水晶岳(2,986m)一日目

先日の黒部五郎岳・薬師岳から眺めた「お山」で、一番存在感のあった水晶岳。矢も盾も堪らず30数年ぶりに行って来た。(これって、やっぱり病気・・・) 単独にて。




                      鏡平山荘を後にして、槍ケ岳方面を振り返る
画像
 (クリックで拡大)




       新穂高温泉からの入山は初めて。明るい内に着きたく、前日の午後1時52分に家を出発。
       新穂高温泉に7時08分到着、左俣登山口を確認してから車中泊。(車走行距離 311.2km)




★9月23日(火)一日目



           予定は双六小屋経由三俣蓮華岳テント場へ。(場合によっては双六テント場まで)




                      午前4時起床し、朝食・準備して5時08分出発
            駐車場                                    バスターミナル
画像画像













         6時01分、笠新道登山口                 6時32分、わさび平小屋(休憩13分)
画像画像














                      標高が上がるに連れ、周りの山々が見えて来た。
                   秩父沢前後から、下山して来る登山者とスライドし出した。




                           槍ケ岳(3,180m)方面
画像
 (クリックで拡大)




                           穂高岳(奥穂3,190m)方面
画像
 (クリックで拡大)




                         焼岳(2,455.4m)と乗鞍岳(3,026m)
画像
 (クリックで拡大)




            出発して4時間近く、足元は安定してるもののゴーロ帯が続き肩のザックが・・・
                    9時05分、シシウドガ原(2,090m)にて10分休憩。





                           抜戸岳(2,812.8m)方面
画像
 (クリックで拡大)




                           鏡平にて、槍ケ岳方面
画像
 (クリックで拡大)




                            鏡平にて、穂高岳方面
画像
 (クリックで拡大)




    10時00分、鏡平山荘に到着 大勢の登山者が休んでいる 泡アワ(コーラ)で喉を潤す(25分休憩)
画像画像















画像画像

















                      11時30分、弓折乗越に到着。(10分休憩)




                           弓折岳(2,588.4m)方面
画像
 (クリックで拡大)




                             双六岳(2,860.3m)
画像
 (クリックで拡大)




                   ようやく双六小屋が見えた(後方・鷲羽岳 2,924.2m)
画像
 (クリックで拡大)




                        笠ケ岳(2,897.8m)の頭もモッコリと
画像
 (クリックで拡大)




                          12時48分、双六小屋に到着
画像画像















                        双六小屋より、鷲羽岳方面
画像
 (クリックで拡大)




     三俣山荘まで二時間余り。雲が出始めたものの持ちそうなので、1時10分双六小屋を後にする。




                          巻道ルートを進むことに
画像
 (クリックで拡大)




画像
 (クリックで拡大)




画像画像















                            大天井岳(2,921.9m)
画像
 (クリックで拡大)




                            丸山(2,854m)を巻いて
画像
 (クリックで拡大)




               カール状のお花畑が続き素晴らしいが、小さなアップダウンが辛い!




                              紅    葉
画像
 (クリックで拡大)




                        三俣蓮華岳(2,841.2m)の頭が見えて来た
画像
 (クリックで拡大)




画像画像















                 振り返る、「最後の最後まで」と槍・穂高が背を押してくれる
画像
 (クリックで拡大)




                        ようやく三俣峠、後は下るだけ!
画像画像
















                目の前に、明日登る鷲羽・ワリモ(2,888m)・水晶(2,986m)が!
画像
 (クリックで拡大)




                            薬師岳(2,926m)
画像
 (クリックで拡大)




                            三俣山荘が見えた~
画像
 (クリックで拡大)




                        テント場と水場(すでにテント4張)
画像画像















                          3時45分、三俣山荘に到着。


                            
            出て来る時の天気予報では、日本海を低気圧が通過するので夜は雨。
                   テント装備(食料含む)を背負って来たものの・・・
                          
                  
                            さぁ~て、どうする?

                                 ?

                                 ?




                  軟弱EVA父さん、山荘に素泊まり(5,500円)にする事に
画像





           自炊を済ませ、6時前に布団に入ると、 ん!雨音が、だんだん強くなり風も・・・




                          雨音が、やがては子守唄に!




●日  時 2008年9月23日(火)    晴れ

●行  程 新穂高温泉5:08~6:01笠新道~6:32わさび平小屋6:45~9:05シシゴガ原9:15
        ~10:00鏡平山荘10:25~11:30弓折乗越11:40~12:48双六小屋13:10
        ~15:45三俣山荘      (歩行距離 14.20km)






                                          二日目につづく




 

この記事へのコメント