山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 西穂高沢(撤退)

<<   作成日時 : 2012/05/21 21:11   >>

トラックバック 0 / コメント 2

2012年5月19日(土)  昨年、山頂まで僅かな所で撤退した前穂高岳、
                              今回は一泊二日予定で上高地入り。



                
                              西穂高岳
画像
      
                         (翌20日、前穂山頂より撮影)



                一日目、おもってもみなかったバッタリで西穂高沢へ



        午前5時50分、スキー&ブーツを背負い上高地バスターミナル(1505m)スタート。

                     途中、今晩のお宿に衣類等を預けていく。



                      河童橋付近より 岳沢&穂高の峰々
画像




                    前日に降雪があったようで、真っ白で綺麗!



                 今シーズン初となる本格的担ぎ やはり辛いの〜
画像




              7時40分 夏道標高1900m 岳沢の河原に単独スキーヤーが
画像




                         ん〜ん、もしかして



           山スキーを始めて、最初に知り合いになった本田さんのご友人の

         Y・豊さん、数々のエクストリーム滑降をやりとげ、山スキー界では有名なお方。



                            河原へ降りる
画像




                              藪こぎ
画像




             8時10分、標高2000mの西穂高沢下部に(父さんは一本 40分)



                アイゼン&スキーを背負い 豊さんが先行して行った
画像




                  沢の左右に、新雪ナダレのデブリが見られる。

                     時々、雪崩の響きも聞こえてくる。



画像




                       吹き溜まりでは ブーツ上まで
画像




           9時20分、標高2160m付近 『降りま〜す』の声が、脇へ寄ることに。



画像



                  流石、数々のお山を滑ってこられたお方。


                       ストップ雪 ものともせずに
画像




                           合流し、お話を。

            『左右の谷筋から、少しナダレ出してるのでヤメた方が良さそうです』。



                  話してる間にも ザァーザァーズーズーと
画像




                          9時38分、撤退へ



             10時00分、標高2020m付近より、シールにて岳沢小屋へ向かう。



                          前穂高岳&奥明神沢 
画像


                       奥明神沢下部には、お絵かきも。



                       10時33分 岳沢小屋(2170m)に
画像


                 豊さんは、少し奥明神沢をハイクアップすろそうだ。



                           正面奥・乗鞍岳
画像



                      父さん、すっかり戦意喪失

          小屋のお方が、これから落ちる(雪崩れる)ので、無理しない方が良いよ。
    当初は岳沢小屋に泊まるつもりだったが、宿泊棟増築工事で泊まれるのは6月からとか
               (それで止むなく、二日間とも上高地からピストンする事に)


                   登山者の方々とお話しして、まったりと過ごす。



                         豊さんが降りて来た
画像


                     少し休まれて、下山して行かれた。



               小屋にお願いして、スキー&ブーツを預かって貰う



                      12時00分、岳沢小屋を後に。



                            西穂高沢
画像


                 朝とは様変わり、雪崩が岳沢まで達してる。

               父さん独りだったら、きっとあのままハイクしてたかも?

                        改めて、豊さんに感謝



                         来年まで待ってなさ〜い
画像




                         清流(自然探勝路にて)
画像




                       河童橋付近より 西穂高岳
画像




                      2時05分、西糸屋山荘・別館に。



                      GPS軌跡(赤=往路 青=帰路)
画像






  ●日  時 2012年5月19日(土)  晴れ

  ●行  程 上高地(バスターミナル)5:50〜7:40標高1900m〜8:10西穂高沢下部8:50

          〜9:20標高2160m9:38〜9:42標高2020m10:00〜10:33岳沢小屋12:00

          〜12:45標高1760m13:20〜14:05上高地(西糸屋)

                       

          

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
予想はしておりましたが、やはりお近くにいたんですね。19日土曜は、スキーを担いで蒲田川右俣から飛騨沢をエッチラ、オッチラ難行苦行しておりました。
昨今の寒気で降った雪が融け切っていないでの、ザイテングラード、白出沢共良い状態ではありませんでした。本谷出合は、まだデブリの山で雪が大変多いとの印象を受けました。
アベル父さん
2012/05/23 07:34
アベル父さんへ
前日の降雪で、何処も苦労されたようですね。
今年の残雪は、多いお山と少ないお山と極端な様な気がします。

それにしてもカメラ残念でしたね〜
EVA父さん
2012/05/23 16:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
西穂高沢(撤退) 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる