高妻山(2,352.8m)

10月12日(月)、初めての高妻山へ。昨日は大渋滞だったそうだが、果たしてどうなる事やら




                         高妻山(二釈迦附近より)
画像
 (以下、クリックで全て拡大)




                 午前5時32分 戸隠牧場駐車場(1,180m)をスタート
画像
                           (ヘッデンは点けず)


                 早い方々はヘッデンを点け、4時頃スタートして行った。

               牧場を離れ、沢沿いの道を何回か沢を左右に渡りながら進む。



                              滑 滝
画像





                               帯 岩
画像




                    氷清水を過ぎ、涸れ沢ゴーロ帯の急登となる。



                             ダケカンバ
画像





                      7時00分 一不動避難小屋(1,750m)
画像




                此処までに数組を追い越し、何人かの単独者に抜かれた。
                      時間的に早く、混雑も無くヤレヤレ。

                          此処から先は一人旅



                         梢越しに山頂が見えた
画像





                    五地蔵岳((1,998.0m)へのアップダウン
画像





                         左・八ヶ岳  右・南アルプス
画像





                       7時55分 五地蔵にて一本(10分)
画像




                        五地蔵岳を踏んで、六弥勒へ。



          左・焼山(2,400.3m)  中央・火打山(2,461.8m)  右・妙高山(2,453.0m)
画像





                             七観音へ
画像




                標高2,000m前後の細かい登り下りが、そろそろ脚に



                              振り返る
画像




            八薬師を過ぎた所で、一不動手前で追い越して行った方が休んで居た。
                         ご挨拶をして通り過ぎる。



                      下って小さいピークが九勢至(2,050m)
画像



                   いよいよ山頂まで、標高差300mの急登へ

       先ほど休んでた方(神奈川のNさん)が追いついて来た、前後して少しお話ししながら登る。

                Nさんは9月末、飯豊山に登られたそうで急に親しみを。



                        でもついて行けましぇ~ん
画像
                (写ってる方はNさんではありません Nさんはトットと



                         腿に痙攣の兆候が・・・

                       なんとか頂上稜線の外れに登りきる。



                       薄化粧して北アルプスがお出迎え
画像





                            山頂が目の前に!
画像





            9時47分 なんとか痙攣も起きずに山頂に
画像
                     (山頂には十名前後の方々が休んでいた)



               おまけのもう一枚  いよっ!待ってました久々のEVAネチ
画像
                      (ダ~レも待ってませんよ~・・・


                  (二枚は先着してたNさんに写して頂きました)


              眺望を御馳走に、Nさんと山座同定しながらコンビニおにぎりタイム。



                          北アルプス大パノラマ
画像




画像




画像





                           志賀高原の山々
画像





                        四阿山(2,354.0m)方面
画像





                         八ヶ岳の左に富士山も
画像




            山頂に11時迄に着いたら、乙妻山往復と思っていたので乙妻方向へ
画像


                             ゾォー!

               標高差100m前後の登り下りが二つも・・・膝と腿に相談を・・・。

                                 

                乙妻は来るシーズンの楽しみに、残しておかなければ


                     10時26分、Nさんより先行して下山へ。



               九勢至まではドンドン登って来る 正面・黒姫山(2,053.4m)
画像





                      一不動避難小屋迄のラクダのコブ
画像

                        
                         何が楽ダーのコブだぁ~



                       振り返る  高妻山 またね~
画像





                           戸隠の山々
画像





                       七観音への登り返し 辛いの~
画像





                    11時47分 五地蔵岳で一服タイム(33分)
画像


                          デザートはトマトと羊羹。
        変なとり合わせでトマトってしまい、羊羹を喉に詰まらせないようヨウカンでの!

          Nさんが追いついて来たので、暫し山談義を、百名山も残すところシングルだそうだ。


                      六弥勒から新道を下山する方々も
画像

                  地図には載って無いし、いつ出来たのかな~・・・


              
                   さぁ~あと一頑張り 牧場もだんだん近づいて
画像





画像





                        12時58分 一不動避難小屋
画像





                         ゴーロ帯の下り 膝が
画像





                            滑滝を振り返る
画像





                  やがて登山道も緩やかになり ゴールも近いホッ!
画像





                      1時51分 牧場へ のどかじゃの~
画像





                            振り返る
画像



                        2時09分、駐車場にゴール。

                Nさんはお風呂へ行かれるそうで、此処でお別れです。
                         百名山ガンバッテ下さい。


      父さんはいつものアレで着替えを。観光客が多く、七斗号の前後ドアーを開け挟まれて


                 やはり戸隠へ来たらコレを(駐車場前の茶屋にて)
画像




                高妻山、変化にとみなかなか登り応えのある「お山」でした。
                     (ちなみに今日の入山者は、50人前後かな?)



●日  時 2009年10月12日(月)   晴れ

●行  程 戸隠牧場駐車場5:32~7:00一不動避難小屋~7:55五地蔵8:05~8:50九勢至

        ~9:47山頂10:26~11:03九勢至~11:47五地蔵岳12:20~12:58一不動避難小屋

        ~14:09駐車場        (歩行距離 11.85km)


この記事へのコメント

かめ・ふふふ
2009年10月15日 14:36
EVA父さん お楽しみは残す方ですか
やはり板に乗ったほうが板についてるんでしょうねえ
来るシーズンに・・・ふふふ
何気に検索した氷沢川 春季に幕営で高乙中間から東北東に派生した尾根(多分)を登って両山を踏破した記録が見つかりました
かめにとってはとても魅力的なコースでした
ただし そのコースだと楽だぁの鼓舞はあるけませんねんかめはまんねん
こば
2009年10月15日 16:29
偵察ご苦労様でした。
五地蔵からの新道右手、雪が着けば美味しい斜面で~す♪ 
              ↓
 http://ameblo.jp/mushikura/entry-10078788505.html

弥勒尾根新道って言いますが、4~5年ほど前に開きました。
牧場への最短ルートです(^-^o
EVA父さん
2009年10月15日 21:17
かめ・ふふふさんへ
乙妻はスキーで二回トライしてるのですが、山頂を踏んでないので今回と思ってましたが、膝・腿との三者協議の結果に。

楽しみは先に延ばした方が・・・早く雪降らないかな~

乙妻はロングコースだけに、
瘤は無いけど己を鼓舞しないと届きませんねん
EVA父さん
2009年10月15日 21:30
こば師匠さんへ
今回じっくり偵察して来ましたが、新道上部は樹木も少なく笹薮。
雪が積もったら素晴らしいオープンバーン間違いなしですね

忘れもしません、08.3.9乙妻へ(さとさんとバッタリも)
林道から離れ、ついつい五地蔵へのトレース(前日の師匠さん達の)について行き・・・

いやぁ~来るシーズンも忙しくなりそうですね!
かず
2009年10月15日 23:24
展望に恵まれてよかったですね。
五地蔵山くらいだとまったり歩けそうですかね?
EVA父さん
2009年10月16日 14:31
かずさんへ
雪の北アがウエルカム、感激でした

>五地蔵山くらいだとまったり・・・
かずさんなら乙妻往復でも、お釣りがきますよ!
休日でもちょっと時間をずらせば、まったり感を味わうことも。
ちょっと早めにスタートして、六弥勒から弥勒新道を下るとか
(新道を登る方は少ないので、スライドも無しのような気が)
ナカヒデ
2009年10月17日 18:54
神奈川のNです、EVA父さんと呼ばれているのですか?(まさかエヴァンゲリオンではないんですよね)10月12日高妻山を、前後して歩かせていただいたNです、最後の急登はきつかったけれど風もなく最高の天気」でしたね、またいつかどこかのお山で会える?楽しみにしています。さーて黒戸、早月日帰り頑張るぞー。
EVA父さん
2009年10月18日 21:41
ナカヒデさんへ
先日は、お話させて頂きありがとうございました
お蔭さまで楽しい山行となりました。

本当はもう一人の妻の呼ぶ声が・・・、なんせ軟弱なもので

>まさかエヴァンゲリオンでは・・・
ご明察です。
ちょうど我が家に迎えた時季が、社会現象にもなりましたし、ちょっとエヴァに縁もありましたもので。

>さーて黒戸、早月日帰り頑張るぞー
年内に? もうそろそろ雪では? 
黒戸は行ったことがないですが、早月は三年前ONE DYAで
13時間(山頂滞在100分含む)も、また膝を・・・

気をつけて行って下さいませ。
時々ご情報を、お聞かせ頂ければ嬉しいです