焼山(北面台地)

3月20日(土)、もう一つ四年越しのお山「焼山」へ。




                  標高1,260m北面台地にて 三度目のご対面
画像





     過去二回トライしたものの、いずれも外輪稜線(標高約2,330m)まで。
                   山スキーは滑りが主体なので、山頂は問わないものの、やはりの~・・・。


                        と、言うことで急遽出撃に


            午前5時過ぎ、まだ暗い笹倉温泉に到着、ヘッデンを点けて仕度を。



                  5時30分 シール歩行スタート(ヘッデンは点けず)
画像




         冷え込みでスキーは沈まず歩き易く、薄いながらも先行者のトレースが確認できる。
                       林道を適当にカットして進む。



              林道を見る限りでは 過去二回よりは一番積雪が多いようだ
画像




       アマナ平前後は地形が複雑、ときどき見失うものの薄いながらもトレースは大助かり



                       鉾ガ岳・権現岳方面
画像





                          阿弥陀山方面
画像





                           焼山が見えた
画像




                  7時40分アマナ平、いよいよ北面台地へ向かう。



                          アマナ平を振り返る
画像




                8時25分、標高1,260mの北面台地にて大休止(25分)
              (歩き始めて約三時間、飲まず食わずでチョイト疲れたの



でもそこには素晴らしい眺めが 焼山(2,400.3m)
画像





                            ズームにて
画像





                         火打山方面(2,461.8m)
画像




   一~二日前に降雪があったようで、この辺りまで来たら気温も上がり、一歩一歩が沈み歩き辛い

          先行者がようやく見えた、二人パーティーと単独者、すでに1,700m附近を。
              単独者は父さんと相前後してスタートしたお方、速いの~



                     でも足を運んでれば段々と近づいて
画像





                            ダケカンバ
画像




              標高1,700mを過ぎると、風がかなり強く当たり出して来た



画像





                          先行者がハッキリと
画像





 10時33分、標高1,880m斜度もキツクなりクトー(スキーアイゼン)を、あれ~・・・クトーが無~い
        まぁ~しょうがないか~、どうせもう少し上へ行けばアイゼンに履きかえるのだし。


                    スキーをザックに括り アイゼンを履く
画像





         仕度をしてると単独者が標高2,000m附近からドロップ(今日のトップランナー)
画像





        10時53分 さぁ~上を目指して
画像





                           振り返る
画像




                   背中のスキーが風で煽られる、耐風姿勢に。



                 登るルートをセンターから左側へ取ると 膝まで沈む
画像




                            少し右灌木側へ・・・・。


                                 



      足元がす~っと抜けちゃいました
画像




          雪に隠れていた、スノーホールに腰上まで埋まってしまった。
                   幸いにも着地は雪下の太めの木に、木の下にはまだホールが・・・


               ここは冷静に まずは状況を把握して取りあえずザックを
画像




                         11時35分、標高2,040m。

        ハイクアップ予定は午後1時まで、まだまだ十分余裕が、此処で二~三拍位おく事に。


     囁きが・・・・
              「この上へ登っても、滑りは楽しめないから、もういいんじゃ~ないの」
              「早くドロップした方が、雪質が好いよ~」
              「また嵌まってしまうよ」

              「此処まで折角ガンバッテ来たんだから・・・」
              「あと山頂まで、1キロも無いよ」
              「こんな風、大したこと無いよ」
              「また、いつ来れるか?」

 
                               ・
                                
                               ・

                               ・


            後続 の方が追い抜いて行った 「午後1時まで登りま~す」と言って
画像





    撤退へ 楽しみは先延ばしに
画像




                       この判断が、後で・・・・



      12時05分 気持を切りかえドロップへ 楽しみましょう
画像





                    お次は こちらのキャンパスにお絵描き
画像





                             GoGo
画像




画像





              12時12分 標高1,680m ダケカンバの下でオニギリタイム
画像





                      12時40分 お絵描きのつづきを
画像




         (父さんを追い越して行った方のパートナーが、標高1,600m附近で待機中)



画像




           12時55分、朝一本入れた標高1,260m附近にて、単独者が日向ぼっこ中。
  
              「○町のエヴァさんでは?」  「えっ!?・・・・」
              「木の芽沢です」        「え~まさかこんな所で、失礼しました」

                            しばし談笑を。

           木の芽沢さんには、やはり昨年2月22日守門大岳にて声を掛けて頂いた。

          今日は「空沢山」を目指したが、沢が雪で埋まってなく断念して戻って来たそうだ。

     もし、あのまま山頂へ向かっていたら・・・・。「お山」も、なかなか粋な計らいをするもんじゃ


                      1時17分 父さんが先行して下る
画像
                     (木の芽沢さんにシャッターをお願いして)




              1時22分 アマナ平より振り返る また来るね~ありがとう!
画像





                      1時53分 笹倉温泉が見えた
画像





                       2時08分 笹倉温泉にゴール
画像




     またまた山頂は踏めなかったものの、ほぼノートラック状態の北面台地も滑れたし、
                    久々の再会もできたし、いやぁ~じつに満足な好い日だった



                            GPS軌跡
画像
                   (クリックで拡大  赤=往路  青=帰路




●日  時 2010年3月20日(土)    晴

●行  程 笹倉温泉5:30~8:25標高1,260m8:45~10:33標高1,880m10:53~11:35標高2,040m

        12:05~12:12標高1,680m12:40~12:55標高1,260m13:17~14:08笹倉温泉

                                             (歩行・滑降距離 17.24km)

