山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 一ノ倉川(北面台地経由で)

<<   作成日時 : 2014/03/22 22:16   >>

トラックバック 0 / コメント 4

2014年3月22日(土) この時季定番の一ノ倉川へ、
                        今日の登りルートは初となる焼山北面台地経由にした。



                        同行者  Oさん・木の芽沢さん
画像
                                     (標高1770m エントリーポイントにて)



               午前7時08分、笹倉温泉(460m)よりシール歩行スタート。


                           湿った新雪20cm。


                      先行してた6人パーティーを追い越す。
                と、突然『エヴァさん?』 おぉ〜久々の【のぼさん】だった。

         『相変わらず励んでますね〜』   「そのせいでしょうかね〜薄くなってきました」

       (のぼさんパーティーは空沢山を目指すそうだ、お声掛けありがとうございました



        8時10分、標高780m付近で大きなザックを背負ってるパーティーを追い越す。
                        (途中でテント泊するそうだ)


                             先頭に。



                     阿彌陀山(1511m)&烏帽子岳(1450.5m)
画像




                          噴煙あげる焼山(2400.3m)
画像
 



                アマナ平(1020m)より  火打山(2461.8m)&影火打
画像




画像




                       10時26分 標高1250m北面台地 
画像


                      台地に上がると雲が湧き始める

           山スキーの聖地と云われる北面台地、我々三人だけ、贅沢ですの〜。


          視界が良ければ(2010年4月4日撮影)
画像




                           高松山(1725m)
画像




                    二つの河原を越え 正面奥の尾根を目指す
画像




                    11時17分 標高1400m一つ目の河原へ
画像




                     河原を乗り越え 北面台地を見下ろす
画像




                   この横移動が標高を稼げず、、、、
画像




                    12時11分 標高1560m二つ目の河原
画像




                      12時50分 ようやく目指す尾根が
画像




                           新雪50cm前後。



                      昼闇山〜高松山の稜線が見えた
画像




                        がぁ〜ん 稜線はガスガス
画像



            特に一ノ倉川側は全く視界無し、ガス時の稜線歩きは非常に危険。



                     1時21分 標高1770mにてハイクお終い
画像


                  いやぁ〜今日の登りはキツカッタ、此処まで9.7km。
           四年前に焼山頂上まで登った時が9.21km、ツライわけじゃね〜、、、、。


             ガスが上がらない場合は往路を戻る選択肢も、しばし待機を。



                          天は我々に味方した
画像



                          じょじょに青空が


                         正面奥=昼闇山(1840.9m)
画像




          1時53分、さぁ〜ご褒美ご褒美。

                        ノートラックの一ノ倉川へ
画像


                          いただきま〜す


画像



画像



画像




                              昼闇山側
画像


















                            振り返る
画像




画像




画像




                   2時20分 標高1130mにて一本 振り返る
画像




                         口が開き水の流れる音が
画像




                       2時45分 標高800m平坦地に
画像




                        シールにて新田山のコルへ
画像

                 落ちてきませんように、神様・仏様・コマネチ様



画像




                   2時55分 新田山のコル(840m)より振り返る
画像




          視界が良ければ(2012年4月8日撮影)
画像




                 コルからのラストラン これがなかなかグーなんです
画像




                        旧・焼山スキー場から振り返る
画像




          視界が良ければ(2012年4月8日撮影)
画像



                     3時50分、焼山温泉(370m)にゴ〜ル。


          Oさん・木の芽沢さんのお陰で今日も完全燃焼、
                      もうしばらくお山はよいかなと思うほどの、満腹満足


      登りルートではあまり感じなかったが、特に一ノ倉川下部川底の残雪量が薄いような気が。
          また川が口開けしてるのは今回が初めて、平年に比べ賞味期限が短いような



                     木の芽沢さん作成の動画はこちら




                      GPS軌跡(赤=往路 青=帰路)
画像





 ●日  時 2014年3月22日(土)  晴れのち曇り

 ●行  程 笹倉温泉7:08〜9:20アマナ平9:37〜10:26標高1250m北面台地10:37

         〜11:17一つ目の河原〜12:11二つ目の河原〜13:21稜線標高1770m13:53

         〜14:20標高1130m14:32〜14:45平坦地14:55〜15:12新田山のコル15:22

         〜15:50焼山温泉          (歩行&滑降距離 16.81km)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日はお世話になりました。
2週続けて貸切でしたね、
ホンにこの時期に2週もパウダーを頂けるとは、
まだまだ脳裏に焼き付いてますよ。



木の芽沢
2014/03/23 17:56
EVA父さんお久しぶりでした。Oさん、木の芽沢さんとのご活躍のブログ楽しく拝見しておりました。
火打山川の空沢山への取付部にはなんとかスノーブリッジが残っておりましたが今年は雪が少ないですね。
12時に滑降開始でしたが山頂付近はガスで新雪をかっとばす爽快さはありませんでした。
のぼさん
2014/03/23 23:38
木の芽沢さんへ
お疲れさまでした。
乙妻・北面台地(一ノ倉川)二週続けての貸切、
              なんと贅沢なスキー行でしたね。

雪崩れも心配でしたが結合も良く、やや重ながらもパウダー。
止められない止まらない、山スキーバンザイ〜です
EVA父さん
2014/03/24 10:11
のぼさんへ
二シーズンぶりにお会いでき嬉しかったです

>山頂付近はガス、、、
こちらも一ノ倉川を諦め、
     「途中で戻ろうか」と云う話も出たのですが、、、。
反対にエントリーポイントまで、時間が掛かった事が幸いしたようです。

まだしばらくシーズンが続きます、お互い気をつけて楽しみましょう。
EVA父さん
2014/03/24 10:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
一ノ倉川(北面台地経由で) 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる