巻機山(1,967m)

11月3日、山スキーの偵察を兼ねて巻機山(まきはたやま)へ。



                 ニセ巻機手前より、巻機山(1,967m)
画像
 (クリックで拡大)




巻機山の山スキーは今年3月初めにトライしたが、ニセ巻機(九合目 1,861m)にてタイムアウトの為、止む無く下山してしまった。

もう一つ9月22~24日の三日間「飯豊緑化復元作業」に参加したが、巻機山では30年前か     らボランティアの手で復元作業が続けられているようなので、その現状を見たくて。
      飯豊での作業指導は、巻機山のボランティアグループ代表の松本清さんだった。
      (二年前の10月に二回も登っているのに、その時は意識もせず全然覚えてない)




  家を午前6時10分に出発、桜坂駐車場(500円)7時48分着。(車走行距離 122.6Km)


               駐車場には既に10台前後の車が停車していた。
         (何と香川県ナンバーのマイクロバスまで=遠い所へご苦労様です)
            8時5分出発、登山道は山スキーと同じ井戸尾根コースにした
画像画像












             紅葉は既に終わり、落ち葉クッションの効いた道を進む
画像画像












標高1,050m前後から綺麗なブナ林となる。何とブナ林の間伐がされ、その上雑木まで綺麗に        伐採されて居た。(1,050m四合八勺~1,200m五合三勺まで)      
     このブナ林は滑降時は気持ちの良いツリーラン場所なので、ますます好条件に。
画像
 (クリックで拡大)



                  五合三勺より上の藪藪ブナ林
画像
 (クリックで拡大)



            9時41分、六合目より天狗岩と割引岳(われめきだけ 1,930.9m)
画像
 (クリックで拡大)



                                     七合目手前より、ニセ巻機
画像画像












          緑化復元は八合目から九合目に掛けてが大規模に行われていた
              丸太で土止めし階段状にしての大掛かりなものだった
画像
 (クリックで拡大)



画像画像












                        登山道は右側
画像
 (クリックで拡大)



        丸太を見ると相当年数は経っているようだが、植生は完全に復元している
画像画像












         出発時は青空も覗いていたが、雲が重く垂れ込始めイヤナ感じ



         11時10分、ニセ巻機にて                      避難小屋
画像画像












             ニセ巻機~避難小屋~山頂へは、所々木道を進む
画像画像












                           振り返る
画像
 (クリックで拡大)



           左側、旧登山道?                    山頂の植生復元
画像画像












    11時46分、山頂標識の在る所に到着               奥中央に巻機本山
画像画像












 標識には「巻機山頂 1,967m」と表示されているものの、GPS標高では1,937mを表示。
         本来の山頂は此処より東方へ500m(約10分)行った所。
では何故、此処に標識が? 100名山ブーム以来、オーバーユースで裸地化が著しいので、
  止む無くこの場所へ? その辺の事情を知ってる登山者は空身にて往復。(約半数位か)



               巻機本山へ、雲が垂れ込め眺望は効かず残念!
画像画像












                 本山から戻り「山頂標識」にて昼食。



            牛ケ岳(1,961.6m)                  コーヒータイム
画像画像












            山スキー偵察・緑化復元も確認したし、12時40分下山開始!



                      ニセ巻機と避難小屋
画像
 (クリックで拡大)



       八号三勺附近からの七合目       五合六勺附近、広がってしまった登山道
画像画像












                    2時48分、登山口へ到着


           寂しげな紅葉             はい、ポーズ! 「EVAネチ」は封印
画像画像












        今日は眺望が効かず残念! そこで二年前の山頂からの眺望。


                     2005.10.13撮影
画像

 (クリックで拡大)



画像
 (クリックで拡大)




★山スキー偵察 
  今回の偵察は滑降時の巻機本山~米子沢源頭~避難小屋へのトラバース(多少の登り    返し有り)~ニセ巻機への登り返しルートの確認。 赤ルートがベストと思われる。  


                       2007.3.04撮影
画像
 (クリックで拡大)



画像
 (クリックで拡大)



画像
 (クリックで拡大)




●日  時 2007年11月3日(土)   曇り時々晴れ   単独
●行  程 桜坂駐車場8:05~9:41六合目9:55~11:10ニセ巻機~11:16避難小屋11:25        ~11:46山頂標識11:50~12:00巻機本山~12:07山頂標識12:40~12:50
        避難小屋~13:01ニセ巻機~13:42六合目13:52~14:48桜坂駐車場
                                         (歩行距離 11.29Km) 
        




