山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 浅草岳(標高1230mまで)

<<   作成日時 : 2013/02/14 21:02   >>

トラックバック 0 / コメント 2

2013年2月14日(木) 『守門大岳』常連のOさんと一緒に浅草岳へGo



                      此処はどこ?私はだ〜れ
画像
             深さ250cm位のヒドンツリーホールに嵌っちゃいました



                        五味沢・大自然館前に路駐
画像




                       雪壁は平年に比べだいぶ低い。



      ちなみに2011年2月19日の雪壁
画像




                     午前7時40分 シール歩行スタート(490m)
画像




                    ラッセル20cm前後、先頭を交代しながら。



                   8時45分 標高670m付近 林道を離れ杉林へ
画像




                      9時35分 杉林を抜けブナの疎林へ
画像




画像


                      大きな段差が凍結していて手こずる。



画像




画像


                 木の幹には、強風で吹き付けられた雪が氷化してる。


                    いつもこの辺りから、風がアタリ出す。



画像




                       10時35分、標高1090m付近。

                     『木を風よけに、一本入れましょう』と、、、、。


                              


                       一瞬何が起こったのか判らず
画像



画像



                 うまい具合に直立で着地(片方のスキーは外れてた)

         Oさんが居てくれたお陰で意外と冷静、これが単独だったらと思うと、、、

               もう片方のスキーを外し、ザックからショベルを取り出す。
                   スキー&ザックをOさんに受け取って貰う。


画像



   雪壁は氷化でショベル利かず、ホールを覆っていた新雪30〜40cm、ホールの周りを崩す。


                      あ〜ヤレヤレ Oさんありがとう
画像
             (ヒドンツリーホール、深さ250cm 長さ300cm 巾80cm)


                         脱出までの時間約7分。


                   10時57分、上を目指すも気持ちはスッカリ



                   11時18分 標高1230m付近 今日は此処まで
画像




                         嘉平与ボッチが望まれる
画像




 11時37分 とっとと降りましょう
画像



画像




                           守門岳&守門黒姫
画像




画像



画像



画像




                11時50分、標高810m付近、Oさんラーメンタイム。


              父さんその間 ちょっとつまみ食いを(シールにて登り返しへ)
画像



画像



画像



画像



画像



                            うんめの〜



                       12時25分、標高810mを後に。



画像



画像



画像




                       林道を適当にショートカットして
画像



画像



画像




                      12時50分、大自然館にゴール。



       ツリーホール落下=瞬間は超高速エレベーターで急降下したような感じだった。
                    独りだったら、きっとパニックに。
                    運よく両足で着地でき、ケガもなく済んだ。
                

            今回はOさんの存在が大きく、冷静な判断&対処ができたものと。
            

                      Oさんには重ね重ね感謝




                       GPS軌跡(赤=往路 青=帰路
画像





     ●日  時 2013年2月14日(木)  小雪のち曇り

     ●行  程 大自然館7:40〜8:45標高670m8:50〜10:35標高1090m10:57

             〜11:14標高1230m11:37〜11:50標高810m12:25〜12:50大自然館

                                           (歩行&滑降距離 8.27km)

          

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いや〜、何事も無く脱出できて良かったぁ〜

雪が締まっていないのかこういう落とし穴、やはりあるんですね。
山スキーMLによれば群馬のKさんが武尊で、やはりヒドンホールに落ち、沢だったためにスキー靴に水が浸入。脱出したもののスキー板を回収できず、ピバークして翌日ヘリ救助を要請したそうです(ご存知だと思いますが)。

私も単独行が多いので、気をつけないと。

浅草岳はいつか頂上を踏みたいものです。
アベル父さん
2013/02/15 17:06
アベル父さんへ
春先ならいざ知らず、この厳冬期でこの大きさのツリーホール初めての経験でした
自然界、何が潜んでるか判りませんね。
お互い単独が多いので、石橋叩いて楽しみましょう。

>浅草岳は・・・
いつでもお伴させて貰いますよ!
EVA父さん
2013/02/16 13:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
浅草岳(標高1230mまで) 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる