涸沢ベース part2・奥穂高岳(3,190m)

涸沢ベース二日目。
今日の予定は、涸沢~奥穂~前穂~奥穂~涸沢岳~北穂~涸沢の長丁場。
なんとか奥穂から前穂まで往復して、穂高岳山荘へ12時までに戻れれば北穂まで足を延ばせそうだ。全コース岩場歩き、はたしてそこまで脚が持つやら・・・



            前穂高岳より奥穂高岳(3,190m)、鞍部小さく穂高岳山荘
画像
 (クリックで拡大)



    午前4時起床。一面のガスで稜線は見えず、朝食を摂りながら少し様子を見る。
         若干ガスも薄らいで来たので、5時55分二日目のスタート!
         コースは涸沢小屋経由、ザイテングラート~穂高岳山荘へ。



         スタート時のテン場            涸沢小屋手前よりテン場を振り返る
画像画像












          前穂高岳(3,090.2m)                  薄く太陽の日差しが
画像画像












画像画像












               完全にガスも消え青空が出始めた、ラッキー!

                   涸沢岳(3,110m)と涸沢槍
画像
 (クリックで拡大)



              ザイテングラートより振り返る、正面は常念岳(2,857m)
画像
 (クリックで拡大)



           奥穂高岳                       北穂高岳(3,106m)
画像画像












                  7時31分、穂高岳山荘へ到着
画像画像












             穂高岳山荘より、常念岳・蝶槍・蝶ケ岳(2,677m)
画像
 (クリックで拡大)



                    奥穂高岳、目指して


                  涸沢岳と北穂高岳、奥・槍ケ岳
画像
 (クリックで拡大)



                    ジャンダルム(3,163m)
画像
 (クリックで拡大)



           8時15分、30数年ぶりの奥穂高岳 山頂へ到着。

 おもわず「いっちゃん」ポーズ、まだまだ練習不足  「コマネチ」は人が多すぎて・・・残念!
画像画像












                   奥穂高岳 山頂よりの眺望


              手前・乗鞍岳(3,026m)、 奥・御獄山(3,067m)
画像
 (クリックで拡大)



                       槍ケ岳(3,180m)
画像
 (クリックで拡大)



                       笠ケ岳(2,897.8m)
画像
 (クリックで拡大)



画像
 (クリックで拡大)



画像
 (クリックで拡大)



画像
 (クリックで拡大)



                      焼岳(2,455.4m)
画像
 (クリックで拡大)



                奥穂山頂を後に、吊尾根から前穂高岳へ



      吊尾根より、前穂高岳                  吊尾根より、涸沢と常念岳
画像画像















                     前穂が迫って来る
画像
 (クリックで拡大)



          一般登山道では最も難しい奥穂~西穂高岳(2,908.6m)ルート
画像
 (クリックで拡大)



                  10時1分、前穂高岳へ到着
画像




       紀美子平にて小休して再び奥穂へ、小さなアップダウンが脚に応える
画像画像













           吊尾根より振り返る、左・前穂高岳 右・明神岳(2,931m)
画像
 (クリックで拡大)



      もう脚がヨレヨレ状態、もう脚が上がらない! 一歩一歩最後の最後まで



        奥穂の山頂が見えた            12時10分、今日二度目の奥穂山頂
画像画像












        穂高岳山荘へ下る                      涸沢岳と穂高岳山荘
画像画像














          予定より43分オーバーの12時43分に穂高岳山荘へ到着。
      はてさてこれからどうする?北穂を回ってテン場へ戻ったら5時を過ぎてしまう。
        「折角のチャンス行け行け」、「いやいや膝も悲鳴を上げ身体も限界」
        「宿題を残して置けばまた来れるよ」、いろんな「声」が頭を駆け回る。
                         ?
                         ?
                         ?
                       「次回へ」

 そうなると急に、お腹が空いて来たEVA父さん、カレーライス(800円)を注文して大休止。

    涸沢岳往復しても30分足らず、取り合えず山頂を踏んで来ようと、1時15分出発。



         涸沢岳 山頂にて                 北穂高岳、また来るからね!
画像画像













                 涸沢岳より、奥穂高岳と穂高岳山荘
画像
 (クリックで拡大)



                     涸沢岳より、前穂高岳
画像
 (クリックで拡大)



           涸沢岳を後にして穂高岳山荘へ戻り、今日のファイナル。
            ザイテングラートを下りテン場を目指し、2時5分出発。



画像画像












                    紅葉が疲れを癒してくれる


画像画像












画像画像












画像
 (クリックで拡大)



               テン場も近い、昨晩よりテントが増えている
画像
 (クリックで拡大)



3時32分、マイホームへ到着。涸沢ヒュッテへ水汲みへ行き、早々とビールと枝豆で夕食へ。
今晩のメニューは、ウインナー入り味噌ラーメン・五目御飯・焼き鳥缶詰・トマト・キュウリ。
明日の好天を願いつつ、6時前に就寝。


                     おやすみなさい!
画像


*今日の反省点
          あと一時間早くスタートしてれば北穂まで回れたかも?
          朝の様子見が良くなかったようだ。
          やはり「お山」は早立ちに限る。
          でもこれでまた来る口実が出来たし、めでたしめでたし・・・



●2007年10月13日(土)  曇り時々晴れ
●行  程 テン場5:55~7:31穂高岳山荘7:45~8:15奥穂高岳8:25~9:19紀美子平
        9:32~10:01前穂高岳10:10~10:30紀美子平10:45~12:10奥穂高岳
        12:15~12:43穂高岳山荘13:15~13:37涸沢岳13:43~13:55穂高岳山荘
        14:05~15:32テン場      (歩行距離 9.98Km)



                                         part3へつづく

この記事へのコメント

koizumi
2007年10月17日 10:16
もう、お山を駆け巡っている感じですね。
私は行った事のないエリアですが、早川さんの言葉や画像を通して伝わるものがあります。
それぞれの山にその生成の歴史をとおして顕わされたこころがありますね。
早川さんの心象の中にそのこころが豊かに実りますように。
私には飯豊が生涯の山です。

でも、私は飯豊が生涯の山です。
2007年10月17日 17:32
素晴しい景色と紅葉~~!!
本当に来て良かった~~!って、心より思った事でしょうね^^v
ホント、素敵!

でも、ビビリましたよ0--0
前穂まで行って、北穂も・・・なんてEVA父さん・・・羽根でもはえたのか~って・・・(笑)
普通なら奥穂止まり・・・前穂まで行ったのもすごい!
鈍足なんて返上!ですよ^^v
涸沢ヒュッテの生ビール・・・さぞかし、おいしかった事でしょうね~^^

続きも楽しみにしております^^
EVA父さん
2007年10月17日 22:01
koizumiさんへ
コメントありがとうございます。

その人その人夫々に、思い入れのある「お山」がありますよね。
EVA父さんの心の「お山」は、北ア・白馬岳です。
本格的登山の第一歩が白馬岳でした。
その後、何十・何百の山を登りましたが、夫々に感動があり甲乙は点けられませんが、はやり第一歩の白馬岳があったからこそ、途中ブランクはあったものの、いまだに登り続けているのかなー。

昨年、初めて飯豊を登ってその魅力に嵌まってしまいました。
また機会がありましたらご一緒させて頂きたいです。
EVA父さん
2007年10月17日 22:17
みいさんへ
コメントありがとうございます。

むか~し昔のその昔は韋駄天と言われたこともあったのですが、ブランクが長過ぎてカメになりました。
2日目は重い荷物も無いので北穂も狙っていたのですが、後1時間早く出ていたらと、、。でも宿題が残って良かったのかもです。

EVA父さん、実はお酒にめっぽう弱くて、すぐ寝ちゃいます。ビールはそのために飲んでるようなものです。お酒の強い人が羨ましいで~す。

この記事へのトラックバック