 
           




この記事へのコメント

2007年11月05日 17:35
どこかに行かれてるだろうな~って、のぞいたら・・・
や・は・り!! 巻機山でしたか・・・^^

ここは数年前のGWに行きましたよ~^^
まだ、雪がいっぱいで、山スキーヤーがたくさん・・・^^
(その時、まだスキーをしていなかったので・・・)
スキーヤーをうらやましげに横目で見ながら登りました・・・^^
ニセ巻機あたりで幕営して、好天の中、谷川岳や越後の山々を見ながら
宴会ヶ岳・・・それはもう、最高の肴・・・0^^0

次はスキーで行きたいなぁ。。。なんて・・・行けるんかなぁ・・・
(汗)
でも、おうちから1時間半で桜坂の駐車場ですか・・・^^
うらやまし~~~い^^
あ~山に行きたいです。。。(ぼそっ!)
事務局
2007年11月05日 18:09
お晩で!!
巻機山で山スキーの偵察を兼ねて朝早くから寒いのにご苦労さまで・・・
本当は、山へ登りたくて・・・という感じで・・・紅葉もだいぶ終わっていますね。膝の調子分からず25日角田山から登ります。
kenroku
2007年11月05日 20:35
 「EVAネチ」は封印って、もしかして私が余計な事を言ったからでしょうか?
ごめんなさい。
私の方ではかみさんが雪形EVAネチにチャレンジしました。
雪形よりも雪に飛び込んだ格好の方が笑えました。
起き上がると顔がパン食い競争の後みたいになっていました(笑)
EVA父さん
2007年11月05日 21:18
みいさんへ

いつもコメントありがとうございます。
私にとっては今時期は山登りと山スキーの端境期というか何と言うか気持ちがダラダラして、晴れたら行くぞー、と前の晩思っていても朝目が覚めない・・・のです。
これではスキーに向けての体力つかないと、日帰りできる巻機山へ行ってきたのです。残念ながら眺望はききませんでしたが、山スキー偵察をしてきました。
みいさんは焼山で滑っているのですから巻機山も大丈夫ですよ!
EVA父さん
2007年11月05日 21:22
事務局さんへ

膝は無理すると後々大変ですから大事にしてください。
国上山から角田山までテント泊でのんびり歩いてみたいですね。
雪が降ったら弥彦スカイラインが待ってますよ!早く膝治してください。
EVA父さん
2007年11月05日 21:30
kenrokuさんへ

コメントありがとうございます。
「EVAネチ」は一人でやってもいまいちで・・・。やっぱ3人位いないと様ならない?みたいです。「雪形コマネチ」とは!アイディアが次々へと湧き出てくる、すごいです。う~ん、EVA父さんの頭は絞っても何も出てこん?
2007年11月05日 23:01
EVA父さん、巻機山へ来ていたんですか。以外に近いところに居たんですね。

私は越後三山の盟主 中ノ岳に居ました。朝は私の方が早かったので無理でしょうが、帰りは六日町辺りでクロスしたかもしれませんね。知っていれば携帯電話で連絡取り合って蕎麦を一緒に、なんて考えたら楽しくなりました。

EVA父さんが飯豊にはまっているように、私は利根川源頭のこのエリアに急激に関心を持ち始めました。来年、裏越後三山を通って利根川水源碑のある大水上山から越後三山を縦走するという、大それた計画を検討中です。荒沢岳から灰ノ又山にかけてボランティアで刈払いが行われているそうです。

次は、どこへ行くのかな?私は、少しおとなしくして膝を休めます。
2007年11月06日 13:08
巻機でのスキー楽しそうですね~、来春が待ち遠しいですね!
私も来年こそは巻機滑りたいと思っていましたので、とっても参考になりました☆
ところで質問なのですが、「ニセ巻機」と「前巻機」は同一のピークなのですか?
EVA父さん
2007年11月06日 14:42
アベル父さんへ
ほんの目と鼻の先にいたなんて!
その日は、しゃちょさんも茂倉岳を登っていたようです。

