く安定してたんでしょうが、4月に入り一気に上がったせいでしょうかね。
デブリは春につきものですから。
芝倉沢、初でしたが素晴らしいかったです。
でも、湯檜曽川と合流してからが長いですね〜

下山後に知ったのですが、前日にSさんが行かれてましたね。
オキノ耳〜一ノ倉までシールで行かれたとか、
あの藪の中、凄いですね
EVA父さん
2011/04/19 11:10
ほっしーさんへ
>西黒沢・・・
西黒沢本谷は標高1600〜1800m間にクラックが入り始め、本谷左俣と合流する辺りにデブリ。
熊穴沢と合流する辺りからは、西黒尾根側からのデブリで沢は1/3位埋まってます、熊穴沢は滑降可能かと。

17日、よもや山頂でほっしーさん&はっしーさんのお仲間とお会い出来るなんて、またまたビックリ仰天でした

山頂から真っ白なラインが見えてましたよ!
ドロップポイントまでの下降が怖そうですね
どの写真も素晴らしかったです
EVA父さん
2011/04/19 11:27
いやぁ、凄いデブリランドですね!
あちこち出かけて、そのテンションが羨ましい〜
かず
2011/04/22 21:08
かずさんへ
あれだけのブロック雪崩を見たのは初めてでした。
本当はノンビリ写真を撮ってる場合じゃ〜ないですよね

>テンションが羨ましい
1月・3月の反動でしょうかね〜
EVA父さん
2011/04/23 10:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
谷川岳芝倉沢 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる