岩菅山(2,295.0m)

8月26日(水)、山スキーの偵察を兼ねて、初めての岩菅山へ。



                             岩菅山
画像
 (以下、単独写真はクリックで拡大)



               午前6時45分、志賀高原・高天ヶ原スキー場(1,670m)を出発




                まずはゴンドラリフト上駅(1,970m)目指してゲレンデを
画像




                             振り返る
画像




           ヤマハハコ                                    ゴマナ
画像画像
















                            ゴンドラ駅
画像




                           高山植物園を通り
画像画像
















              しかし植物園の遊歩道が何本もあり、右往左往する羽目に



                      終いには身の丈以上もある笹薮へ
画像




                15分後なんとか登山道に戻り、寺子屋スキー場へ向かう。



         ゲレンデをテクテクと。                       8時02分、ゲレンデトップにて。
          アキノキリンソウ                             アザミ・ヤマハハコ
画像画像















               ゲレンデトップ(2,070m)より本格的な登山道に、ガスが湧いて来た。



                        寺子屋峰(2,125.0m)にて一枚
画像画像















    金山沢の頭(2,140m)にて一本(10分休憩)             痙攣対策の塩トマトとポカリ
画像画像















           秋ですなぁ~                                 ウツボグサ
画像画像















                  金山沢の頭より樹林帯が開けた(東側)尾根歩きへ
画像




                     生憎の雲とガスで眺望は利かず残念



                    標高2,000~2,100m前後の登り下りが続く
画像




                        ガスが少し薄くなって来たような
画像




画像画像















                   9時43分 ノッキリ(2,070m)に到着(10分休憩)
画像



                  此処まで3時間、何方ともスライドせず静かじゃの~


                 ノッキリから山頂まで、標高差200余り最後の登りへ。



          おぉ~神様仏様!青空が広がって来た
画像




                             岩菅山                           
画像




           オヤマリンドウ
画像画像















                        夏のお花も そろそろ店仕舞い
画像




                           山頂直下の避難小屋
画像




         10時25分 山頂に到着                     ここでゆっくり EVA父さん弁当を
画像画像











              *EVA父さん弁当=ただ単に冷蔵庫にある物を、詰めただけでして


                        先着者、お二人が休んでいた。

               ポツポツ山頂へ上がって来ます(結局、この日は十名とスライド)



                         裏岩菅山(2,341.0m)はパス
画像




                        11時16分、山頂を後に下山へ。



                            寺小屋峰方面
画像




                  11時33分、ノッキリからは一の瀬スキー場へ下る。



                          振り返る またね~
画像




         カニコウモリ                                     ゴゼンタチバナ
画像画像















                             ダケカンバ
画像




                          12時20分 アライタ沢
画像




                     此処からは用水路沿いの、ほぼ平坦道
画像




          ダイモンジソウ                                    オダマキ
画像画像















      12時43分 小三郎小屋跡 あと3km                      此処からも平坦移動
画像画像















        1時17分 一の瀬スキー場                          ホテル街を通って
画像画像















                  最後は木道を歩いて 1時37分高天ヶ原に到着
画像




       山頂近辺で十名の方々とスライドしたものの、静寂でまったりとした「お山」を満喫出来た



                              GPS軌跡
画像
 (クリックで拡大)                  赤=登り  青=下り




●日  時 2009年8月26日(水)   曇時々晴

●行  程 高天ヶ原スキー場6:45~8:12寺小屋峰~8:20金山沢の頭8:30~9:43ノッキリ9:53

        ~10:25山頂11:16~11:33ノッキリ~12:20アライタ沢~12:43小三郎小屋跡

        ~13:17一の瀬スキー場~13:37高天ヶ原スキー場      (歩行距離 14.72km)



この記事へのコメント

かめ・ふふふ
2009年08月28日 08:30
EVA父さん 静かな山を楽しまれた様子ですね
ただ単に冷蔵庫に有ったものを詰め込んだ父さん弁当だそうですが
どう見てもそれ様に用意された物を・・・・・としか見えませんが・・・
佐武流は見えませんでしたか 残念

ゴゼンタチバナも白から赤へ
ダケカンバも装う準備中かな
お膝のリハビリも仕上げ段階ですか
北の国ではもう直ぐ○仕度
かず
2009年08月28日 10:48
岩菅山はプリンス東館反対側の県道からピストンする方が多く
高天原から歩かれる方は少ないのではないでしょうかね。

昨年硯川から岩菅山を目指しましたが、体力不足で諦めました・・・
しっかり対策されて膝も大丈夫そうですね~

今回わんこ母さんはお出かけだったんでしょうか?
こば
2009年08月28日 11:36
信濃遠征ご苦労様でした。
して、山スキー下見の成果は如何程で?
粟ケ岳
2009年08月28日 21:44
もう膝は大丈夫そうですね!
このコース数年前の3月に行きましたがラッセルが多くて岩菅山まで到達できませんでした。
多分ほとんどが歩きになってしまうので下山コースをピストンが良いのかな・・・そんな気がします
EVA父さんのことだからゲレンデを滑るなんてことは考えられないので敢えてコメントしました。
EVA父さん
2009年08月29日 17:27
かめ・ふふふさんへ
あんれま~、全てお見通しのようで・・・

>佐武流は見えませんでしたか
楽しみにしてたのですが、残念ながら東側(魚野川源流)方向は雲の中。
雲が上がったのは、志賀一帯だけのようでした

>北の国ではもう直ぐ○仕度
そうなんですよ、あと二・三ヵ月で・・・
それまでに膝を治さねば 
EVA父さん
2009年08月29日 17:39
かずさんへ
>県道からピストンする方が多く・・・
そのようですね。
スライドした方々も、一の瀬又は東館近くの旧道から登られたようです

>硯川から岩菅山を目指しましたが・・・
硯川~赤石山~岩菅山ですか?
それはちょっとロング過ぎて、父さんには無理そうです

>わんこ母さんはお出かけだったんでしょうか
家を午前3時半スタートだったもので、とても頼めなくて
EVA父さん
2009年08月29日 17:52
こば師匠さんへ
膝がこんな状態なもので、
ついつい楽なルートを探してるような・・・
       (寺小屋ゲレンデトップは2,100m近いですもんね)

山頂一帯を除くと西側(一の瀬・焼額)は、
コメツガ等の樹林が濃く、ルート取りに苦労しそうです
むしろ山頂を目指さず、金山の頭~ノッキリ間尾根の東側(魚野川源流)にオープンバーンが沢山あり、登り返し覚悟であれば楽しめるのではないでしょうか
EVA父さん
2009年08月29日 18:04
粟さんへ
>もう膝は大丈夫そうですね
シーズンインを前にして、あまり無理できないので比較的に手軽に登れる「お山」を選んで登ってるような状況です

>多分ほとんどが歩きになってしまうので下山コースをピストンが
金山沢の頭~山頂間、
細かい登り下りの繰り返しなんでやはりシール歩行に。
滑りを楽しむのであれば、
やはりダイレクトに登った方は良いさそうですね