山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 飯豊山(滑降編)

<<   作成日時 : 2015/05/16 09:12   >>

トラックバック 0 / コメント 4

2015年5月14日(木)  数年来の課題だった、飯豊山・本社ノ沢右俣滑降へ



                   地蔵岳へ登り返し時 飯豊山を振り返る
画像




                     11時57分 本山小屋へ戻り大休止
画像




                              温度5度
画像




     12時45分、本山小屋前より滑降へ
画像




画像




                     上部は縦溝もなく、適度に緩み















                      何時の新雪? 吹き溜まってる
画像




            中間部を過ぎると多少狭くなるものの、縦溝も浅く殆どデブリも無し。



画像



画像




                          まもなく左俣と合流
画像




                      一息 登り返しの地蔵岳を望む
画像




                            モヤイ像?
画像




                         まもなく大又沢と合流
画像




                   振り返る 薄っすらとシュプールが見える
画像




                       1時13分、大又沢出合いに。

                   あれだけの強風が止み、ブヨが大襲来。

     我々がフェロモンを発してるのでメスブヨかね〜、それともフェロモンでなく加齢臭かね〜?
                
       なんて冗談を言ってる余裕があったが、、、(以降ゴールまで、ブヨのつきまといが)。



                  1時30分 スキーを背負いアイゼン登行へ
画像

                    地蔵岳まで、標高差約400mの登り返し。



        父さんが先頭の時、ついつい注意力散漫になり、
                  地蔵沢手前の沢状地形へ。(以前にトラ山さんが登られたようだ)

                  Oさんが気づき、ちょいと藪漕ぎし軌道修正へ。



                          あと標高差200m
画像

             たかが200mされど200m、もうもう脚が上がりましぇ〜ん



                        3時15分、再び地蔵岳に。



                         さらば飯豊 ありがとう
画像




                         3時35分 地蔵岳を後に
画像




                        4時00分 登山靴に履き替え
画像




                      楽あれば苦あり、試練の連続。



                         4時35分、御田通過。



                            ザンゲ坂
画像




                       5時30分、大日杉にゴ〜ル。



                          Oさん ありがとう!
画像




                     ヨレヨレ父さん もうしばらくお山は、、、
画像




       累積標高差2400m余り、ワンデー14時間、父さんにとっては、どちらも初の経験。

亀足にとっては高嶺の花だと思っていた飯豊山が、
亀足は亀足なりに工夫・努力すれば何とかなるもんですね〜、まだ数年?は頑張れるかの〜、、?



                      GPS軌跡(赤=往路 青=帰路)
画像



画像





 ●日  時 2015年5月14日(木)  晴れ&強風

 ●行  程 大日杉3:20〜御田4:35〜5:27標高1260m5:45〜6:55地蔵岳7:08〜大又沢7:16

         〜7:35本社ノ沢出合い7:50〜標高1280m8:23〜9:47標高1790m10:10

         〜本山小屋11:10〜11:32山頂11:40〜11:57本山小屋12:45

         〜13:13大又沢出合い13:30〜15:15地蔵岳15:35〜15:46標高1260m16:00

         〜御田16:35〜17:30大日杉    (歩行&滑降距離 15.63km)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
やりましたねEVA父さん!おめでとうございます。
こういう山行は私の目標です。
私も後15年くらい頑張らねばと思いました(^^)v
トラ山
2015/05/16 14:41
トラ山さんへ
Oさんの偵察行のおり、
     トラ山さんから良きアドバイスを頂いたお蔭です
>こういう山行、、、
体力&スピードのあるトラ山さんならではですね!
軟弱父さんは横移動系より、ダイレクトに登りダイレクトに落ちて来るしかなさそうです。

もう暫く続きますが、お互い気をつけて楽しみましょう。
EVA父さん
2015/05/17 10:03
お二人のパワーに脱帽です。アップされたのを知らずに昨日行ってきましたが実にハードでした。これをOさん単独で行ったのか〜、と偵察の件を感心というか驚いていたところ、まさかそのすぐ後にEVA父さんも行かれたとは。いやはや凄いです。それにしても3日間でかなり雪消えましたね。ギリギリで間に合いました
ほっしー
2015/05/18 13:55
ほっしーさんへ
Oさんの偵察のお蔭で、紛らわしい赤テープに惑わされずスムーズに登ることができましたが、いかんせん亀足で14時間も掛かってしまいました。

あの強風の中、単独だったら山頂は当然パスしたのですが、偵察のおり『山頂は本チャンにとっておいた』そうなので、二人とも山頂にこだわりました。

それにしてもスキーを背負ったり、アイゼンを履いたり外したりで手数の掛かるルートですね。
まぁ〜手数が掛かるほど可愛いと言いますのでね〜、、、。

いよいよシーズンも残り少なくなってきました、
お互い気をつけて楽しみましょう。


EVA父さん
2015/05/19 14:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
飯豊山(滑降編) 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる