越後駒ヶ岳(2,002.7m)Ⅱ

4月13日(月)、ミンゴ先生「越後遠征」二日目(一日目巻機山)の越後駒ヶ岳へご一緒することに。




                       道行山(1,298.0m)より 越後駒ヶ岳
画像
 (以下、クリックで全て拡大)




           先生とは午前5時45分「道の駅ゆのたに」にて合流し、
                          奥只見シルバーラインを通行し、登山口・石抱橋へ移動。


                         平日のせいか、我々の二台だけ。



                        6時45分 小雨降る石抱橋を出発
画像





                             林道をシール歩行
画像





          雨は時々強く降るものの 柳沢から尾根に取り付く頃 徐々に雲も薄くなって来た
画像





              標高1,064mピークにて一本入れる。 雨も上がりご機嫌な二人



                        駒だけに お馬に乗ってパカパカと
画像





                             あ~ドッコイショ~
画像





                        しか~し 雪が二箇所途切れてる
画像





                           山スキーって辛いの~
画像





                          9時16分、道行山に到着。




                          未丈ヶ岳(1,552.9m)方面
画像





                          9時35分 道行山を後に。




                           駒様!待ってなさ~い
画像





                   小倉山トラバースの時、振り返るも後続者なし。



                     EVA父さん昨日・一昨日に続いての三日目、
               トラバースを過ぎた辺りから脚が上がらず急にペースダウン



                    10時22分、標高1,360mにてまた一本(13分)

                雪は重くシールは濡れ濡れ状態。休憩の度に搾り出す。


               ん?先程まで見えなかった単独登山者が小倉山を過ぎた辺りに。
                      駒の湯~小倉山を登って来たのかな?



                           なんだ坂 こんな坂
画像





                           いよいよ前駒の登りへ
画像




                         一歩一歩最後の最後まで。



                   鳥さん鳥さん 父さんを乗っけてちょうだ~い
画像





                           中ノ岳(2,085.2m)方面
画像





                           平ヶ岳(2,141.0m)方面
画像





                     前駒を過ぎ 今度は駒ノ小屋直下の急斜面
画像





                   ザクザク状態でクトーも効かず 夜這いスタイルで
画像
                     どうして?中部圏の方々はこのスタイルが・・・




                         12時40分 駒ノ小屋に到着。




                             ん?小屋荒らし
画像




                      12時56分 さぁ~山頂へ最後の登りへ。



                      1時11分 山頂に到着  W駒ネチ
画像





                     荒沢岳に向かって槍投げ? 投げやりな
画像





                          八海山(1,778.0m)方面
画像





                        1時57分 山頂を後に滑降へGO
画像




                               動画はこちら



                             駒様!最高らて~
画像





                2時11分 標高1,360mにて 雪に冷やしておいたデザートを
画像




                   小倉山~道行山鞍部から、シールにて道行山へ。



                       2時58分 道行山に到着(休憩13分)




                              毛猛三山
画像





                               ブナ林へ
画像





                            3時39分 林道出合い
画像




        途中からシール歩行へ、「行きは良い良い、帰りは怖い」帰りの林道は辛ろ~ござんす




                         いんやぁ~ゴールが見えた
画像




                           4時38分 石抱橋に到着



                      闘い済んで 駒様もお見送り またね~
画像




             雪が重たいのと連戦の疲れもあり、今日は10時間コースになってしまった。


                 明日もミンゴ先生と同行する積りで仕度をして来たが、
       今日の状態では反対にご迷惑をお掛けしそうなので、申し訳ないがギ・ブ・ア・ッ・プ

                 明日の予報は芳しくなく、先生は半日で行ける「お山」にするそう。

  
          「折立温泉ゆのたに荘」にて汗を流し、ミンゴ先生とは此処でお別れし家路へ。


                      ミンゴ先生「越後遠征」お疲れ様でした。
                         またご一緒させて下さいませ


                   *ミンゴ先生撮影の写真・動画も使用させて頂きました。




●日  時 2009年4月13日(月)   小雨のち晴れ

●行  程 石抱橋6:45~7:28柳沢出合い~9:16道行山9:35~10:22標高1,360m10:35~

        12:40駒ノ小屋12:56~13:11山頂13:57~14:11標高1,360m14:22~

        14:58道行山15:11~15:39柳沢出合い~16:38石抱橋  (歩行・滑降距離 16.91km) 

 
 

この記事へのコメント

カモシカ永井
2009年04月17日 08:01
こんなところにシーズン2度も登るなんて。
軟弱父さんなんてウソだ。
今じゃ越後でも有名な強勢(軟弱の反対?)父さんだ。
昨年の秋のことを思い出しています。
来週はお近くへお出かけします。
ミンゴ先生
2009年04月17日 11:31
3連投の3日目に寝不足のまま一番キツイ山にお付き合い戴き重ね重ね感謝感謝でございます
おかげさまで素晴らしいお山を満喫でき大満足でございました
もしわたし一人なら、朝雨が降っていた時点で止めてました(笑)
こば
2009年04月17日 14:11
三連荘お疲れ様でしたw
留守のカキコ役、わんこ母さんの心中お察しします(笑

周辺はクラック目立ちますが、駒は暫く滑れそうですね♪
かめ・はいはい
2009年04月17日 18:03
3連父さん  お疲れ様でした

そしてあの画像ありがとうございます
桧 百字 中岳 毛猛とお見受けいたします
8日後お尋ねいたす予定
恐惶万端よろしゅうお頼み申します
軟弱父さん
2009年04月17日 19:05
カモシカ永井さんへ
なにをおしゃるカモシカさん!
軟弱父さんは登山道のある「お山」しか、決して藪こぎなんて・・・

いよいよ長野マラソンですね
次週から越後の難山が続きますので、
あまり無理なさらずに完走だけめざし、余力を残してて下さいませ
EVA父さん
2009年04月17日 19:13
ミンゴ先生さんへ
越後遠征お疲れ様でした。
越後の「お山」も微笑んでくれたようで、めでたしめでたし

やはり四連投は・・・、でもアベル父さん・ミンゴ先生・EVA父さんそれぞれ三連投、こちらもめでたしめでたし

次は北アでしょうかね
EVA父さん
2009年04月17日 19:38
かめ・はいはいさんへ
先週末に知り合いの方が「太郎助山」まで入られたようなんですが、
下部は藪がかなり煩かったようです


でも最強コンビK&Kさんであれば見事突破できるものと・・・
EVA父さん
2009年04月17日 20:13
こば師匠さんへ
>三連荘お疲れ様でした・・・
四連投も出来るかな~と思ってたのですが、
           会津駒下山後240kmの運転が・・・
>駒は暫く滑れそうですね・・
昨年(4月20日)に比べ雪の途切れも短く、割れ状態も小さいような気がします。
下部は兎も角、中間部から上はそこそこありますね

世界の屋根から戻ったら、また雪遊びしましょう