山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 毛勝山(直登ルンゼ)

<<   作成日時 : 2016/04/25 10:31   >>

トラックバック 0 / コメント 2

2016年4月24日(日) 4シーズンぶり3度目の毛勝山へ、Oさん(初見参)と一緒にGo



                    ボーサマのコルより 剱岳(2999m)
画像




                 前日夕方、入山口となる僧ヶ岳東又登山口(710m)に。
    幸運にも、片貝第四発電所〜片貝山荘〜登山口までの約3.3kmが22日に通行止め解除に。

             24日早朝3時に起きると雨&ガス、様子見で5時まで二度寝を。
                  5時に起きると雨は上がったもののガス模様。

         登山者お二人・MTBのスキーヤーお三方が先行してスタートして行かれた。


              我々も5時55分 スキー&ブーツを背負い林道歩きへ



             6時20分 橋を渡り標高875m付近にてアプローチシューズをデポ
画像


               スキーを背負い兼用ブーツにて、 阿部木谷左岸を進む。



                7時30分 標高1060m付近よりシール&クトー登行へ
画像






                         阿部木谷 板菱(左岸を)
画像
                        雪は辛うじて繋がってた。



                    8時06分、二又・大明神沢出合(1250m)
画像




                           左手の毛勝谷へ
画像

                           じょじょに視界も。



                        8時45分、三又(1500m)通過。



                              毛勝谷
画像
          先行のスキーヤーお二人は、標高1600m付近でスキーをデポするようだ。



                        寡雪のせいかデブリは小さい
画像




                    9時40分 標高1750mよりアイゼン登行へ
画像
                        後方にお二人の登山者が。



画像




                           振り返れば雲海
画像




                 10時45分 ボーサマ谷・直登ルンゼ出合(2060m)
画像
              すでに岩が露出し、直登ルンゼから繋がってないような、、、?



                        右手のボーサマ谷へ
画像




                 登山者お二人に追い抜かれゲッポ(9番目のビリ)に
画像




                        ボーサマ谷の急登が続く
画像




                       標高2200m付近から振り返る
画像




                    11時53分、ボーサマのコル(2364m)に。



                  剱岳(2999m)&猫又山(2378m)&釜谷山(2415m)
画像




                           雲海と剱岳
画像




                    五竜岳(2814m))&鹿島槍ヶ岳(2889m)
画像



                  この眺望を見たら、もう言葉はいりまへん!!



                      毛勝山(2414.4m) ↓直登ルンゼ
画像
                      直登ルンゼ、直下は繋がってるようだ。



       12時20分 山頂に 父さん Oさん
画像
                (先行してた登山のご夫妻にシャッターをお願いした



                  白馬岳(2932m)&白馬鑓ヶ岳(2903m)方面
画像




   12時50分 父さん落ちます落ちます
画像


           ボーサマ谷出合まで繋がってるかどうか不確かなので、
                         ショートカットし早めにボーサマ谷に降りることに。                              


             Oさん(直登ルンゼ)
画像



画像



画像




             Oさん(ボーサマ谷)
画像



画像



画像




             父さん(ボーサマ谷)
画像



画像



画像




             父さん(ボーサマ谷)
画像



画像



画像




                            まだまだ続く
画像




              標高1900m位から下はストップ雪、
                               デブリ跡の方が、締って滑りやすい。



                             振り返る
画像
 

             ダイレクトに登り、ダイレクトに滑降、まさに山スキーの醍醐味



                       1時22分、大明神沢出合通過。



                              板菱
画像




                  1時33分、標高1060m付近にて滑降おしまい。



                  余韻を楽しみながら スキーを背負いトコトコと
画像




                           2時49分 ゴ〜ル
画像

      Oさんお疲れさまでした!
          いやいや疲れてないかぁー翌日は蓮華大沢右股へ行くとのこと、恐れ入りました




                       GPS軌跡(赤=往路 青=帰路)
画像





●日  時 2016年4月24日(日)  曇りのち晴れ

●行  程 駐車地5:55〜6:20シューズデポ地6:35〜7:20標高1060m7:30〜大明神沢出合8:06

       〜三又8:45〜9:28標高1750m9:40〜標高2060m10:45〜11:53ボーサマのコル12:05

       〜12:20山頂12:50〜大明神沢出合13:22〜13:33標高1060m13:45

       〜14:16シューズデポ地14:28〜ゴ〜ル14:49      (歩行&滑降距離15.40km)

         


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
ボーサマのコルからの劔岳、いいですねぇ。ほれぼれです。
もう、お二人のことは「OH!猛烈」コンビと呼ばさせて頂きます。
越後はほんと豊かですね。どうぞご自愛下さいますように。
koizumi
2016/04/27 06:31
koizumiさんへ
お久しぶりです。

『石転び』が6月中は無理そうなので、似ている毛勝谷へ行って来ました。
雲海に浮かぶ剱岳を眺めた時は、ただただ感動で声も出ませんでした!

シーズンも後半になると疲労が回復せず、もうヨレヨレ。
もう先が○○○状態なもので、行ける時にな行こうと、、、

これからも先輩のところで、飯豊を楽しませて貰いますね。
EVA父さん
2016/04/28 21:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
毛勝山(直登ルンゼ) 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる