立 山(大汝山 3,015m) Part1

立山再び! 6月1・2日、本田さんのお誘いで初めて立山へ入山。
それ以来、寝ても覚めても立山が頭から離れず、週間天気予報を見たら晴れマークが続いていた・・・・ 気がついた時には、道の駅「ウエーブなめりかわ」で、「七斗号」泊
画像
 (クリックで拡大)



今回の予定、一日目大汝山頂からの滑降、二日目来シーズンの偵察を兼ねて真砂沢
12日富山側から一番ケーブルカー~バスに乗り継ぎ、室堂8時30分着。
さぁー「恋焦がれた」2回目の幕開け!


一日目
◎日  時 2007年6月12日(火)  晴れのち曇り
◎メンバー 単独
◎行  程 室堂8:50~9:45一の越10:05~11:05雄山11:15~11:50大汝山~11:58
        大汝休憩所12:05~12:20雷鳥平(2,320m地点)12:45~15:10剱御前小舎
                                       (総距離 7.53Km)


平日のせいか入山者も少なく、一番ケーブルは20名前後(山スキーヤーは5名前後)
10日前と比べると、ターミナル前の石畳も出始め、若干消雪が進んだものの、まだまだスキーを楽しむにはタップリの残雪。


            雷鳥沢                       浄土山(2,831m)
画像画像











          一の越山荘にて          一の越より、室堂・奥大日岳(2,605m)方面
画像画像











          左から、龍王岳(2,872m) 浄土山(2,831m)  真下、一の越山荘
画像
 (クリックで拡大)


               雄山 山頂にて            雄山 山頂より御前谷を覗く
画像画像











                じょじょに雲・ガスが湧き始め、急いで大汝へ
             大汝山も雲隠れ          雄山~大汝稜線より山崎カールを覗く
画像画像











                        雷鳥さんも現れる
画像
 (クリックで拡大)


          大汝山頂と休憩所                    雄山を振り返る
画像画像











大汝にて昼食と思いつつも、雲・ガスに追われ止む無く滑降スタート
     山頂から雪は繋がって無く、休憩所脇 3,007m地点から山崎カールへ飛び込む!

           中間部にて振り返る               下部にて振り返る
画像画像











                 大汝山 山頂からの滑降コース
画像
 (クリックで拡大)
                      (翌13日朝、撮影写真)


標高差680m雷鳥平(2,320m地点)まで、アッという間の15分、振り替えれば2,800m前後から上は雲に覆われ、これから登り返す雷鳥沢も雲の中。
                    疲れた脚には、標高差440mの登りは辛いツライ!

           立山と山崎カール                       雷鳥沢
画像画像











剱御前小舎は見えるものの            時たま顔を出す「緑」が癒し
          なかなか着かない!                一歩一歩最後の最後まで!
画像画像











                     15:10、剱御前小舎到着
画像



18:30頃から、雲・ガスが取れ始め夕日を見に外へ

           奥大日岳 方面        左から、別山北峰(2880m)と別山(2,874m)画像画像












                       立山と剱御前小舎
画像
 (クリックで拡大) 


                         剱岳(2,999m)
画像
 (クリックで拡大)


                        GPS軌跡
画像
 (クリックで拡大)




                                           Part2へ









                      




  













                       
 
        












                                               




                                          

この記事へのコメント

社長
2007年06月14日 19:03
おはようございます。
なかなか山スキー依存症は直りませんね、誰でも立山の雪を体験すると「焼けボックリに火が付く」ものです。特にEVA父さんのような重症患者には「目の毒」。真砂沢のブログを楽しみにしています。
EVA父さん
2007年06月14日 21:15
社長さんへ
コメントありがとうございます。
もう「重症」と言うよりは「重篤」ですね。
こんなEVA父さんに「火」を着けたのは社長さん!
「真砂沢」は・・・
如何せん軟弱者のEVA父さん、果たしてどうなる事やら?
今回の山スキーでも「濃い」方々との出会いもありました。
いゃー、山スキーって最高ですね。
2007年06月15日 12:50
こんにちは。
立山でお会いした愛知県のミンゴ先生です。
先日はおつかれさまでした!
いろいろお話できたのと、雄山からのEVA父さんの華麗な滑りを見せて戴きありがとうございました。
こちらはこれでシーズン終了ですが、またどこかの山でお会いできると嬉しいです。
またブログ見させていただきます!
では。
EVA父さん
2007年06月16日 15:34
ミンゴ先生さんへ
早速のコメントありがとうございます。
先日は立山について、いろいろ教えていただきありがとうございました。
ご一緒に滑れるチャンスもあったのに擦れ違いで残念でなりません。
来シーズン機会があればまた立山でお会いしたいものです。
ミンゴ先生に教えていただいた立ち寄り湯「ゆーランド吉峰」、ツルツル湯で露天風呂も大きく大変良かったです。
ミンゴ先生のブログ見させていただきました。写真きれいですね。雷鳥さんもアップですごいです。雌雄が判るとは大したものですね。EVA父さん、まだまだ勉強が足りないみたいです。
また丹沢・鍋割山名物「鍋焼きうどん」、懐かしく拝読させてもらいました。40年ほど前には良く通ったものです。
ミンゴ先生のブログも楽しみにしています。
それでは。
2007年06月17日 13:22
ブログ見ていただきありがとうございます!
雷鳥さんの見分け方は簡単です。
目の上が赤い派手なのが雄で、ウズラみたいな地味なのが雌です。
冬の真っ白な時期はなかなか見分けがつきませんが…

それから、差支えなければリンクさせてください。
よろしくお願いします。
EVA父さん
2007年06月17日 18:52
ミンゴ先生さんへ
雷鳥の見分け方ありがとうございます。
そう言えば鳥や動物は皆、雄の方が派手でしたね。
しかし人間は・・・
リンクの件、此方こそ宜しくお願い致します。
EVA父さんも早速「お友達」へ入れさせて貰います。

今日?へ、ラストランに行ったのですが、
失敗(撤退)に終わりました・・・
ミンゴ先生のブログを参考に、ラストランに相応しい「お山」を物色中です。  それでは、また。

この記事へのトラックバック