会津駒ケ岳(2,132.4m)

会津駒ケ岳、30数年前の6月ゲレンデ用板と靴を担いで登ってから、すっかり会津駒の魅力に執りつかれてしまった。30年後の今も全く変わらない登山口の桧枝岐部落、いつ登っても優しく迎えてくれる会津駒。夏の高山植物と池塘、秋の草紅葉と池塘、駒から中門岳へはメルヘンロードで、日本100名山中の名山です。
画像

                 1,900m付近からの会津駒↑ (写真をクリックすると拡大)

◎日  時 2007年4月6日(金)
◎メンバー 単独
◎行  程 桧枝岐登山口~TVアンテナ~会津駒ケ岳~登りルートを下山
        (登り4時間30分 下り55分 距離9.43Km)
◎温  泉  燧の湯

1,400m~1,500m上からは前夜の湿雪が10Cm位在り、山頂まで高下駄状態でキツカッタ
会津駒の翌日に三岩岳(2,065m)を登る予定でしたが、登山口雪少なく来シーズへ宿題です


画像画像










           岳樺としらびそ↑                  駒ノ小屋↑


画像

              山頂から 中ノ岳(左) ↑ 越後駒ケ岳(右) (写真をクリックすると拡大)


画像

                駒ノ小屋と尾瀬燧ケ岳↑ (写真をクリックすると拡大)


画像

             滑り始め、会津駒を振り返る(また来ますよ!)↑ (写真をクリックすると拡大)


画像

               桧枝岐名物 断ち蕎麦(お勧めです)↑


              GPS軌跡(画像をクリックすると拡大)
画像

                  緑=登り参考ルート 赤=登り 青=下り
             

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック