荒沢岳(1,968.7m) partⅠ

10月8日(水)、紅葉を見に、「越後の穂高」と云われている荒沢岳へ単独にて。




                          前嵓手前より、荒沢岳
画像
 (クリックで拡大)




              一昨年の10月28日に登った時、もう既に上部の紅葉は終わっていた。
                     今回は特に、岩と紅葉のコントラストが見てみたくて。




           家を午前5時05分出発。 銀山平駐車場に6時39分、5番着(車走行距離 111.6km)



               三重ナンバーの隣へ。「今年はやけに三重に縁があるなぁー」・・・・
              ん?・・・何処かで見たような車? 持ち主の方は、登山者と会話中。



        もしかして今年の5月、「道の駅 鳥海」で、お会いした三重のKさんでは?    
                               やはり・・・



あれ~・・・?今日はどうして此処に?
                    4日・5日テント持参で平ケ岳へ行って来ました
                下山後、荒沢・越後駒・守門・浅草岳を登る積もりが天気が悪くてぶらぶらと

じゃー一緒に登りましょうよ
                    雨も降ったし、明日にします

此処は朝何時も霧が発生するので、その内上がりますよ
                                いやぁー明日にします

3時頃に戻りますので、その頃お会いしましょう
                                    待ってます




                     7時08分、三重のKさんに見送られ歩き出す
画像
 (以下、クリックで全て拡大)




画像





画像





                          いちじ、ガスはこんなに濃く
画像





                でも予想通り、8時半 標高1,260m附近でガスが動き出した
画像





                             奥只見湖方面
画像





                          中央・未丈ケ岳(1,552.9m)
画像





                           標高1,330m この看板が
画像





                       標高1,430mまで、鎖と梯子の繰り返し
画像





                         難所の前嵓(1,536m)が見えた!
画像





                         上部に三人の先行者が見える
画像





                          遠くに越後駒ケ岳(2,002.7m)
画像





                         見下ろすと、銀山平のキャンプ村
画像





                     標高1,400mまで、トラバース下降して、いよいよ鎖場へ
画像





                      鎖場中間にて、標高1,430m方面を振り返る
画像





                      スタンス・ホールド・鎖等は確り安定してる
画像





                           
画像





                 まだ鎖は続くものの難所は通過、 ヤレヤレホッ! 振り返る
画像





                            紅葉が素晴らしい!
画像





                   9時45分、前嵓に到着  正面に荒沢岳(1,968.7m)
画像





                           10時00分、前嵓を後に
画像





                            前嵓方面を振り返る
画像





                              奥只見湖方面
画像





                             
画像




                               山が燃え
画像





                            EVAとうさんも? 萌え萌え~
画像





                               谷には残雪も
画像





                        山頂に続く稜線に、あと僅かガンバンベー!
画像





                             稜線に出て、振り返る
画像





                          山頂まで、あと三つの壁を越えて
画像





画像





                                最後の壁
画像





                11時23分、荒沢岳山頂に到着  真似っこ父さん=ボルトだどー・・・
画像





                                           partⅡへつづく




この記事へのコメント

koizumi
2008年10月10日 08:18
いい山ですね。
近くだったら、通っちゃいそうです。
ひゃー、でも遠いですねぇ。山での行動時間より車での移動時間の方がはるかに長くなりそうです。日帰りはとても無理そう・・・。
12,13の両日、飯豊入山とのこと。どうぞ、お気を付けて。
12日、弥平四郎から久し振りに日帰りとも考えていたのですが、可能性はかなり低くなってしまいました。天気よいといいですね。
ミンゴ先生
2008年10月10日 10:01
紅葉も山も素晴らしいですね☆
あっちこっちで紅葉まっさかりですね。

こちらは富士山で自転車背負ったせいか
腰の調子が悪くなって裏剱はキャンセルしました。

なのでEVA父さんのブログで紅葉を見ながら
スキーシーズンに向けてしばらく養生します。
EVA父さん
2008年10月10日 15:06
koizumiさんへ
>いい山ですね
梯子・鎖の連続で緊張は強いられますが、越後では貴重な存在です。
「小粒でも山椒はピリリと辛い」こんな感じの「お山」ですかね。

先輩が近くなら冬でも通いそうですね。
でも冬場は梯子・鎖は撤去だったかな?最近はどうなったのだろう・・?

可能性はかなり低くなって・・・
先輩とお会い出来るチャンスだったのに、残念です。
でも可能性は残っているようで、期待しちゃおーかな?

いずれにしても、今週末の飯豊は賑やかになりそうですね。



EVA父さん
2008年10月10日 15:19
ミンゴ先生さんへ
富士山の後しばらく更新が無かったので、どうしたのかな~とは思ってましたが・・・
腰ですか、シーズンインもあと僅か、無理せずお大事にして下さいませ。

>裏剱はキャンセルしました
EVA父さんも、行くチャンス到来?かも
裏剣、仙人池に写る剣が素晴らしいそうですね!

>ブログで紅葉を見ながら・・・
よーし先生の為に、partⅡタップリと紅葉を入れるぞ~