山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳥海山(中島台ルート)

<<   作成日時 : 2016/04/02 14:13   >>

トラックバック 0 / コメント 4

2016年4月1日(金) 数年来の課題『鳥海山・中島台ルート』へ、Oさんと一緒にGo



                       鳥海山(2236m)&千蛇谷
画像
                                             (帰路、標高950m付近より)



                 午前5時30分 中島台キャンプ場(460m)スタート
画像




                     前日のものと思われるトレースが明瞭に
画像




       下調べによると、歩き始めて早めに赤川の橋を渡り、赤川を左手に見ながら進む。

                  ところが橋は見当たらず、川は右手に?
                 気がついた時には、川は深そうな渓谷に。
             渓谷を渡れるわけも無く、そのまま上流を目指して進むことに。



                        素晴らしいブナ林がつづく
画像




                  赤川が渡れそうなので、右方向へ軌道修正へ。

画像




              どうやらトレースは祓川方向へ、もしかして小屋開け準備か?



                    正面奥に見え隠れしてる稲倉岳目指して
画像




      ぐるっと回り道(一時間以上のタイムロスか?)してしまったが、何事もお勉強ですの!



                         山頂はまだまだ遠いね〜
画像




                        稲倉岳の岩壁が見えて来た
画像




            8時00分 標高990m付近で正規ルートの鳥越川と合流(ここで一本)
画像




                        左手に山頂を見ながら
画像



                        雪面はカチカチ氷結
画像




画像




                        稲倉岳(1554.2m)&日本海
画像




                      9時40分、標高1500mにてひと息。

                        これから先はクトーをつけて。



                            帰りが楽しみ
画像




                     10時40分 標高1805mにてひと息
画像




                       山頂へは千蛇谷を回り込んで
画像




                 12時16分、標高2170mよりアイゼン登行に。



                  モンスターに飲み込まれそうな大物忌神社
画像




画像




    12時35分、ダッチロールの末、ようやく山頂に。

               Oさん
画像




               コマネチ父さん
画像




                 12時46分 スキーを背負ったまま山頂を後に
画像




                    12時50分、標高2210mにて大休止。



   1時25分、ご褒美の千蛇谷滑降へ
画像





         




         




                             振り返る
画像


                    カチカチも緩み、ちょうど好いザラメに



                 我々の貸し切りと思いきや 単独スキーヤーが
画像




                       1時40分 ちょいと立ち話を
画像

        仙台在住のSさん、10時過ぎにスタートしたそうな、ちょ!ちょっと速すぎでは?



                  まだまだメロウなロングクルージングが続く
画像
 



               Oさん
画像



画像



画像



画像
     (Oさんの滑降シーン、父さんの指が左上に入ってしまい不揃いサイズに、すまんの〜)




               父さん
画像



画像



画像




                   今シーズン初の本格的ザラメ うんめて〜
画像




                     2時08分 標高970mにてひと息
画像




                         鳥海山 ありがとう!
画像


                 2時18分、ルートを間違わないよう確認しながら。

      
                2時53分橋を渡り、3時00分キャンプ場にゴ〜ル。


       帰り支度してると、仙台のSさんが戻って来られた(標高2050m付近まで登ったそうだ)。
     タイミングよくパトカーが警邏に来ていた、『Sさん、そんなにスピード出すと捕まりますよ!』と。



       父さんはどちらかと言うと急斜面派だが、でも今回のようなメロウな地形に、
                       あるがままにまったりと身を委ねた滑りを楽しむのも最高!




                      GPS軌跡(赤=往路 青=帰路)
画像



画像
         (よゐこの皆さんは、くれぐれもむやみにトレースについていかないでね!)




 ●日  時 2016年4月1日(金)  晴れ

 ●行  程 中島台キャンプ場5:30〜8:00標高990m(鳥越川)8:15〜9:40標高1500m9:50

         〜10:40標高1805m10:55〜12:04標高2170m12:16〜12:35山頂12:43

         〜12:50標高2210m13:25〜14:08標高970m14:18〜15:00ゴ〜ル

                                         (歩行&滑降距離 21.48Km)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
仙台のSです。こんばんは。
ブログ拝見させて頂きました。
実は鳥海山は初めてだったんですけど、雪質も(上部は)良く、天気にも恵まれ、気持ち良く滑ることができました。
またどこかでお会いするかもしれませんね。
ヤスヲ
2016/04/03 23:05
ヤスヲさんへ
お疲れさまでした!

我々も中島台ルートは初めてでした。
いやぁ〜素晴らしいところでしたね、もっと早くに来るべきでした。
あまりの感激で、滑っては振り返りの繰り返しでした。

それにしても俊足、凄いですね〜。
あまりの速さにパトカーまで出動?して来ましたよ!

コメントいただきありがとうございました。
いずれまたお会いできそうですね、その日を楽しみにしております。
EVA父さん
2016/04/05 11:03
1500〜1800の大斜面に綺麗に並んだシュプール2本を見つけ、お二人の姿がすぐに目に浮かびました。
下山後、いつものようにブログをチェックすると何と前日に入っているではありませんか。
やはりあのシュプールはお二人のもの。

私は2日(土)に広さんとでした。

予てから行きたいルート上位にランクしていましたが、期待通りの素晴らしいコースでした。

広さんも何故か年々パワーアップしており、皆さんの衰えを知らない行動とともに驚くばかりです。

Y
2016/04/05 12:56
Yさんへ
お久しぶりです!

初めて中島台ルート、あまりの素晴らしさに感動感激でした。
毎シーズンの定番になりそうです。

またYさんと同じ日にdさんも入られてたようですね。
我々のトレースで、dさんにはご迷惑を掛けてしまいました。
何年たっても初歩的ミスばかりで、進歩がないようです。

>衰えを知らない
広さんや亀田のTさん・大岳のHさん、先輩方々が頑張ってるので、
追い付け追い越せなんですが、どうも追い付けそうにありません。

最後の写真が瞼に焼き付いて離れないんですよね〜、、、
EVA父さん
2016/04/07 10:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
鳥海山(中島台ルート) 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる