月山(姥ヶ岳~牛首周辺)

08年7月2日(水)、この時季の定番『お花見とおまけスキー』で月山へ。




                              ヒナザクラ
画像
 (クリックで拡大)




★お花編
           姥沢からだとリフトを利用出来、お手軽に初夏のお花を楽しめる。




        オオバキスミレ                                   ミヤマスミレ
画像画像














                          リフト乗り場のニッコウキスゲ
画像画像















                       リフトは15分で上駅(標高約1,500m)へ。
           此処からはスキーを背負い、姥ヶ岳~金姥~紫灯森の夏道コースを歩くことに。




                             ハクサンチドリ
画像
 (クリックで拡大)




         ベニバナイチゴ                              ショウジョウバカマ
画像画像














                              ヒナザクラ
画像
 (クリックで拡大)




                           ヒナザクラ群生と月山
画像
 (クリックで拡大)




                             イワイチョウ
画像
 (クリックで拡大)




                              チングルマ
画像
 (クリックで拡大)




                               遠く鳥海山
画像
 (クリックで拡大)




                        姥ヶ岳より、コバイケイソウと月山
画像
 (クリックで拡大)




                 山開きが1日だったせいで、平日にも拘わらず大勢の登山者が。




         ミヤマウスユキソウ                              ハクサンイチゲ
画像画像














             ?                                         ?
画像画像














           モミジカラマツ                               ヨツバシオガマ
画像画像














           マイズルソウ                              ウラジロヨウラク
画像画像














          シロバナクモマニガナ                           ミツバオウレン
画像画像














           ツマトリソウ                                  イワカガミ
画像画像















★おまけスキー編


                6月30日で姥の大斜面と沢コースはクローズとなっている。
                  姥ヶ岳山頂下に二本のTバーリフトが稼動している。



                    リフトを下り、スキーを背負って姥山頂を目指す。




          姥ヶ岳                                  リフト上駅を振り返る
画像画像
















                      昨年は「お花見」後Tバーリフトで遊んだ。
                しかし距離もコブライン70~80m前後しか無く楽しめないので、
          紫灯森・牛首周辺で適当な斜面を見つけてハイク(病気?)しながら滑ることにした。




                              朝日連峰
画像
(クリックで拡大)




                      姥ヶ岳山頂より、さぁ~て何処を滑ろうかなー・・・
画像





                    紫灯森手前より、歩いて来たコースを振り返る
画像
 (クリックで拡大)




                            遠くに鳥海山
画像
 (クリックで拡大)




              今日の一本目は此処を滑ることにした 
                              紫灯森直下(標高1,685m)~西俣沢方向へ
画像
 (クリックで拡大)



                      
   雪は先まで繋がっているものの、標高1,515m附近でストップ。距離720m 二分少々。
             雪面はスプーンカットぎみのガリガリ君。二週間ぶりの滑り=ヤメラレまへんなぁー。




                              振り返る
画像
 (クリックで拡大)




                          スタート地点へ登り返し
画像
 (クリックで拡大)





              冷やしておいた水・コーヒー・デザート等で、ノンビリ・まったりの昼食に
画像画像













                      他に3~4人の山スキーヤーは居るものの、
          皆さん適当な所でスキーをデポして山頂へ向かってるようで、EVA父さんの独り占め!




                    さて次は? やはり雪の繋がっている最高点まで
画像
 (クリックで拡大)




                         スキーを背負い夏道を進む。




                              金剛沢方面
画像
 (クリックで拡大)




         今日の山頂は標高1,810m地点の此処
                   二本目のコースを観察し、そして三本目も・・・(あんたも好きね~)
画像
 (クリックで拡大)




              標高1,535m附近にてストップ。 距離1,300m  三分のお楽しみ!
                木道を進み、雪の繋がっている姥ヶ岳直下まで登り返す。




                               雪解け
画像
 (クリックで拡大)




                         登り返し途中から、月山方面
画像
 (クリックで拡大)                   青=一本目  緑=二本目




                   姥ヶ岳直下(標高1,660m)より、リフト上駅へラストラン!
                            今日の? 今シーズンの?
画像
 (クリックで拡大)



                    標高1,525mでストップ 距離600m 一分半。


             Tバーリフトでは、20名前後の方々が残り少ないシーズンを楽しんでいた。


         たまには目標(山頂等)も無く、今回のようにノンビリゆったりした山スキーも良いもんだ!


