山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 門内岳(登頂編)

<<   作成日時 : 2013/06/24 15:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2013年6月23日(日) 守門大岳常連のOさんが、
                     門内沢へ行かれると云うのでご一緒させて貰うことに



                          門内小屋前のお花畑
画像




                午前5時20分 天狗平駐車場(430m)をスタート。



                Oさん先週も来られて 今シーズン三回目だそうだ
画像
                                             (兼用ブーツはザックの中に)



                        父さん いつものスタイルで
画像




                         5時40分 温身平(450m)
画像




                        6時25分、うまい水通過。



                      6時46分 標高640mにて雪渓に
画像
                                                 (登山靴等をデポ)

               今日のスキー板は、4年前まで苦楽を共にしたDynastar。

        実は6月1日の『ほん石転び沢』で、
                今シーズンのファイナルと思い、残雪用の板は既にチューンナップへ。

                止む無く、リタイアしオクラ入りになってたDynastarで。

          チューンに出した板(ビンディング含む)は3kg、そてに対してDynaは4.8Kg。

                 いやぁ〜重たい重たい、肩&背中がギシギシと。
            それにシールも当時使ってた物、経年劣化等でボロボロに
                 


             7時10分、此処からOさんはシール、父さんはシール&クトーで。



                         7時25分 梶川出合(710m)
画像




                        7時50分 石転びの出合(860m)
画像
                       (左=石転び沢  右=門内沢)



                   6月初めと比べると、かなり入山者が少ない。
 
           特にスキーは我々二人と、単独ミニスキーのお方(石転び沢へ)のみ。
                 残雪豊富で、まだまだ楽しめるのに勿体ないの〜。



                              石転び沢
画像




                            我々は門内沢へ
画像




                      雪面はスプーンカットでガチガチ氷結
画像




                  8時58分、標高1260m付近にて一本(22分)。



                     振り返ると単独者 登山者?スキーヤー?
画像




                9時55分 標高1480m付近よりアイゼン登行に切り替え
画像


                        稜線はガスに被われてる。



                        後続者はスキーを背負ってる
画像




                     上がるにつれ スプーンカットも浅くなる
画像




                          かろうじて繋がってる
画像




                           門内小屋が見えた
画像




                         山頂直下手前(南側)に
画像




                              イワカガミ
画像




                      11時23分 門内岳山頂(1887m)に
画像




            山頂直下(北側)の門内小屋前にて、ガスが上がるのを待つことに。



                           ミヤマキンポウゲ
画像




                     コバイケイソウ(今晩いけそう、、、
画像




                           ウラジロヨウラク
画像




                         名残りのハクサンイチゲ
画像




              後続のスキーヤー(テレマーク)さんが上がって来られた。

        門内小屋では中条山岳会の皆さんが、夏山シーズンに備えて作業中だった。



                           北股岳方面
画像




                      石転びの出合付近を見下ろす
画像




                ガスはときどき上がるものの、依然として、、、





                                       滑降編へつづく





                                             

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
門内岳(登頂編) 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる