山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 白馬岳(二号雪渓)

<<   作成日時 : 2016/05/14 20:25   >>

トラックバック 0 / コメント 6

2016年5月14日(土) 先週の『白馬鑓ヶ岳』翌日に予定してた白馬岳二号雪渓へ、Oさんと一緒にGo!



                    二号雪渓エントリーポイント(2900m)
画像




                  午前5時10分、猿倉駐車場(1230m)スタート。



                      白馬岳(2932.2m) 待っててね〜
画像




               アプローチシューズを履き スキー&ブーツは背負って
画像




                          5時35分 長走沢
画像




                 二回目の渡渉手前 お二人連れに追い越される
画像




                            雪渓に
画像




                  6時05分、標高1520m付近にシューズデポ。



                       6時20分 シール登行へ
画像




画像




                        二号雪渓を観察しながら
画像




                      8時00分、標高2150mにて一本。

       追い越して行かれたお二人連れから、 『EVA父さんとOさんですか?』とお声掛けが。

      なんとお二人は、父さんがいつも楽しくレポ(ヤマレコ)を拝読させて貰ってるお二人だった。

           嬉しい出会いが!
                       doronpaさん  gankoyaさん
画像
                                  (レポの掛け合いが、なんせ面白い!)



               8時20分 葱平への急登はブーツアイゼンに切り替えて
画像




             Oさん
画像
         前日は立山で楽しまれたそうだ、父さんには連チャンが厳しくなって、、、



                  9時33分、標高2470m付近よりシール登行に。



                振り返る 杓子岳(2812m)&白馬鑓ヶ岳(2903.1m)
画像




                          頂上宿舎(2730m)
画像
                       雪が数メーター途切れてる。



                            白馬山荘へ
画像
                       こちらも山荘直下で途切れてる。



                       10時40分、白馬山荘(2830m)に。



                          剱岳(2999m)方面
画像




                            毛勝三山方面
画像




                             旭岳(2867m)
画像




                    11時00分 スキーを背負い山頂へ向かう
画像




                  エントリーポイントにスキー&ザックをデポして。

                     先着のお二人が落ちる準備中だった。



                     あちゃ〜信州側にガスが湧き始めた。



      11時23分、山頂に。   
             Oさん
画像




             父さん
画像




                    11時29分、山頂を後に、ポイントへ。



                    gankoyaさん&doronpaさんとスライド
画像




             11時35分ポイントに、先着のお二人がドロップする直前だった。

          ガスが薄くなり お二人が
画像



画像


              かなりスラフが流れる、ある程度払って貰ったものの要注意!



   11時58分 父さん落ちます落ちます
画像




             Oさん
画像



画像



画像




                             振り返る
画像




             父さん
画像



画像



画像




            先行者に払って貰ったものの、はやりターンの度にスラフが流れる。



画像





         




         




                   父さん六年ぶり二回目、Oさん初見参。

         このルートのポイントは、標高2500m付近の小尾根を越え、右手に落ちる。



                   小尾根を越えると 先行のお二人が見えた
画像
                           (お二人に感謝!)



             Oさん
画像



画像




                 12時28分 標高1980m付近で大雪渓(左側)と合流
画像




                          じょじょにガスも
画像




               12時43分、シューズデポ地(1520m)にて滑降おしまい。



                         完全に晴れ上がった
画像


                     お山って、こんなもんですね〜、、、



                  1時05分、スキー&ブーツを背負いトコトコと。



                     林道より振り返る アリガトサン!
画像




                        1時53分、猿倉にゴ〜ル。



         2時過ぎに、gankoyaさんとdoronpaさんも戻って来られ、しばし談笑を。
                    お二人とお会いすることができ、素晴らしいスキー行となった。

                  お二人とOさんに感謝、ありがとうございました




       翌日、我々より先行して落ちたお二人のレポ(ヤマレコ)を偶然拝読させて貰った!




                       GPS軌跡(赤=往路 青=帰路)
画像





 ●日  時 2016年5月14日(土)   晴れ時々曇り

 ●行  程 猿倉5:10〜長走沢5:35〜6:05標高1520m6:20〜8:00標高2150m8:20

         〜9:18標高2470m9:33〜10:40白馬山荘11:00〜11:23山頂11:29

         〜11:35エントリーポイント11:58〜12:28大雪渓合流12:33

         12:43標高1520m13:05〜13:53猿倉    (歩行&滑降距離 13.65km)


                      

    

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
群馬のgankoyaです。
おかげで、予想外の楽しさを味わえた一日でした。
2号雪渓滑走時にはまだガスが残っていたんですね。
改めて感服した一日でした。
またどこかでお会いできたら嬉しいな♪
お世話さまでした
2016/05/15 02:47
東京のdoronpaです。
数年前、私が20数年ぶりに山スキーを再開するきっかけを作って
くださったのがEVA父さんのブロクの記録の数々です。
やっぱり山スキーは楽しそうだなあ、と猛烈にやりたくなったのです。
そのレジェンドご当人にお会いできるとはびっくりの一日でした。
動画を拝見して2度びっくり!
お聞きしましたお歳とは絶対に思えない滑りに驚愕です。
またどこかで!
doronpa
2016/05/16 00:11
gankoyaさんへ
お二人とお会いでき楽しいスキー行になり、ありがとうございました!
ガスが残って全貌が見えない方が、怖くもなく良かったかも知れません?

AV嬢の件?
次にお会いした時に、じっくりと、、、、うふっ〜ん!

再会を楽しみに致しております
EVA父さん
2016/05/16 13:40
doronpaさんへ
お疲れさまでした。

拙ブログが少しでもお役にたてて光栄です、
         でもほどほどにお願いしますね。

ただ単に歳を重ねてるだけで、山スキーを始めて11シーズン目。
まだまだ進行形と思ってるのですが、身体がね〜、、、
今後もgankoyaさんとの名コンビ、楽しみに致しております。

あいがとうございました!
EVA父さん
2016/05/16 13:51
場違いな人間ですが、思わずコメントを入れたくなりました。
私はショートスキーで春山を少しだけ楽しんでいます。EVA父さんのブログはその時期になるとよく覗かせてもらっています。きれいな画像で見やすく、動画も楽しいです。軌跡も参考になります。ありがとうございます。
今回はgankoyaさんとの出会いが私も嬉しくなって、感慨を持ちました。
彼のヤマレコは山仲間を介して知り、沢の記録を見ています。
昨年の10月には白毛門沢のgankoyaスラブに行く際の仮眠中に、sawadonさんとの気配を感じたのです。(後で記録でわかりました)
こんな時は、山の世界は狭くて嬉しくなります♪
これからも、ブログを楽しみにしていますね♪
沢風ikuko
2016/05/18 21:51
沢風ikukoさんへ
シーズン終盤になると滑れるお山も限定され、
             思わぬ嬉しい出会いもあります。
gankoyaさんのレポは掛け合いが面白く、
            前々から拝読させえ貰っておしました。
そのご本人とお会いでき感激でした。
予想にたがわず、明るく楽しく素晴らしいお方でした。

拙いブログご拝読いただき、
    またコメンまで頂戴してありがとうございますた
EVA父さん
2016/05/20 09:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
白馬岳(二号雪渓) 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる