霊仙寺山(1,875.0m)

2月7日(日)。1月は信州遠征が続いたので、この週末は越後の「お山」を予定してた。
                   しかし4日から荒天が続き、厳しそうなので、またまた信州の「お山」へ



                     いいづなリゾートスキー場より 霊仙寺山
画像




           昨秋、偵察に行った『霊仙寺山』へ。リフトを乗り継いでの楽ちん山スキー


        高速途中の中郷~信濃町間は吹雪きで、
                思ったよりも時間(3時間)が掛かってしまい、スキー場には午前9時前到着。



                           「お山」は雲の中
画像




                       9時20分、仕度も整いゲレンデへ。

           しかしかなりの降雪があったようで除雪が間に合わず、
                    ゲレンデトップへのリフト(第4ペアリフト 941m)が動かず

         しばらく様子をみる事に、第1クワッドリフト(1,720m)に乗りパノラマコースを二本。

          
         10時15分頃、第4ペアリフト動き出す。

             ゲレンデトップより アドベンチャーコース(オフピステ)へ向かう方々
画像
                          新雪70~80cm位 




        10時45分 トップより少し下がった標高1,480m附近よりシール登行スタート
画像




                    直ぐに夏道と合流して 尾根通しに進む
画像





                            ブナ林
画像





         トレース無く 30~40cmのラッセル
画像





                         密なダケカンバ林
画像





                            シラビソ
画像




                  樹林帯を抜け 標高1,650m附近より振り返る
画像





                       山頂付近の雲も動き始めた
画像





                           小雪が舞う
画像





         Oh! え~の~え~の~
画像





                         早く滑りたいの~
画像




     午前5時過ぎの朝食なので、もうシャリバテ状態。でもこんな斜面を見たら行くっきゃないの



                      先週楽しませて貰った 飯縄山
画像





                          山頂へ最後の登り
画像





                          12時40分 山頂に
画像




                  風が冷たく、手が冷っこいのでランチはお預け。



        12時57分 山頂を後に いただきま~す
画像





                          滑降する尾根
画像




                 1時00分 標高1,780m地点にてランチタイム(25分)

      スキーを脱ぐと腰近くまで埋まる                    わんこ母さんのお稲荷さんを    
画像画像















                        1時25分 後半へGO
画像




                        うんめて~ もちろん激粉々
画像





画像





                           密な樹林帯へ
画像





               1時37分 標高1,280m附近でアドベンチャーコースと合流
画像




                  1時45分 スキー場ボトム(標高925m)に到着。



       美味しかったて~ またね~
画像
                         スキー場ボトムより



                 折角パウダーを味わうコンデションだったのに、何方も。
             お蔭で日曜日にも拘わらず、貸切の「お山」を楽しむことが出来た



            *滑降する斜面は南東斜面、太陽の影響を受け易くタイミングが難しそう。
            *降雪中・降雪直後・早い時間帯がお勧めのようです。




                             GPS軌跡
画像
                           赤=往路  青=復路




●日  時 2010年2月7日(日)    曇(小雪)のち晴

●行  程 標高1,480m10:45~12:40山頂12:57~13:00標高1,780m13:25

        ~13:37スキー場合流~13:45スキー場ボトム      (歩行・滑降距離 4.73km)



この記事へのコメント

2010年02月08日 11:18
お~~♪2時間程(もちろんEVA父さんのあんよで!)
パフ~♪と行っちゃうのですね^-^
場所選び正解!! 今度、連れてって~♪
短い登りで、楽しい滑り・・・
ヘタレ隊には、ぴったんこ~

しかし、この日曜の天気は不思議ですね(--*)
しっかり綺麗な青空が・・・^^
我らが行った、富山のお山も風もなく
次第に青空が・・・^^v
あの四阿山は、吹雪モードだったと・・・?
う~~ん!山の天気は難しい><

今週・・・雨マーク多いですね><
 とちゃうのが・・・
週末・・・ちょっとテンション
ヘタレにきつい雪質になるやんかぁ~~(涙)
ミンゴ先生
2010年02月08日 18:48
つづく…ってことは、やっぱり「おかわり」ですか?

あー、パウダーまずい!もう1本!!(八名信夫風で)
かず
2010年02月08日 21:13
いい天気になったんですね~
こちらは地吹雪で車が遭難しそうだったので
あえなく撤収しました・・・
EVA父さん
2010年02月08日 21:40
みいさんへ
お手軽コースとしてお勧めです。
ルート取りも易しく、アドベンチャーコースと平行してる尾根(夏道)を、上へ上へと詰めれば山頂へ、あとはタイミング次第ですね。

>ヘタレ隊
もうヘタレ隊とは言わせませんよ~
二連荘を数週間も続けて、気力・体力共に充実

今週末は長丁場、トップで頑張って貰わねば!
EVA父さん
2010年02月08日 21:48
ミンゴ先生さんへ
>「おかわり」ですか?
先生!その「お言葉」ご容赦を~・・・
予定は二本だったのですが、
     トップリフトが動くのが遅くなってしまい・・・・

折角つけたトレース、勿体無いことしてしまいました
EVA父さん
2010年02月08日 21:55
かずさんへ
信州は晴天率が高いもので、ついつい足が

>地吹雪で車が遭難
新潟市では100台もの車が遭難。

>あえなく撤収しました
「君子危うきに近寄らず」まさにソウナンですよね
はて、どちらへ向かったのかな?
こば
2010年02月08日 22:26
昨日は粉を味わうのに絶好のタイミングだったのでは?
シーズン中、そう滅多にありませんからねぇ(笑
やはり秋の下見山行が役立ってましたね。
今週末、条件が悪そうならコノお山の裏側も候補です。
カモシカ永井
2010年02月09日 17:48
>スキーを脱ぐと腰近くまで埋まる
いくら粉雪でもそこまで深いと私は制動で来ません。
今シーズンは是非出かけて見ます。
四阿山折角良いアドバイスいただいたのにチョッと無理でした。
こちらも今シーズン中には行ってみたいですね。                  
EVA父さん
2010年02月09日 20:55
こば師匠さんへ
まさにグッドタイミングでしたね。

>下見山行が役立ってましたね
雪があると景色は違いますが、なんとなくの雰囲気で・・・、やはり一回はトレースしておく方が好いですね~。

今週末は長丁場、ここのところ楽ちん山スキーばかりで、歩けるか心配です。

>コノお山の裏側も候補です
ご指導宜しくです
やまじ
2010年02月09日 21:03
あ゛~、いいのぉ、いいのぉ~
わしも粉を滑れるようになりたいのぉ~
EVA父さん
2010年02月09日 21:05
カモシカ永井さんへ
深雪の時はブーツ角度調整で、
     目からウロコの滑り・制動を楽しむことが出来ますよ。
一度、お試し下さい

「自然の力」には敵いませんので、条件の好い時ですね。
「安全・安心」一番でいきましょう
粉々父さん
2010年02月10日 14:08
やまじさんへ
苦雪40年やっとここまで、
   でも気がついた時にはもうこの年に、体力が・・・

きっと粉まみれになって練習すれば、大丈夫だぁ~い!