        

この記事へのコメント

カモシカ永井
2010年03月22日 17:05
またまたEVA父さんの独壇場ですね。
私は笹倉温泉から坪足で山頂日帰りしました。
来年のチームこばはアマナ平1泊でと言う計画もあります。
昼闇山も地元の方はこちらから登るようです。
あの北面台地の景色を見たものはやめられませんよね。
銀行屋
2010年03月22日 21:36
大変ご無沙汰してます。今年も大活躍ですね。そして念願の乙妻山登頂おめでとうございます!私の方は全くダメで、一昨日ようやく三田原山に登ってきました。今シーズン初めてのお山入りです・・・でもまだシーズンは続くので、今度ご一緒できればと思っております。こちらの方の山にお越しの際は是非声を掛けて下さい。
こば
2010年03月23日 10:06
妻の制覇に続き、焼もか!
・・と読み進みましたが、ヒドンツリーホールに嵌ったようで。。
粋な計らい、と前向き解釈が次に繋がる事でしょう。
しかし、間髪を入れずの焼山狙いにはビックリでした(苦笑
2010年03月23日 15:19
いや~~♪お鍋の山頂で、焼山にトライの
頑張り父さんの話題が・・・^-^
ヒドンツリーホール(・・・って言うのか^^)
怖いですね~><
ココもなかなか簡単には、山頂に立てませんね!
 条件&天候もあるし。。。
簡単に歩けるようになると、滑りが・・・(--:)
林道のショートカットができないと、辛いし。。。
昔、テント泊でめっちゃしんどかった記憶が 
でも、いつか我らも山頂、踏みたいでっす^^v
かめ・ふー
2010年03月23日 18:00
EVA父さん 流石です
よいお天気にも恵まれて・・・この日は暖かかったですね
ヒドンツリーホールですか 恐いです
かめも22日に何度か腰まで落ちました
雪庇の割れ目や地面との隙間でしたが新雪でわかりませんでした。
胸まで落ちたときは抜けるのに一苦労。
悲しい思いが過ぎりましたよ
ワカンが何かに引っかかってしまって・・・・
それでも直ぐに咽喉元過ぎて・・・・
EVA父さん
2010年03月23日 21:13
カモシカ永井さんへ
>私は笹倉温泉から坪足で山頂日帰りしました。
いや~、すごいですね
とってもまねできません

>あの北面台地の景色を見たものはやめられませんよね。
見た者は虜になってしまいます
EVA父さん
2010年03月23日 21:21
銀行屋さんへ
こちらこそご無沙汰いたしておりました
お仕事も一段落されたでしょうか。

乙妻・焼山とも銀行屋さんとご一緒した思いで深いお山です。

そちらの方へのときは、是非ご一緒して下さいませ。
大変心強いです。
EVA父さん
2010年03月23日 21:26
こば師匠さんへ
もうそれしか頭になかったんです
今年は天気が悪すぎるので、マークを見たら、もう
しかし山は何が潜んでいるか分かりませんね。
経験積まねば~
EVA父さん
2010年03月23日 21:37
みいさんへ
>条件&天候もあるし。。。
全くその通り
もし、風があんなに強くなかったら、、、なんて。うらめしや~

みいさん・ペンギンさんは連続遠征記録更新中ですね
11週目は越後 楽しみにお待ちしています
EVA父さん
2010年03月23日 21:45
かめ・ふーさんへ
>この日は暖かかったですね
風さえなかったら言う事なしだったんですけどね~
>ヒドンツリーホールですか 恐いです
おとろしいですね~
でも、かめ・ふーさんんは、もろともしてないかんじです

わたしは修行が足らんです。修行せねば
かず
2010年03月23日 22:51
長丁場を次から次へとこなしていますね!
その気力・体力見習いたいものです~
ゆきむし
2010年03月23日 23:11
EVA父さん、乙妻のアドバイスありがとうございました
楽しい一日になりました!!ただ一つ注意を忘れていました一回目のトライは「お山」を敬い、山頂を踏んじゃだめ!!


焼山だったんですね!完全に僕の頭の中では焼岳に変換されていました僕達も2シーズン前に行きましたが行程の長い事途中地形が複雑で迷走しながら焼山がまじかに迫るところまで行きタイムアウト!!いつかはまた挑戦してみたいです。

今回の越後遠征は行けませんが出没した際には遊んでくださいね。
わんこ母
2010年03月24日 11:35
かずさんへ
こんにちはわんこ母です。

>その気力・体力見習いたいものです~
EVA父、一年一年、気力・体力が衰えていくのが分かると嘆いています
でも日頃、山へ行く以外は、筋トレも何もしていないのですから、それはしようがないですよね。
ということで、トレーニングなのか今日もお山へ出掛けています
わんこ母
2010年03月24日 11:47
ゆきむしさんへ
こんにちワンのわんこ母です。

>一回目のトライは「お山」を敬い、山頂を踏んじゃだめ!!
自分が一回目で踏めなかったので悔しいのでしょう。
今回の焼山も反省点ばかりと嘆いております。

今日は昼頃からマーク予報。(ほんとに晴れてきました)
朝、「行ってきまーす」と楽しそうに出掛けました。

こちらこそ、EVA父ご一緒させて頂く時は、よろしくお願いいたします。