白馬岳(2,932.2m)

5月11日(月)、この時季、定番の白馬岳へ単独にて山スキー。




                  白馬岳(2,932.2m)=10日・白馬鑓ヶ岳より撮影
画像
 (以下、クリックで全て拡大)




              午前6時15分 予定より一時間余り遅れて猿倉駐車場を後に
画像





                        シール登行は鑓温泉分岐より
画像





                  昨日 小日向ノコルより滑降して来た長走沢出合い
画像





                     昨日は賑わっていた大雪渓もひっそりと
画像





               先行のスキーヤーはスキーを背負い、ツボ足で登ってる様子。
             GWに二回降雪があったそうで、表面の雪が締まってなく歩きにくそう。


                        標高1,850m附近で先行者に追いつく。


               「シール登行の方が楽ですよ~」   「いや~潜って歩き辛いので、
                                            どうしょうかと迷ってました」




                  振り返る 先ほどの方もシール登行に替えたようだ
画像





                      8時30分、標高1,975mにて一本入れる。

                        先ほどの方が追いついて来た。
       
                  山梨・甲斐駒の登山口(白須)にお住まいだそうだ。
              現役時代に白須が気に入り、リタイアしてから移住したとのこと。
                  今日は山頂を踏めなくても、午後一時迄は登るそうだ。



                          8時50分、先行して出発。



                昨日と同じように、標高2,400m附近から風が当たり始めた。


                10時36分、風が強いので標高2,545mの岩影にて思案橋



                            結局、上を目指すことに




              11時20分 村営頂上宿舎(標高2,730m・5/24より営業)通過
画像





                  白馬山荘(標高2,832m・既に営業中)が見えて来た
画像





                         11時48分 白馬山荘に到着
画像



              おんや~山頂迄雪は繋がっていないものの、
                        山頂直下にヘルメットを被りスキーを履いた方が・・・


                 山荘にスキーをデポしてる間にスキーヤーの方は居なく・・・・
                          もしかしてドロップしたのでは




                           12時09分 山頂に到着
画像





            先ほどスキーヤーがドロップした二号雪渓を 岩に腹ばいになって覗く

               ウヒャ~こんな所へドロップ? 縦溝とクラックが恐ろしいの~
画像





                         雪倉岳(2,610.9m)方面
画像





                        小蓮華山(2,768.9m)方面
画像





                          剣岳(2,999.0m)方面
画像





                          旭岳(2,867.0m)方面
画像





                12時18分 山頂を後に 白馬山荘へ戻りランチタイムに
画像





            12時38分、山梨の方も到着、山頂へ。タイムリミット間に合ったようです




                      12時55分 白馬山荘からドロップへ
画像





                              振り返る
画像





                            大雪渓 またね~
画像





                     1時15分 白馬尻に到着 一張りのテント
画像





                           1時32分 長走沢出合い
画像





                         林道沿いでフキノトウをゲット
画像




                         2時04分、猿倉駐車場に到着。

                  八方へ移動して「第一郷の湯」にて汗を流し、帰路へ


                 今年の大雪渓は昨年(5/23)より二週間早いせいもあるが、
         デブリ・小石・岩・クラックも少なく、今のところ安定した状態で快適なスキーが楽しめた



                              GPS軌跡
画像
                            赤=往路  青=復路




                            八方より 白馬三山
画像
  




●日  時 2009年5月11日(月)   晴れ  強風

●行  程 猿倉駐車場6:15~7:35白馬尻~8:30標高1,975m8:50~10:36標高2,545m

        10:50~11:20村営頂上宿舎~11:48白馬山荘~12:09山頂12:18~

        12:26白馬山荘12:55~13:15白馬尻13:18長走沢出合い~14:04猿倉駐車場

                                           (歩行・滑降距離 13.47km)




猿倉から温泉へ移動の間にメール着信(今年、谷川岳へご一緒した一休さんより)

     「今日、猿倉に車停めてませんでしたか?」            「ん!どうして・・・」

                         何回かメールのやり取り

     「旭岳東面を滑った後、白馬二号雪渓へドロップしました」    「一休さんだったの~」

     「白馬鑓でしたか?中央ルンゼはいかがでしたか?」       「中央ルンゼはヤバそうねので
                                                        杓子沢へ」


                         まぁ~ざっとこんな感じでした。

      最近一休さんはエクストリーム系に傾いているようで、剣岳ダイレクトルンゼも滑降したそうです。

                      EVA父さんも、もうちょっと若かったらな~・・・・。
                    まぁ~年相応の体力で楽しむしかなさそうでスノ~



             一休さん、これからも無理せず素晴らしい青春を積み重ねて下さいね

  

この記事へのコメント

2009年05月13日 17:03
ず~っと前にコメントしたヒデと申します。
記事を読んで、帰りの鑓温泉分岐でお会いしたのがEVA父さんだと知りました。ふきのとうが入っている袋を持っていたのが決定打でした
毎週月曜日は山へ行っていたのですが、雪も少なくなり先日の鑓温泉で終了です。
EVA父さんはまだ頑張られるのでしょうね。

これからもレポートを楽しみにしています。

カモシカ永井
2009年05月13日 17:17
EVA父さん雪を求めて西東ですね。
大雪渓上部のハイマツ帯が火事で焼失したという記事が出ていましたが見かけませんでしたか?
2009年05月13日 18:36
いまだにお会い出来ていない清田です。
僕も時間があれば落ちて行きたい斜面です~。

僕は今月下旬、相変わらず石コロビ沢、門内沢で締めですかね。
今年は梅花皮沢本流の雪渓がヤバそうですね。
本厄なので気をつけなければ。。。。
かめ・ふー
2009年05月13日 18:39
EVA父さん お疲れ様でしたがフキノトウゲット よろしゅうございました。いつぞやの味噌を思い出しました。ほろ苦い春の味わいでした。
小蓮華方面の画像もしみじみと見させていただきました
振り返ってばかりでは仕方ないのですが・・・・

無理をせずに長く楽しみましょう
2009年05月13日 21:16
やはり、しっかり・・・まだまだ山スキー三昧ですね!
白馬鑓のレポ・・・ず~っと前、まだ雪山ってものを
知らない時、師匠に連れられ小日向のコル辺りに
幕営~杓子岳に行きましたが、もっと雪がっぱいで
白く美しく~♪
その横をスキーで滑る神様のような方々が
鮮烈で・・・(まだスキーができなかった)
思い出しました・・・その時を。。。

翌日、白馬に登ってしまうなんて~
ほんまに、おっとろしい父さんになってしまって~(笑)

こちら、のんびり~♪里山~ビスタ~リ~♪
・・・てな感じに浸りたく。。。
ヒマラヤがステーキだったようです!
(お茶漬け食べたい!)
じゅんこ
2009年05月14日 10:09
白馬三山・・・お疲れ様でした!
白馬2号雪渓を拝見
こんな斜面へ落ちていくんですね・・・一休さんは
EVA父さんも負けじと
パワフルで『わけぇ~ですね!』

ふきのとうはお土産ですね

山スキー来シーズンも宜しくお願いします
EVA父さん
2009年05月14日 11:09
ヒデさんへ
お疲れ様でした。
いや~驚きました、山スキー世界の狭さを実感です
ヒデさんと判れば、もっとお話ししたかったです。

「なんせ車がジーゼルなんで深夜に猿倉に入ると音が煩いもので、
                      二股で仮眠しました」
とおっしゃってましたが、
   なんと優しい方なんだろうと感心致してました

次にお会い出来るなら鑓温泉に浸かりながら、ゆっくりと「山スキー」談義でもしたいものですね。
楽しみに致してま~す
EVA父さん
2009年05月14日 11:19
カモシカ永井さんへ
丁度、白馬山荘~山頂間の時ヘリが飛んでましたので、
山荘に戻りお聞きしたら「10日大雪渓の上部でボヤ騒ぎがあり、警察の実況検分をしてるところです」とおっしゃっておりました。

タバコの不始末だったようですね、困ったもんです

帰路確認しようと思ってましたが、もう滑降に夢中で・・・
EVA父さん
2009年05月14日 11:28
せいださんへ
今シーズンは「ほん石転び沢」滑降をと思ってましたが、
井上さん・吉田さんのレポを拝見すると、なかなか厳しそうで近寄りがたい雰囲気なもので子羊状態です


そうかと言って、せいださんのようにスキー・ブーツを背負って尾根を登るほどの体力も無く泣く泣くです。
わる一休
2009年05月14日 11:28
新緑の中、私もふきのとう摘みながら帰りましたが、EVA父さん、こんなに集めるとは!

白馬鑓情報、ありがとうございました。縦溝に雪崩、落石と、楽しそうじゃないので止めました。2号雪渓は結構楽しかったですよ!

