燧ケ岳(双耳峰 柴安嵓2,356m 俎嵓2,346m)

尾瀬・燧ケ岳(ひうちがたけ)と至仏山(しぶつさん)をセットで行って来ました。
どちらも登山口(御池・鳩待峠)が標高1,500m以上あり、
2~3時間で山頂へ立てる為、山スキーヤー・ボーダーの人気スポットとなっている。


                至仏山頂からの燧ケ岳と尾瀬ヶ原
画像
 (写真をクリックすると拡大)

◎日  時 2007年5月4日(金) 晴れ
◎メンバー 単独
◎行  程 御池6:50~8:25熊沢田代8:35~9:55俎嵓11:00~11:05長英新道沿2,150m
        地点11:15(登り返し)~12:00俎嵓12:30~13:05御池
                      (御池~俎嵓 登り3時間5分 下り35分)
◎温  泉 燧の湯(600円)


今回は燧ケ岳双耳峰の一つ俎嵓(まないたぐら)までの往復コースですが、時間に余裕があったので、山頂より長英新道沿へ2,150m地点まで(ほんのチョッピリですが)滑り降りてみました。
標高差200mあっと云う間の5分で、登り返しが45分 辛いですが止められません!

さぁー6:50スタートです                    広沢田代
画像画像









画像画像









 

   左・大杉岳(1921.4m)と会津駒ケ岳(2,133m)        西会津丸山岳(1,820m)                   
画像画像











            登り始めて1時間半 燧ケ岳が見えてきました 
画像


     左から中ノ岳・越後駒ケ岳・荒沢岳               平ケ岳(2,141m)
画像画像







 
    


   燧ケ岳山頂直下 最後の急登               昨年10月以来の山頂です
画像画像










      柴安嵓(しばやすぐら)2,356m
画像尾瀬沼と遠く日光白根山(2,578m)画像









               





明日、登る予定の至仏山(2,228.1m)
画像
(写真をクリックすると拡大)                 

大江湿原と日光連山遠望
画像
(写真をクリックすると拡大)


長英新道沿へ滑り下りる       EVA父さんのシュプール 自己満足に陥る・・・
画像画像










たった標高差200mの滑降(5分)なれど、されどこの登り返しが45分、辛い辛い!
よくご一緒させて貰う社長さん(今頃は白馬岳~雪倉岳で雄叫びをあげてることでしょう)は、好い斜面があると簡単にカッ飛び、平気で登り返して来ます・・・恐れ入り矢の鬼子母神。


    登り返し途中からの至仏山        さぁー山頂から熊沢田代目指して滑降です
画像画像











    熊沢田代を過ぎて、滑降して来た「燧」を振り返る、まもなくゴールも近いです
画像
(写真をクリックすると拡大)

           ?の滝                          燧の湯
画像画像









                 
                 桧枝岐の締めは、これに限ります!
画像




下山後、先日「月山」「鳥海山」へご一緒した本田さんよりメールが入り(本田さんは今日 至仏山でした!)、明日の至仏山の詳しい情報を貰い、お蔭様で大いに助かりました。ありがとうございました。
そろそろ飯豊石転び沢ですね!


いよいよこれから至仏山の登山口、鳩待峠へ向かって七斗号でGOです!(15:05)
桧枝岐~会津田島~鬼怒川~今市IC~いろは坂~丸沼~鎌田~戸倉~鳩待峠 

                 果たして何時に着くことやら?

              
     GPS軌跡(写真をクリックすると拡大)
画像

      緑=登り参考ルート 赤=登り 青=下り
  

                         










                       

この記事へのコメント

じゅんこ
2007年05月09日 12:32
良いですね~♪山スキー!
『石転び沢そろそろ』に反応しました。
軟弱者ですがチョコッと下見に・・・なんて考えてます。
来シーズン用にですが(笑
EVA父さん
2007年05月09日 19:17
じゅんこ さんへ
コメントありがとうございます。

確かに! 見事にハマッテしまいました。
山スキーを始めて、ようやく一年ですが、
もう何シーズンも経ったような気がします。(ちょっと行き過ぎですかね?)
まぁー一生懸命になれる「事」があるのは幸せですね!
体力・気力・?が続く限りは続けたいと思ってます。

「石転び沢」コンデションの良い5月中にと計画してます。
飯豊連峰・朝日連峰、まだまだ静かな山旅が楽しめて良いでね。
下見、気をつけて行って来て下さい。

それでは、また。


この記事へのトラックバック