山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨飾山(荒菅沢)

<<   作成日時 : 2011/05/01 13:33   >>

トラックバック 0 / コメント 8

2011年4月29日(金) 二年前の忘れ物(山頂)を取り戻しに雨飾山へ。



                          大海川の泥ヤナギ
画像




   唐松岳の翌日に単独で予定してたが、渡渉でインナーブーツまでビショ濡れ、止む無く中止に


               午前7時前、雨飾高原キャンプ場駐車場に、先着車十台。



                      7時20分 駐車場(1160m)をスタート
画像




                     シールのまま、大海川河原へ滑り降りる。



        7時35分 河原を離れ夏道を登る
画像




                     取り付きは、スキーを肩にツボ足で。

                   標高1420m附近、夏道から離れ左上方向へ。



                         標高1500m附近のデブリ
画像




             8時50分 標高1560m 目の前の壁を越えるためクトーを着ける
画像




              荒菅沢へ降りる前に、対岸の夏道尾根を眺めても何方も・・・。

                     十台も先着車が在ったのに何処へ



                      9時06分 標高1480m附近の荒菅沢底に
画像




                     シール&クトーで夏道尾根へ登り返し。

                       9時20分、標高1540mの尾根に。

          しばらくすると、アイゼンを履きスキーを引いてる単独スキーヤーが追いついて来た。
                         ご挨拶、一言三言お話を。



画像




                  ほんの僅か、降雪があったようで薄化粧してる。



                           荒菅沢を見下ろす
画像




                           此処はスキーを肩に
画像




                   此処はスキーを背負い ツボ足&ピッケルで
画像




                    先行スキーヤーのトレースで、大助かり



                         P2方面は賑わってるよう
画像




       先行するスキーヤーと先程お話した時、『荒菅沢〜大海川へ行けますかね〜?』と。

                    『さぁ〜どうなんでしょうかね〜』と答えたが。



                    なんとか雪も繋がってるようだし 大丈夫そう
画像




                           稜線へ最後の急登
画像




                     10時28分 稜線に 焼山の頭が見える
画像




                          笹平手前より 雨飾山
画像




                  山頂直下(1890mドロップ地点)にスキーをデポ。
           アイゼン&ピッケルで、先行してたスキーヤーと一緒に山頂へ向かう。

           スキーヤーは東京在住のNeuronさん(下山後、お互いに自己紹介を)

              Neuronさんは『ヤマレコ』に登録し、レポを投稿してるそうだ。



               10時57分 傾斜が無いように見えるが 結構な斜度
画像




            なんとP2経由で山頂を踏み 降りてきた単独登山者とスライド
画像
                         (手前=Neuronさん)



                       11時15分 山頂(1963.2m)に
画像
                     (Neuronさんにシャッターを押して貰う)



                          11時20分、山頂を後に。

                     いよいよドロップへ、さぁ〜て何処から



                           北東側はクラックが
画像




                            正面は雪庇が
画像




11時55分 山頂直下の此処しかありまへんGoGo
画像




         狭く右下がりの片斜面、ターンも厳しいので、出だしは慎重に雪庇下へ斜滑降。



画像




                         ザラメも緩み滑りごろ



                      あんれ〜お二人の登山者が
画像




            ターンで雪崩ても、登山者方向に流れないような斜面を選んで滑降。



画像




                  あんな所で休んで居るけど 大丈夫かいな〜・・・?
画像




画像




画像




       Neuronさん、4月3日の唐松沢滑降で、ふくらはぎを傷めたそうだが、安定した滑りをしてる。



画像




                     このまま荒菅沢を滑り 大海川へ
画像




                 12時16分、標高1210m附近で大海川と合流。



                           12時20分
画像




                    12時27分 大岩に行く手を阻まれる
画像




                      シール・クトーを着け左岸へ
画像




                  途切れていそうなので、先ほどの右岸へ戻る。



                  12時45分 確実な夏道方向へ登り返すことに
画像




                           ブナに励まされ
画像




                    1時08分、シール・クトーを外し滑降へ。



                        1時12分 見慣れた風景に
画像




                        1時28分、駐車場にゴール。



                        村営の露天風呂にて汗を流す。

                    2時30分頃、Neuronさんとお別れし、家路へ。


       当初の予定では、二年前と同じように荒菅沢をチョコット滑り、P2へ登り返す積りだった。

             Neuronさんのお蔭で、おもってもいなかった周回ができ感謝・感激。

                またいずれ何処かの『お山』で ありがとうございました



                             GPS軌跡
画像
                        (赤=往路  青=帰路




●日  時 2011年4月29日(金)  曇り時々晴れ

●行  程 キャンプ場駐車場7:20〜8:50標高1560m〜9:06荒菅沢〜9:20夏道尾根〜10時28稜線

        〜10:43標高1890m(ドロップポイント)10:57〜11:15山頂11:20〜11:30ドロップポイント

        〜11:55〜12:16大海川合流〜12:45分登り返しへ〜13:12河原〜13:28ゴール

                                            (歩行・滑降距離 8.85km)
  



                              

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
そういえば私も雨飾に忘れ物しっぱなしでした…

にしても積雪量の多さも驚きですが、雪屁のデカさも凄いですね!
私が荒菅沢滑った時はこんなに大きくなかったです。
ミンゴ先生
2011/05/02 13:59
ミンゴ先生さんへ
初めての雨飾は、小谷温泉から林道を適当にカットしてキャンプ場まで二時間近く掛かりました。
なんせ軟弱なもので、雨飾はキャンプ場まで除雪されてから行こうと、何故かインプットされちゃいました。

二年前が二回目、『荒菅沢&P2』と欲張ってしまい、
山頂をついついパスしてしまいました。
それ以来、何となく忘れ物したような気が

>積雪量の多さも驚きです
GW後半まで大丈夫そうです。

御嶽の動画、拝見しました。
山スキー用具とゲレンデ使用の違いはあれど、凄いスピードですね!
でも山スキーは安全優先でいきましょう
EVA父さん
2011/05/02 19:18
雨飾りもスバラシ〜ですね。
カモシカ永井
2011/05/03 11:24
雪が多いのでまだまだスキー楽しめますね!
私は、もう終わりかなぁ〜。

EVA父さんのブログで
山スキーを楽しみます
じゅんこ
2011/05/05 13:41
カモシカ永井さんへ
キャンプ場まで除雪されれば、山頂まで標高差800m約3〜4時間

残雪期の荒菅沢や夏道尾根は多少リスクを伴いますが、
P2であれば、ブナに癒されながらノンビリ&まったりできますよ。
EVA父さん
2011/05/05 19:27
じゅんこさんへ
>私は、もう終わりかなぁ
そんなこと云わずに、まだまだ楽しめますよ〜

今日で田植えの手伝いも終わり、ようやく父さんにもGWが。
とりあえず明日は、越後のオオトリの『お山」へ
EVA父さん
2011/05/05 19:32
どこも大変そうなお山ばかりですね!
こちらは技量に合わせて気楽な所で楽しみます〜
かず
2011/05/06 23:21
かずさんへ
いやいやそんなこと無いですよ〜。
なんせ軟弱者、キャンプ場まで除雪されてからですので

お互い、もう暫らくは楽しめそうですね。
EVA父さん
2011/05/08 17:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
雨飾山(荒菅沢) 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる