山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 門内岳(滑降編)

<<   作成日時 : 2013/06/25 20:02   >>

トラックバック 0 / コメント 6

2013年6月23日(日) ガスが上がるのを門内小屋前で、
                 一時間近く待ったものの一向にその気配なし、そろそろお時間のようで



                     今シーズンのラストラン GoGo父さん
画像




    12時18分、門内小屋を後に
画像



画像



画像




                 晴れてればこんな景色が(2008年5月18日撮影)
画像




                           少し下るとガスも
画像




                      正面奥=梅花皮岳(ほん石転び沢)
画像




    シーズンファイナル、心行くまで楽しみましょう

           Oさん
画像



画像



画像



画像




           父さん
画像



画像



画像



画像




                   後続のテレマーカーさんもドロップしたようだ。



           Oさん
画像



画像



画像



画像




                            まだまだつづく
画像




画像



画像



画像



画像




                           ↓石転びの出合
画像




           Oさん
画像



画像



画像



画像




                      12時55分 石転びの出合(一本15分)
画像



                      テレマーカーさんも追いついて来た。

            『ホームページかなにかやってますか?』   「はいやってます」

            『もしかしてエヴァ父さんでは?』         「はいそうです」

            『拝見してますよ』                  「ありがとうございます」


                            しばし談笑を。

                                ・

                                ・

                          新潟市在住のMさん
画像


                    『石転びの出合』、まさに出会いの場所。

         Mさん、お声掛け頂きありがとうございました、また飯豊でお会い致しましょう。

                  今日もまた、イイデー(好い日)だったの〜



                   ようやくガスが、、、お山ってこんなもんですね〜
画像
                      (↓門内小屋 赤=登り 青=降り)


                        素晴らしかったよ〜またね〜



                        1時18分、標高640mデポ地に。


     スキー&兼用ブーツを背負いへつり道を、行きは好い好い帰りは恐い、一歩一歩慎重に



                         3時06分、駐車地にゴ〜ル。



               

          陰の石転び沢、陽の門内沢 、北アに匹敵するほどの大滑降。
                ましてやこの時季に、標高差1000m以上の滑降ができるのは飯豊だけ



           Oさんいろいろお世話になりありがとう、
                シーズン納めに相応しい素晴らしいスキー行になりました


       一旦リタイアさせたDynastar、今日は良いお仕事を。
      
       リタイアさせておくのは勿体なく、
       来シーズンはビンディングを取り換え(約1.4Kg減)、もう一仕事も二仕事もして貰おうかな。



                       GPS軌跡(赤=往路 青=帰路)
画像





 ●日  時 2013年6月23日(日)  曇り

 ●行  程 天狗平5:20〜5:40温身平〜6:25うまい水〜6:46デポ地7:10〜7:50石転びの出合

         〜8:58標高1260m9:20〜11:23山頂(門内小屋)12:18〜12:55石転びの出会13:10

         〜13:18デポ地13:48〜14:07うまい水〜14:45温身平〜15:06天狗平




                                              登頂編はこちら




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。新潟市のMです。
先日はお会いできて嬉しかったです。
エヴァ父さんとOさんの滑りを見て
これは只者ではないと思いました。
いや〜ホント滑りが格好よかったです。
またお会いできる日を楽しみにしています。
それではまた。
新潟市のM
2013/06/25 22:09
同じ日に本山でした。大日岳だけは頭をみせてくれませんでしたが結構良い天気でしたよ!同じ飯豊でも場所が違うとガスの状態も違うんですね!
ワダッシさんとは土曜日に本山泊まりで切合小屋で偶然お会いし10分程お話をしてきました
ホントに板納めですか〜〜??まだまだどこかに出没でも??

2013/06/26 21:13
新潟市のMさんへ
お声掛けいただきありがとうございました!

五年ぶりの門内沢でしたが、その素晴らしさを再認識しました。
はやりシーズンに一回は飯豊詣でに行かないと、シーズンを終われそうにありませんね。

蚊取り線香の蓋&うめ塩飴ありがとうございました。
飴とっても、うめ〜かったですよ

また飯豊でお会い致しましょう。
コメントいただき
EVA父さん
2013/06/27 16:58
粟ヶ岳さんへ
わだっしさんのところで拝見してましたよ。
それにしても残雪期に弥平四郎〜本山ピストンだったそうで、相変わらずの高足隊すごいですね〜

>板納めですか〜
『二度ある事は三度ある』、なんて事はにはならないと思ってるんですけどね〜、、、
EVA父さん
2013/06/27 17:09
こんばんは。
この前、門内沢を下降しようかと、ちょっと迷いましたが、結局周回に。
スキーだと、「ん〜、快感!」なんでしょうね。
もっと若いうちにスキーを覚えていればなぁ、とも思いますが、契機に恵まれませんでした。「歩く」が天が与えた私の真面目。
それなりに雪面の汚れもあったと記憶します。板は悲鳴をあげませんか?
koizumi
2013/06/27 19:16
koizumiさんへ
>もっと若いうちに
いやいや今からでも晩くありませんよ!
山スキーは滑る技術より登山術が重要ですので、先輩なら十分可能ですよ。

>「ん〜、快感!」
そうなんですよこの快感が病みつきに、やがては○毒に

>板は悲鳴を、、、
門内沢の両サイドはそれほど急峻な岩壁があるわけで無く、落石等は少ないような気がします。
むしろ石転びの出合から下部、木の枝等々が多く神経を使います。
でもこの時季に滑りを楽しもうと思えば、滑走面の損傷は織り込み済みですね。
EVA父さん
2013/06/28 17:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
門内岳(滑降編) 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる