飯豊・緑化復元作業 Part3

復元作業最終日の今日は、梶川尾根を下りながらの登山道補修作業。



                     雲海と朝日連峰 遠望
画像
 (クリックで拡大)



                     朝日を浴びる北股岳
画像
 (クリックで拡大)



●9月24日(月)  晴れ時々曇り


今日は稜線を境に山形県側は雲海、新潟県側は眺望バッチシ、見事な対称となった。
梅花皮小屋脇にて記念写真を撮り、8時13分出発。
                     (丸森尾根を下山なさる方もいて少し人数が寂しくなった)



                        雲海と蔵王連峰
画像

(クリックで拡大)



        雲海と朝日連峰、奥・月山 手前・梶川尾根(小さく三本カンバが見える)
画像

 (クリックで拡大)



              弥彦山・角田山 遠望  手前・赤津山(1,408.1m)?
画像
 (クリックで拡大)



      二王子岳(1,420.3m) 遠望  手前・二の峰(1,642.4m) 一の峰(1,548m)
画像
 (クリックで拡大)



   門内小屋にて休憩し、扇ノ地神~梶川尾根上部へ向けて、9時40分小屋を後にする。


     門内岳(1,887m)と門内小屋                   門内小屋
画像画像












         扇ノ地神(1,889m)                      梶川尾根
画像画像












     梶川尾根上部も裸地が進んでいる。井上さんの指導を受けながら作業開始。
       登山道を少しでも水からの浸食を防ぐ為、「水の道」「ダム&ダム」作り。


                        「水の道」作り                    
画像
 (クリックで拡大)


                        「水の道」作り
画像
 (クリックで拡大)


                  左・「ダム&ダム」と「水の道」作り                 
画像
 (クリックで拡大)


                        「水の道」作り
画像
 (クリックで拡大)



                  作業も終わり、現場にて昼食
画像画像












                昼食も終わり、1時24分下山開始。



             今、飯豊で一番熱いkenrokuさん 梶川峰を走る!
画像
 (クリックで拡大)



                       三本カンバを下る
画像
 (クリックで拡大)



                   五郎清水にて休憩し 2時30分出発。



         湯沢峰への登り返し、たった標高差50mだが三日目の脚には辛い!
画像




         湯沢峰にて、井上さんによる葉っぱで植物の見分け方等々の講習
画像
 (クリックで拡大)



     3時37分、湯沢峰出発 本隊より先行して天狗平ロッジまで一気に下る。



画像画像











          4時・楢の木曲がり、飯豊山荘の屋根が見えた あと一頑張り!
画像
 (クリックで拡大)



4時21分、天狗平へ到着。 本隊を待つ間に濡れタオルにて身体を拭き着替えを済ませる。
       5時10分過ぎ、本隊到着して井上さんの挨拶で解散となった。
       わずか三日間であったが、目的は「一つ」 別れを惜しみつつ家路へ。



井上さんはじめ小国山会の皆さん・松橋ドクター・koizumiさん・吉田さん・ひめさゆりさん・
ハイジさん・綴さん・kenrokuさん・MHさん・清水さん・はたのしゃん・桃パパさん・いっちゃん・
        茶豆姉・さっちゃん・tamoさん・崎尾さん・朝妻さん・樋口さん
        そして他の参加者の皆さんの明るい笑顔を忘れられません!
       今回参加出来なかった方々の後方支援ありがとうございました!
         また「お山」でお会い出来るのを楽しみにしております。

画像
 (クリックで拡大)        (24日・午前8時梅花皮小屋脇にて)

今回の「一石」が来年・再来年・・・へ続き、やがては多きな輪となり、きっと沢山の「実」をつけてくれるでしょう。



Part2はこちら




                      
    












                             

この記事へのコメント

2007年10月02日 19:10
そうですね、来年がより楽しみになりました。
松橋ドクターの名司会ぶりが目に浮かぶこの頃です。
あっという間に飯豊は寒くなりそうです。
今度からは防寒着が離せません(こうみえても寒がり屋です)ね。
EVA父さん
2007年10月02日 21:16
綴さんへ
コメントありがとうございます。
あの3日間は生涯忘れ得ぬ山行になりました。
皆さんの明るい笑顔が今だ脳裏に焼き付いております。
芽吹く頃、また皆さんと賑やかにご一緒したいものです。

先日お話していたテントで何とか行って来ました。テントもイイデーすよ。
MH
2007年10月03日 19:02
EVA父さん、飯豊では大変お世話になりました☆
振り返ると、ほんとにあっという間の3日間でしたね。初めてEVA父さんにお会いした日を思い出します。あれから急展開でしたね!HZUさんの熱い心に、みんなイチコロになちゃったんだと思います(笑)。整備が終わって、飯豊に行く楽しみがまた増えました。来年、再来年と、出来る範囲で関われたらなぁと思います。まずは、良い季節、紅葉を楽しみましょうね!またご一緒できる日を楽しみにしています☆
EVA父さん
2007年10月04日 09:29
MHさんへ
コメントありがとうございます。
いやぁーすっかり飯豊に嵌まちゃいました!
忘れもしません、そのキッカケは9月9日、門内小屋での井上さん・koizumiさん・kenrokuさん・MHさんとの出会いからです。
そして9月15日荷上げで綴さん、その二回の出会いが無ければ感動・怒涛?の三日間はありませんでした。
単独山行が多かったのですが、
お蔭さまで大勢の山仲間が一挙に出来たような気がします。
5人の方々には感謝感謝です!

相変わらず美味しそうな、ご馳走を食べてますね。
次回には、是非ご相伴させて頂きたいものです。
再会を楽しみにしております。
koizumi
2007年10月05日 13:28
part3で完結ですね。本当に今回のミッションが出発の始まりになるとよいですね。23日夜の大宴会は、どうもみなさん急性アルコール性記憶喪失症のためか、臨場感溢れる記述がいまひとつありませんね。
私はいなくて良かった(ほっ)。
さらなるご活躍を祈っております。
EVA父さん
2007年10月07日 17:48
koizumiさんへ
コメントありがとうございます。
「お山」へちょっと出かけてたもんでお返事遅くなりました。
朝日のお山は紅葉見頃でした。飯豊も紅葉良いで~、でしょうか。
今時期はあっちこっちのお山の紅葉が気になります。天気になーれ、ですね。

この記事へのトラックバック