生姜畑周辺から眺める中ノ岳は、重量感溢れる姿は正に越後三山の盟主に相応しい「お山」ですね。

昨年、10月荒沢岳から灰ノ又山方面を眺めたら刈り込みが確認されました。
今年10月に歩かれた方の記録を見ますと、荒沢岳~兎岳4時間半~5時間位ですね。
越後三山~裏三山、長丁場ですので何処に泊まるはがポイントになるようです。巻倉山~源蔵山鞍部当たりには「テン場」「水場」もあるようなので、
やはりテント山行が良いみたいですね。
(中ノ岳・丹後山避難小屋にはポリタンク天水はありますよ=時季が遅くなると撤去されますが)

EVA父さん
2007年11月06日 15:06
ミンゴ先生さんへ
コメントありがとうございました。

早速、地図で確認しましたら、「前巻機」「ニセ巻機」は1,961mの同一ピークでした。昔から「ニセ」「ニセ」と言ってたものでついつい・・・
今後は改めさせてもらいます。

今年3月に行った時、丁度2名の方が滑り降りて来ました。
トラバース・登り返しには大分時間が掛かるだろうなーと止めにしましたが
、今回の偵察でそんなに時間が掛からないように思いました。
来春、再チャレンジです。

このエリア、守門岳・浅草岳・平標山等々、
まだまだ沢山ありますので、ご遠征下さいませ。

koizumi
2007年11月06日 17:31
明日、天気よさそうなので。
ごそごそと行って来ます。
EVA父さん
2007年11月06日 19:20
koizumiさんへ

koizumiさんが行かれるのならご一緒したかったのですが、明日は生憎都合悪く、、、。いつかまた機会がありましたら!
楽しんできてくださ~い。
2007年11月07日 10:18
名前は「ニセ」のままがいいと思います(^^)/
質問させて頂きましたのは、ツッコミではなくて、追々出掛けたときに「ニセ」まで登ってからさらにもし「前」があったら精神的ショックが大きくなると思ったのです…(笑)
だったら地形図読めよ!と自分でボケツッコミです(汗)

守門・浅草・平標。。。ついつい涎が出てきました。
早く春よ来い!その前に雪よ降れ~!!
EVA父さん
2007年11月07日 20:23
ミンゴ先生さんへ
それにしても雪が降る気配が無いですねー。
昨年H先生と名人は、11月8日から毎週滑ってましたもんね!
今年も少雪なのかなぁー・・・
ここらで、お互い雪乞いでもしましょうよ。
kozumi
2007年11月08日 18:25
無事行ってまいりました。
新潟側に雲が湧いていましたが、山形側、福島側ともに上天気で少し風が冷たかったものの、小春日和と言ってよい穏やかな一日でした。10年振りの「だれにも会わない」日(?と感慨に浸りながら下山していたら、切合の分岐で川入からの登山者1名に会ってしまいました。残念!別に人間嫌いではないのですが。
この時期の山肌の色合い、とくに好きです。いい一日でした。
GWの飯豊など、ご一緒できればよいですね。
2007年11月08日 19:05
EVA父さん、ミンゴ先生、今晩は

ニセ巻機山のままでいいんじゃないですか。永らく親しまれている名前らしいですから継承したいものです。

巻機山は、2006年6月に残雪を踏みしめて初めて登り、今春の3月にスキーで挑戦しましたが、ニセ巻機山の手前で敗退。次回は、頂上から滑りたいですね。

なんか、アドレナリンが出てくる感じで思わずコメントしてしまいました。
EVA父さん
2007年11月08日 21:17
koizumiさんへ
お疲れ様でした。
新潟の方は雲も多く心配してましたが、山形・福島側上天気でしたか、いやー良かったですね!
そうすると、やはり大日杉からのピストンですか?
私にはこの日の短い時季、とっても無理そうですね。
先日の一泊山行は登り7時間、下り6時間も掛かってしまいました。

GW是非行ってみたいものです、その節は宜しくお願いします。





EVA父さん
2007年11月08日 21:36
アベル父さんへ
確かニセ巻機で13時頃になっていたので、避難小屋まで滑り降り、またシールを着け本山まで登り、シールを外して滑降し、またまたシールを着けてトラバース・ニセ巻機へ登り返しにかなりの時間が掛かると思い止めにしてしまいました。
でも今回の偵察でそんなに時間が掛からない事が分かりました。
好天にも拘わらず勿体無いことをしてしまいました。
やはり事前の偵察が大事ですね、教訓でした!