山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳥海山(湯ノ台ルート)U

<<   作成日時 : 2016/04/17 22:27   >>

トラックバック 0 / コメント 2

2016年4月16日(土) Oさんと一緒に、湯ノ台口より鳥海山へGoGo!



                         めざせ外輪の行者岳
画像




                      林道の標高650mにて行き止まり
画像




                     午前5時30分、シール登行スタート。

          いぜんに訪れたのはいずれも5月中旬以降、
                        こんなに標高の低い所からの出発は今回が初めて。



                        ガスに覆われた林道を進む
画像




                   6時10分 早くも3人のスキーヤーが降りて来た
画像
             
              滝ノ小屋上まで行ったが、ガスで視界が悪いので戻ったそうな。

                      いったい何時から登ったのやら?
                 ガスも晴れだし青空も、早々の撤退はもったいね〜。


         どうやらトレースから推し量ると
                    先行してるのはツボ足登山者2名とスキーヤー1名のようだ。



                  6時27分 標高850m 林道を離れ雑木林へ
画像




                    前日の降雪と思われる新雪数センチ。



                          そして宮様コースへ
画像




                      帰りが楽しみな宮様コース上部
画像




                   クラックが新雪で隠れてた 危ない危ない!
画像




                       先行してる単独スキーヤー
画像




                    8時35分、標高1490m付近にて一本。

                            雲海の上に
画像



                        ここからクトーをつけて。



                             カチカチ
画像
                   薄汚れて見えるか所は、カチカチ氷結。



                              氷の花
画像




                      標高1700mを過ぎると雲行きも怪しく
画像




                            強烈な西風
画像


                   雪面の氷が礫となって溶射なく叩きつける。


                  風を避けるためか?、知らず知らずに右方向へ。

  
         どうやら行者岳山頂から南東に派生する、小尾根を乗り越してしまったようだ。


                           小尾根の右側に
画像




                        戻れば風と真っ向勝負に。



                          そのまま上を目指す
画像




              11時10分、標高2010m、クトーの歯も効かずアイゼンで直登。

画像




     11時40分、行者岳山頂(2159m)に
             決して宇宙人ではありません Oさんです 
画像
                いやいや気力・体力は、やっぱり宇宙人かの〜?、、、、。



             父さん
画像




                            新山(2236m)
画像




                     4月1日に楽しませて貰った 千蛇谷
画像




                    エントリーポイントへ数十メーター横移動。



                      続々と登って来る(後方奥=月山)
画像


        12月以来となる『わだっし』さんも、
                更新がなかったので心配してたが、お山へは通ってるようで一安心。



   12時10分、8km余りの大滑降へ
             Oさん 
画像



画像



画像



画像




             父さん
画像



画像



画像




   新雪はパックぎみなれど、着雪は薄くターンに支障なし、またカチカチも適度に緩み滑りごろに。




         




         




                            う〜んマンダム!
画像




                    12時40分 滝ノ小屋(1280m)にて大休止
画像




                            またね〜
画像




                    残念ながら宮様コースはストップ雪に
画像




                    林道より振り返る ア・リ・ガ・トさん!
画像




                       1時53分、駐車地にゴ〜ル。



       前日に降雪がなかったら、おそらく全山カチカチ山の滑り台状態に、
            登り返し無しの標高差1500m・距離8kmの大滑降を楽しむことができた




                       GPS軌跡(赤=往路 青=帰路)
画像





  ●日  時 2016年4月16日(土)  曇り時々晴れ

  ●行  程 駐車地(650m)5:30〜8:35標高1490m9:00〜10:45標高2010m11:10

          〜11:40山頂12:10〜12:40滝ノ小屋13:10〜林道合流13:33〜13:53ゴ〜ル

                                          (歩行&滑降距離 17.03km)



       熊本・大分地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
       また被災された皆さまにお見舞い申し上げますと共に、
                          一日も早く平穏な生活が戻るよう願っております。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お初コメント失礼いたします。
トラ山さんのところでちょこちょこお世話になっているKIYO(スプリットボードです)と申します。
実は僕も16日に湯の台から登っておりまして(笑)
僕がちょうど外輪に到着したとき、どこがで見たことがあるスキーヤーがドロップして…素敵なおじさま二人組だったのでEVA父さんだ!と(^^)
山頂の爆風には参りましたが滑り心地は良かったですね!
これからもアグレッシブなブログ、楽しみにしております!!
KIYO
2016/04/18 16:19
KIYOさんへ
確か外輪でスライドしたような?
お一人はスキーで、お一人がスプリットボードだったような。
こちらも気がつかず失礼してしまいました。

あの爆風には参りました。
標高2010mで、今日は此処を山頂にしましょうとも話したのですが、
老体にムチ打ち、なんとか山頂までたどりつく事が出来ました。
もしあそこで撤退してたら、お会いする事が出来ませんでしたね。

前日の降雪のお陰で滑り台にもならず、
          快適なスキーを楽しむ事が出来ました。

また昨年5月、大日杉でOさんが大又沢・本社ノ沢等のアドバイスをいただき、改めて御礼申し上げます。

今年も皆さんと石転び沢でお会いしたかったのですが、
6月30日までは道路改修で入れそうになく、残念でなりません。
トラ山さんへも宜しくお伝え下さいませ。

残るシーズンも少なくなって来ました、
       お互い気をつけて楽しみましょう。

コメントいただきありがとうございました!
EVA父さん
2016/04/19 17:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
鳥海山(湯ノ台ルート)U 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる