山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ほん石転び沢(梅花皮岳 2000.0m)

<<   作成日時 : 2011/06/10 20:11   >>

トラックバック 0 / コメント 6

2011年6月9日(木) 5月中に予定してたが、車で天狗平に入られるようになったのは6月から。
             時季がちょっと遅くなってしまったので、果たして山頂から雪は繋がってるのやら
 



                       梅花皮小屋附近のハクサンイチゲ
画像




                 午前5時35分 天狗平駐車場(430m)をスタート。

             残雪の状況を見てから、ほん石転び沢又は北股沢(北股岳)に。



                     スキー&兼用ブーツを背負い登山靴にて
画像
                      (虫除けの蚊取り線香を点けて)

             
                          5時55分、温身平通過。



                 スキーが木の枝に・・・(兼用ブーツはザックの中に)
画像




                      7時00分 標高640m附近にて雪渓に
画像




             7時20分、登山靴をデポし、此処からはシール&クトー登行へ。



                         7時30分 梶川出合(710m)
画像




                            正面・門内沢
画像




                稜線から雪が繋がり、滑降にはもんないないよう



                       7時55分、石転びの出合(860m)
画像




               今年の石転び沢、デブリ無く、落石も少なく素晴らしい〜。



                     8時50分 ほん石転び沢出合(1230m)
画像




           う〜ん何時もなら、此処から山頂付近が見えるのに〜・・・困った



              上部に土砂ナダレ跡が見え、とってもシールで登る気になれず。

                  9時05分 アイゼン&ピッケル登行に切り替える
画像




                       9時40分 北股沢出合(1460m)
画像
                          (まだクラックは小さいよう)



                      いよいよ、石転び沢の急登へ。



                           おっ!青空が
画像




                        標高1750m附近より振り返る
画像




                          梅花皮小屋が見えた
画像




                    10時50分、梅花皮小屋(1850m)に到着。



                          北股岳(2024.9m)
画像




                     あいにく大日岳(2128.0m)は雲の中
画像



                          さぁ〜て、どうしょう〜?

             梅花皮岳・北股岳ともに、滑降核心部はガスに被われて見られず。

                                 ?

                                 ?

        先日、富山のTバックゾーンを攻めた以上は、やはり飯豊のTバックも攻めなければ
                  (もし雪が繋がってなければ、戻って来れば良いやと)



               11時23分 スキーを背負い梅花皮岳へ向かう(山頂は奥)
画像




                     咲き始めのイチゲちゃんは可愛いの〜
画像




                    梅花皮小屋を振り返る またガスが
画像




                             ミネザクラ
画像




                     おぉ〜際どく隠れてる(繋がってる)
画像




                         11時57分 梅花岳山頂に
画像




           はやり上から覗くと凄いの〜、ハラハラドキドキと脈打つ音が聞こえる。

                      ガスが湧くので、少し待つことに。



               最狭部(1メーター未満)の数メーター下にはクラックも
画像




 12時17分、飛ぶと云うよりは落ちます落ちま〜す、ファ〜ファ〜

                     登山靴デポ地点まで、標高差約1350m。

               ドロップから数十メーター間は、スラフが追いかけて来る。


                          一呼吸して振り返る
画像


                 此の辺りまで降りると、雪も締まり快適バーンに。



                 梅花皮岳の懐に抱かれ 気持の好いターンが続く
画像




                             振り返る
画像




                         デブリ・落石少なく



                          石転び沢が見える
画像




                       標高1400m附近より振り返る
画像




                           正面・梶川尾根
画像




                       12時30分、石転び沢と合流



       (08年7月20日 梶川尾根より撮影)
画像




               石転び出合より振り返る  左=石転び沢  右=門内沢
画像




          素晴らしかったよ〜、またね〜



                          12時45分、デポ地着。


                 1時15分、スキー&兼用ブーツを背負いトコトコと



                        楽しんだ後に試練のへつり道
画像




                             スミレサイシン
画像



                               ウツギ
画像



                            ムラサキヤシオ
画像



                             サンカヨウ
画像



                            キクザキイチゲ
画像



                             イワカガミ
画像



                              タムシバ
画像




                          2時20分、温身平通過。



                2時40分 七斗号の待つ天狗平に余裕のゴ〜ル
画像




   いつもならヨレヨレのゴールなのだが、今回は余裕の・・・、ひょっとすると年々進化してるのかな

          いやいや、ただ単にいつもより「へつり道」歩きが短かったせいですよ〜




                              GPS軌跡
画像
                         (赤=往路  青=帰路




●日  時 2011年6月9日(木)   曇り

●行  程 天狗平5:35〜5:55温身平〜7:00雪渓(640m)7:20〜7:55石転びの出合

       〜8:50ほん石転び沢出合9:05〜9:40北股沢出合〜10:50梅花皮小屋11:23

       〜11:57梅花皮岳12:17〜12:30石転び沢合流〜12:45デポ地(640m)13:15

       〜14:20温身平〜14:40天狗平       (歩行・滑降距離 13.27km) 




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
行って来られたんですね。
こちらは何とも飯豊が遠くて・・・。
いろんな意味で「機が熟しません」。
でも、画像でシ〜ンが浮かびます。
行った気になってしまってどうしましょう。
画像を見ているうちにかな?
koizumi
2011/06/11 06:19
koizumiさんへ
やはり石転び沢を滑らないと、シーズンが終わらないような気がして
(まだ終わったわけではないのですが・・?)

>画像を見ているうちにかな?
いろいろご事情は察しますが、と思った時が行き時では
ないでしょうかね〜
EVA父さん
2011/06/12 16:29
いやーすごいですね!
私は石転びと門内沢をチラッと舐めた事があるだけで
梅花皮から直に降りる沢を滑るなんて考えたことも
ありませんですて
EVAさんは雪を求めて、行者様の様に板と靴をかつねて
彷徨を続けるんですね。
sakeyama
2011/06/12 18:49
こんにちは。
ほん石転びをサクッとこなすとは、かないません
ようやく僕も次の週末に何とか滑る時間がとれそうで
石転びか門内に入ろうかと思いますが、
雪の硬さが気になります。(テレなもので)
そろそろ氷化し始める頃かと思いますが
どうでしたか?

今年は雪が多いので、
丸森尾根を登って稜線の花を愛で、
余興で門覚沢を滑る。
なんてのも7月上旬に出来そうですね。
したいです。
せいだ
2011/06/13 07:59
sakeyamaさんへ
石転び沢、雪渓に上がるまでが辛いですが、そこには辛さを忘れさせてくれる魅力満載。
残雪の白さと緑のコントラスト、そして癒しの草花いいですの〜

>行者様・・・
ただ単にTバックフェチ、はたまた○毒なんでしょうかね〜・・・
EVA父さん
2011/06/14 09:11
せいださんへ
こちら体力が無く、スキー&兼用ブーツを背負い、
せいださんのように丸森尾根を登るなんて、とても真似できません。
少しでも楽するために、雪渓を詰めるしか・・・

>雪の硬さが・・・
雪は締まり硬いですが、アイゼン・スキーエッジは利きましたので、
まだ氷化はされてませんでした。
ちょうど滑りころです

楽しんで来て下さいませ
EVA父さん
2011/06/14 09:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ほん石転び沢(梅花皮岳 2000.0m) 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる