乙妻山(2,318.0m)

10月25日(日)、高妻登山[10/12]の折、登り残した乙妻山へ。




           高妻山(2,352.8m)と乙妻山(2,318.0m)・・・09.9.17黒姫山しらたま平より
画像
 (以下、単独写真はクリックで拡大)



                寝ても覚めても、もう一つの『』が気になり気になり・・・。

             そこで膝と腿に相談すると、 ガンバル!  ガンバル! の返事。

                           これは行くっきゃない



         午前2時22分、家を出発。 4時38分、戸隠牧場駐車場に到着。(車走行距離 169.5km)



                       車中で朝食後 5時11分スタート
画像





                           ヘッデンを点けて
画像




                        前後にヘッデンの灯り見えず。



                       氷清水からは ゴーロ帯の急登へ
画像




                    生憎の曇天で、1,700mから上はガス模様。



                      6時41分 一不動避難小屋(1,760m)
画像





           避難小屋内部                       入り口近くにシュラフが敷いてある
画像画像














                二釈迦を過ぎると高妻山が見えるのに、雲・ガスで全く見えず。

                   四普賢を過ぎ振り返ると、いつの間にやら後続者が!
                      単独兄ちゃんは6時出発とか、速いの~




         7時31分 五地蔵にて一本(9分)                       五地蔵山を踏んで
画像画像
















                     登り下りを繰り返し、8時15分 九勢至通過。

                      昨晩、避難小屋に泊まられた方とスライド。



     高妻山まで標高差300mの急登へ                  エビノシッポが風で落ちたみたい
画像画像















                 8時47分、頂上稜線手前で、先程のお兄ちゃんが戻って来た。

                  『山頂まで何時間でした?』    『二時間半でした』

                  『・・・・お気をつけて』



           十阿弥陀                                  9時00分 高妻山に
画像画像















                    9時05分、視界50~60m 乙妻山へ向かう



                          09.10.12撮影の乙妻山
画像





画像画像















          高妻山からの登山者も少ないようで、植生も荒れてなく足元は大群生が続く



画像




                   登山道は最初の鞍部までの下りが要注意!



                        笹は確りと刈り込みされている
画像





                    BCで素晴らしいオープンバーンの北東斜面
画像





                    草原状の十二大日(2,230m) 池糖もあるよう
画像





         乙妻山頂が見えた                               9時50分 山頂に
画像画像
















        おんや~太陽が 
画像





                    わんこ母さん弁当を食べながら しばらく様子を
画像画像
















画像





         う~ん もしかして・・・・
画像





                             あレレ・・・??
画像




                     40分待ったもののまた一面のガスが・・・


        10時30分、晴々とした眺望は見れなかったものの、晴々とした気持で山頂を後に



画像





画像画像
















          (小さな声で=素晴らしい植生が残されてる!お花の時季に再訪したいものだ!!)



画像




                11時45分、再び高妻山頂。5~6名の方々が休んでいた。



                                               七観音への登り返し
       八薬師からの下り                       標高差はあまり無いもののキツイ!
画像画像
















              12時28分 六弥勒  今日の目的の一つ=弥勒新道を下ること
画像





                                             下りで追い越して来た二組も
       その前に とりあえず一本(17分)                     追いついて来た
画像画像
















                  二組共、山頂で「新道」を聞いて、新道を下るようだ。



                        EVA父さん先頭で歩き始める。



                直下は激下りだが 笹薮を切り開いたようで足に優しい
画像




             離れずに付いて来てる、ご夫妻(広島在住)と山談義しながら下る。
                       ご夫妻は百名山を目指してるそうだ。



                     牧場が見え出した(正面・戸隠スキー場)
画像





                     1,300m迄下って来ると カエデが綺麗
画像




画像画像















                       2時00分 1,220m牧場と出合う。



                        五地蔵山を振り返るも雲の中
画像





画像





                        気持の良い牧場脇をテクテクと
画像




         弥勒新道は五地蔵~一不動経由より、距離で約800m短く15分の短縮となった。
                  なによりもゴーロ帯もなく、脚への負担がなく好かった。
              でも登る気には、、、六弥勒直下急斜面の一歩一歩が滑るような感じ。



                     2時20分 駐車場(1,180m)にゴール。

                いつもの要領で着替え。遅れてた二組目(四名)も到着。

           帰路の上信道(対面通行)も、まだ時間が早いせいか渋滞もなくスイスイと



                              GPS軌跡
画像
 (クリックで拡大)
                          赤=往路  青=復路



●日  時 2009年10月25日(日)   曇

●行  程 戸隠牧場駐車場5:11~6:41一不動避難小屋~7:31五地蔵7:40~8:15九勢至

       ~9:00高妻山頂9:05~9:50乙妻山頂10:30~11:15高妻山頂11:20

       ~11:51九勢至~12:28六弥勒12:45~14:00牧場~14:20駐車場 (歩行距離 14.67km)                                                                     
                                 


               

この記事へのコメント

かれすすき
2009年10月26日 22:53
今晩は!
いやいや素晴らしい思い入れですネ。
紅葉深まっていますね。
高~乙往復2時間であれば先月
ついでに足を延ばしておけばよかったです。
私も復路は新道を下りました。
足に優しいクッションの効いた
迷いようも無い1本道なのに
登山道として案内されていないのは
不思議ですね。

こば
2009年10月27日 08:52
ガスで滑降斜面把握ができなかったのは残念でした。
でもまぁ、お楽しみは本番までとっておきましょう。
高妻~乙妻間の鞍部は残された花園♪
皆さん百名山の高妻止まり・・、が幸いしているのでしょうね。
いつまでも残って欲しいものです。
かめ・ふふふ
2009年10月27日 10:33
妻恋父さん これでこころが通いましたか
でも父さんの気迫に少し恐がって  いや恥ずかしがっていたようです。
結構厚いベールを纏って・・・・
妄想膨らませて無かったですか ふふふ
でも新道も確認できて 一見?落着 へへへ
これでお道具使って遊べますね 皆さんと ほほほ
EVA父さん
2009年10月27日 20:42
かれすすきさんへ
乙妻は山スキーで二回トライしたのですが、山頂まで届かずで中途半端になってたもので、これでやっとなんとか

でも雪山の借りは、雪山で返さなければ

>案内されていないのは不思議ですね。
どうしてなんでしょうかね~
EVA父さん
2009年10月27日 20:47
こば師匠さんへ
>お楽しみは本番までとっておきましょう
次回は三度目の正直にしたいものです

>いつまでも残って欲しいものです
そうなんですけど、我々登山者が入ると自然破壊に繋がるんですよね~・・・
EVA父さん
2009年10月27日 20:58
かめ・ふふふさんへ
『いらっしゃ~い』と出迎えられるより、恥ずかしがってた方が奥ゆかしさがあってでしたよ!

毎夜妄想膨らませ睡眠不足で、これでゆっくりと寝れそうです

あとは雪が降るのを待つのみ、ふふふ・・・
ミンゴ先生
2009年10月27日 20:59
新道情報参考になりました!
新道を使えば戸→高→乙を日帰りで一気に…でも来年かなぁ~?
そろそろ雪乞いでも始めましょうかね?
2009年10月28日 08:48
とうとうホンマもんの妻に会われた(?)んですね
ココ・・・お花の時期、結構、いいかも~?
未踏なんで、行ってみたいでっす^^v

新道・・・実は、切り開かれてすぐかな?
高妻の登りは↑↓とも、こちらでした^-^
団体さんが、入ってましたの・・・
こちらを使って渋滞にあわず。。。^^v
下り~めっちゃ早いでしょ~

土曜日から腸炎になって、ゲイリークーパーで
週末までには、完全復帰しなければ。。。
EVA父さん
2009年10月28日 16:48
ミンゴ先生さんへ
>戸→高→乙を日帰りで一気に・・・
えっ!日帰りで?、一泊二日ならお付き合いできそうですが。
やはり先生は異★人?

来るシーズンの降雪は、どうなんでしょうかね~
EVA父さん
2009年10月28日 17:02
みいさんへ
やっとなんとか、来るシーズンには満願成就といきたいものです

高妻から見ると南面の岩壁が厳しそうですが、行ってみると以外や以外、笹に覆われ優しい「お山」でした。

>新道・・・
登りは兎も角、下りは新道がお勧めですね

>土曜日から・・・
ペンギンさんは直ったのかな?
うつされたようですね、お大事にして下さいませ。
アベル父さん
2009年10月28日 22:21
乙妻山、私も偵察に行きたかった---

しょうがないから、EVA父さんのレポ読んで行った気になります
EVA父さん
2009年10月29日 22:05
アベル父さんへ
今年の三岩岳のように、
『三度目の正直』の時には是非ご一緒致しましょう