燧ケ岳(2,356m)一日目 

10月19~20日、この時季の尾瀬ケ原の草紅葉が見たくなり、テント泊にて単独で行って来た。




                         熊沢田代より、燧ケ岳
画像
 (以下、クリックで全て拡大)




★10月19日(日)一日目


                    当初、今週はお休み週間にしようと思っていたが、
            夜の月がとっても綺麗なので、近場の避難小屋へでも行ってみようかなぁと・・・



  それが、この時季の尾瀬ケ原の草紅葉もいいなーとなり、30数年ぶりに尾瀬ケ原を歩きたいとなった!




                            前夜車中泊。
     行きは途中で暗くなってしまうので、家~只見~桧枝岐経由で。(車走行距離 222.2km 4時間)




       午前6時05分、御池駐車場を出発                木道の次ぎは、濡れたゴーロ帯
画像画像















                       ゴーロ帯を登りだすと、左膝に違和感が。
              左膝を庇うように、出来るだけ右膝と両ストックに体重を掛けるように。




        駐車場真向かいの、大杉岳(1,921.4m)                 6時57分、広沢田代
画像画像
















                               池   塘
画像





                             岳樺とオオシラビソ
画像





                 7時50分、熊沢田代に到着  平ケ岳(2,139.6m)方面
画像





        左膝、今のところ小康状態。 この辺りに来ると尾瀬だけにオーゼーの方々が登っている。




                           熊沢田代を振り返る
画像





                      8時48分、標高2,230m附近にて10分休憩。




                      田代山(1,926.3m)・帝釈山(2,059.6m)方面
画像





                   燧ケ岳は双耳峰、9時18分「俎嵓」(2,346m)に到着
画像





                   18kgのザックを背負って、まぁ~まぁ~かなー。
       途中で何回かお話した、燕市からの4人グループは2時間20分だそうだ、早い人も居るもんだ!


       でも早くても賞品が出る訳じゃー無く、山は競争じゃー無いよな。(と、自分に言い聞かせる)




                           会津駒ケ岳(2,133m)方面
画像





                              尾瀬沼方面
画像
        「あのお山はナンテーの? そんなお山はシラネー」、うーん調子が出て来ちゃいました




                    9時28分、俎嵓を後に  もう一峰の「柴安嵓」へ
画像





                       9時48分、「柴安嵓」(2,356m)に到着
画像





                            越後の「お山」方面
画像





                             尾瀬ケ原方面
画像





          10時07分、山頂で眺望を楽しみ尾瀬ケ原へ下山する。(山頂にてオニギリを食べる)




                            急なゴーロ帯を下る。
 



                       また悪夢が!、剣岳をピストンして下山時の事。
           左膝が痛くなり庇っていたら、今度は右膝を痛めてしまい完治するまでに六ヶ月も!




                  着地の時は、出来るだけ体重を両ストックへ掛けながら
画像





                         苔むした感じ 北八も良いなぁー
画像画像
















                       12時08分、尾瀬沼からの木道に出合う
画像





                 アレ~木道巾が昔の倍にも!時代の流れを感じずには・・・。



      しばらく進むとテント場の看板                     12時20分、燧小屋に到着
画像画像















                     小屋でテント場の受付(800円)を済ませテン場へ。




              我が家を建て  コーヒーとドーナツで至福の一時  ノンビリ・まったりと
画像画像















                   2時00分、さぁーお楽しみ30数年ぶりの尾瀬ケ原へ。




            日曜日のこの時間「見晴らし十字路」もひっそりと  もう店仕舞いした小屋も
画像画像
















                          燧・見晴十字路を振り返る
画像





           これが良いんだなぁー  ♪今は~もーう初冬~誰もー居ない~尾瀬ケ原~♪
画像





          一人ご満悦で先へ歩を進めると、EVA父さんと同じ様な方が居ました居ました!
画像


                EVA父さん「こんにちは」 「・・・・」 銅像の様にピタリとも動きません。
        「♪ド~ゾ~このーま~ま ド~ゾ~このまーま♪」と言われそうなので、歩を進めることに。





画像画像
















                                          2時56分、予定の中田代三叉路に
        木道の大規模な改修                           テン場から約4km
画像画像
















         ここからは東電小屋経由で戻ることにした。 東電小屋まで3.3km、まだまだトーデーン。




                           逆光の至仏山(2,228.1m)
画像





                            景鶴山(2,004m)方面
画像





             警 鐘
   (熊に此れから人が通りますよと教える)                           白 樺
画像画像















              またまた鐘が!熊鈴はテン場い置いて来たし、?クマッタなぁー・・・
                    (結局、東電小屋までに三箇所も鐘があった。クマ~イ




                         夜っぴで流れる、ヨッピ橋を渡る。




                            一人寂しく? ポーズ
画像





             心配した膝もまあまあ、でも登山口からだと16km余り、もうヨレヨレ。






        3時43分、東電小屋通過                                只見川
画像画像
















                          草紅葉  テン場まであと僅か
画像





                     4時20分、テン場に到着  この日のテント4張り
画像





         夕食メニュー 枝豆・ビール(135ml)・焼き鳥缶詰・オニギリ・お新香・お代官様ラーメン
画像画像
















                  「お月見大福」を持って来たが、月を待てずに6時15分就寝。




                  8時半に目が覚めたので、「お月見」!カメラを持って外へ。
                 とてもとてもサーメて、風雅なことは言ってられませんでした。



画像画像















                           お・や・す・み・な・さ・い。




●日  日 2008年10月19日(日)   晴れ

●行  程 御池駐車場6:05~6:57広沢田代7:10~7:50熊沢田代~8:48標高2,230m8:58
        ~9:18俎嵓9:28~9:48柴安嵓10:07~12:08木道出合い~12:20燧小屋

       テン場14:00~14:25竜宮小屋~14:56中田代三叉路~15:30東電小屋~16:20テン場
                                                 (歩行距離 18.50km)






                                              二日目へつづく




この記事へのコメント

かず
2008年10月21日 23:18
膝は大丈夫でしょうか?
シーズン間近ですのでご無理なさらぬようご自愛ください。
ギャグのほうは絶好調ですね~

夕方の番組で尾瀬が取り上げられていました。
鐘は熊が出没しやすい所を選んで6カ所に設置されているそうです。
また熊から人間、人間から熊が認識しやすくなるように木道の嵩上げ
もしたと報じていました。

2日目のレポートも楽しみにしてま~す!
EVA父さん
2008年10月22日 12:30
かずさんへ
>膝は大丈夫でしょうか
お蔭様で大事に到らずに済みました。
これからいよいよシーズンを向かえますので、お互い無理しないようにしましょう。
親父ギャグですみません

三叉路~東電間は、景鶴山の裾を通るので要注意ですね。
尾瀬ケ原の木道、かなり大規模に改修中でした。
そう言う意味合いがあったのですか。

人間も熊も智恵を出し合って、危険回避ですね!