               下山後、五色沼湖畔の「五色屋旅館」(500円)にて入浴して帰路へ。





                  【くろゆり情報】=by 月山スキー場・ホワイトボードより  
 
                   月山 山頂付近では、くろゆりが咲き始めたようです
画像
 (クリックで拡大)






★月山と云えば「根曲がり竹」
画像














   お勧めレシピ
      *包丁目を入れて皮付きのままオーブン又はグリル(電子レンジではラップに包んで)で焼いて、
        味噌マヨネーズを付ける。

      *味噌汁の場合は=水から煮干と一緒に30分位グツグツと、その後味噌を入れる。

      *天ぷら、煮物、竹の御飯 等々。

  
                     



この記事へのコメント

じゅんこ
2008年07月04日 11:51
おぉ!
やっぱ、まだ滑ってますね(^^)まだ、隠しネタありですか?
流石ですなぁ~今年は『登り返し病』も数々・・・。
花良し、滑って良しの月山なり~♪
帽子似合ってますね!
2008年07月04日 14:51
わ~~すごいお花~♪
すごい!としか言いようが。。。

そして、最後の最後まで~やっぱ
板履いてるぅ~~~声(大)

こうなりゃ~今週末も履いちゃって下さい!

あ~お花を見に、益々行きたくなりました^^v
越後屋父さん
2008年07月04日 16:17
じゅんこお代官様へ
おーおーお代官様、お許しを!
も~隠しネタも品切れ?状態で・・・

この時季の月山はお手軽に登れ、
ノンビリ・ゆったり出来、シーズンのクールダウンには丁度良いです。
EVA父さん
2008年07月04日 16:28
みいさんへ
何時まで板を履くんでしょうかね~?
もう痛痛しい限りで・・・・誰か!止めてちょうだいなんてね!

みいさん・ペンギンさんも、
7月後半に月山・鳥海山へ遠征なさるようですが、
お花を見るには、一番良い時季だと思います。
きっと素晴らしい「お花」が出迎えてくれますよ!
ミンゴ先生
2008年07月05日 12:10
やっぱり月山は花が凄いですね~!
おっさんも月山に行ってみたいでーす!(^^;)
来年は自分の手でネマガリダケを収穫するぞぉ!

大キレットも花が咲き始めていて、夏山モードに入っていました。
スキーとブーツを担いでの沢登は、さすがにアホらしく思いました(笑)
なのでわたしは終了するのに迷いはなくなりました。

あれ?EVA父さんは迷ってます??
EVA父さん
2008年07月06日 10:16
ミンゴ先生さんへ
フキノトウ以来、すっかり山菜に嵌まったようですね。
山菜はその時季その時季の旬を食べると美味しいですね。
雪消えとともに姥~牛首稜線を歩いていると、竹藪(笹)がガザゴソ音を立てて揺れてます。 
ん!熊かな?と見ると、おっさんがあっちにもこっちにも、
がっさんがっさんネマガリを採っていますよ。

7~8月、月山・朝日・飯豊(鳥海山は花の時季未登)は、まさにお花の「お山」です。是非にご遠征下さいませ。
            (何時でも露払い致しますよ!)

>あれ?EVA父さんは迷ってます??
??・・・もう月山が次ぎの足慣らしだったりして?
かず
2008年07月08日 20:56
月山ってこんなにたくさんの花が咲くところだったんですね。
この時期には行ったことがないので知りませんでした。
6月でも結構咲いていたのかな?

にしても、頑張ってますね!
どうせなら雪が降るまで滑り続けて欲しいものです~
EVA父さん
2008年07月09日 19:14
かずさんへ
いやぁーそれはもう百花繚乱、カメラが忙しいですよ。
       (ちょっとオーバーかな?)
弥陀ヶ原側から入ったことがないので、そちらは知りませんが、
スキー場側ですと、姥~金姥~紫灯森~牛首間の尾根筋から雪消えが始まります。
雪消えを待っていたかのようにポツポツと咲き始めます。
例年ですと6月下旬からが良いようです。
この頃ですとお花見とスキーも楽しめますので、
一挙両得な感じですし、汚れるのを覚悟であればネマガリダケもゲット出来ますよ!

>どうせなら雪が降るまで滑り続けて欲しいものです~
昔むかしまだ血気盛んな頃(今も?・・・)、
8月に「大雪城」で滑った覚えはあるのですが、
今はもーう・・・・ちょっとね!

かず
2008年07月09日 23:57
ここ数年6月上旬に訪れていましたが、まだ時期的には早いようですね。

大雪城は万年雪なんですかね?
清川行人小屋泊なんていうのももっと早い時期ならなんて気もしますが、
こちらからは450kmもあるのでなかなか行けそうにありません・・・
EVA父さん
2008年07月10日 17:23
かずさんへ
>大雪城は万年雪なんですかね?
例年秋には消えるようですが、年によっては残ることもあるようです。

>こちらからは450kmもあるのでなかなか
ちょうどこちらから富士山位の距離ですね。
まぁー精々、片道300km前後までですねー。

ガソリンの値上がりは、一体何時まで続くのやら?