GWは立山の後、会で岳人編集部の方と槍穂高スキー縦走へ行きました。天気が悪く、予定通りには行きませんでしたが、同行した服部文祥氏が面白かったです。
「サバイバル登山家」、「サバイバル!人はズルなしで生きられるのか」服部文祥著、好評発売中です。
来年春の岳人3月号あたりでこのツアーの記事がでるかもしれないので、覚えていたら買ってください。
それからもう一つ宣伝を。
相棒の田村さんが来年、聴覚障害者初のエベレスト登頂を目指しています。
色々な考え方があると思いますが、賛同される方のご協力が得られればありがたいです。HPのリンクを貼らせていただきます。
http://www.deaf.or.jp/usr/tamutamu/

EVA父さん、今後飯豊に行かれる時は、誘ってください!





EVA父さん
2009年05月14日 11:51
かめ・ふーさんへ
>フキノトウゲット・・・
なんせ、わんこ母さんからの業務命令なもので~、
     (ですので、お山は出張です。ハ~イ
天ぷらも~、畑でアサズキを育てて蕗味噌でたべると、これまた美味しゅうございます

白馬鑓へ同行したミンゴ先生が、
「小蓮華尾根登って、小蓮華から一直線に落ちる直登ルンゼ滑降」
なんておっしゃってますが、
         年寄りの冷や水になりそうなんで・・・
EVA父さん
2009年05月14日 12:00
みいさんへ
なんせ不器用なもので、今だ雪追いです

遅ればせながら、
「ヒマラヤからの無事なご帰還」おめでとうございます
これからのレポ楽しみに致してま~す
EVA父さん
2009年05月14日 12:07
じゅんこさんへ
あらためて二号雪渓を覗きましたが、おっかね~かったですて
まさに「落ちていく」感じなんでしょうね~。

>来シーズンも宜しくお願いします
こちらこそ宜しく、賑やかに行きましょい
EVA父さん
2009年05月14日 13:41
一休さんへ
>2号雪渓は結構楽しかったですよ
えっ~!
山頂から見た限りでは縦溝とクラックだらけ、それが楽しかったとは!
恐れ入谷の一休さんですて

まぁ~これからもエクストリームへトライする事と思いますが、
「石橋を叩く」慎重な行動で、山スキーをおおいに楽しんで下さい

>今後飯豊に行かれる時は、誘ってください
せいださんにもレスしましたが、今年の「石転び沢」下部(梅花皮沢)が最悪な状態だそうです。
雪渓へ上がるまでの、へつり道と木の枝が・・・
二年前(少雪の年)、
「石転び沢」の雪渓を踏む前に「転んだ」経験が・・・

今シーズンは梅花皮岳(ほん石転び沢)からの滑降と思ってましたが、こんな状態なもので思案中です

また、来年春の岳人3月号楽しみにしてますよ。
わる一休
2009年05月14日 16:24
私の滑ってるような所は今は誰でも滑ってて、エクストリームとは言えませんよ。
2号雪渓も、例年に比べ少雪の為か雪庇の張り出しが小さく、どこからでもエントリーできる状態でした。あの日は高温で雪も緩んでたし、上部の縦溝は浅く、幅50cmにも満たないので、普通のスキーならあまり気になりません。スラフの処理は面倒でしたが。
少し滑ると中間部はだいぶ広がってて快適斜面です。

私はどちらかというと、垂直方向より横方向の移動の方が好きです。
しかし今年は、昨年の白毛門~巻機ワンデイを越えるようなスキー縦走はできませんでした。計画は色々あったのですが…。
と言いつつ、パウダー滑るの大好きなので、来シーズン用にスーパーファット、ヘルベント+TLT買っちゃいました。
来シーズン、神楽でまたパウダーかっ飛びましょう!

かず
2009年05月14日 21:04
あちこち楽しまれていますね~

まだまだ頑張るEVA父さんですね。
次回のレポも期待してま~す!
EVA父さん
2009年05月17日 11:01
一休さんへ
>誰でも滑ってて・・・
とんでもな~い、あの二号雪渓を滑るなんて
父さんもトライしてみたいなぁ~と言う思いはあるのですが・・・。
「年寄りの冷や水」にならないように止めておきます。

夫々「身の丈」に合った山スキーを楽しみましょう

田村さん、
今回白馬鑓をご一緒したミンゴ先生が、昨年7/2横尾本谷~大キレットでお会いしたようです。
「お友達」から覗いてみて下さい
EVA父さん
2009年05月17日 11:06
かずさんへ
>あちこち楽しまれていますね・・・
恥ずかしながら、これしか出来ないもので・・・

もう少し、雪追い人でしょうかね~