白馬岳(二号雪渓)

5月8日(土)、この時季定番の白馬岳へ。




             林道より 白馬岳(2,932.2m)  ドロップポイント標高2,890m附近
画像




                  前夜は「八方第一郷の湯」駐車場にて車中泊。



                午前5時20分 猿倉(1,230m)シール歩行スタート
画像




                          猿倉からは風強し。



                     長走沢出合い まだ沢は埋まってる
画像




                     6時30分、白馬尻にて一本(10分)



                         白馬尻より大雪渓を
画像




      追いついて来た方と二・三言葉を交わすと。

           「新潟ですか?」                 「あれ、どうして?」
           「話し方で」
           「今は東京ですが、新潟出身ですので」
           「今日はどちらを?」               「条件さえ揃えば二号雪渓を」
                                      「どちらへ?」
           「清水谷~白馬鑓~猿倉」           「日帰りですか、凄いですね~」



画像





画像




                       滑降ルートを観察しながら
画像




                   8時20分 標高2,200m附近にて一本(10分)

                       此処からはクトーを着けて。



                            振り返る
画像




                   標高2,400mまで上がると一段と風が強く。



                  9時50分、標高2,560m附近にて一本(20分)

                   猛烈な勢いで単独者が追いついて来た。
    同行者は旭岳で遊ぶ為、早朝に出発したそうだが凍結で滑れず、白馬山荘で待機してるそうだ。
                      滑降予定は二号雪渓とのこと。



                    10時34分 頂上宿舎(5月末から営業)
画像




         此処から上は凍結状態。クトーを騙し騙し進むも、風に二回遊ばれる



                   白馬山荘が見えた(4月末から営業中)
画像





                     10時58分 白馬山荘に到着
画像




        山荘には新潟出身の方、追い越して行った二号雪渓滑降予定者とお連れの方等々、

               雪が緩むのを待ってる様子、父さんも待機することに



                           剱岳方面
画像





                            旭 岳
画像





                         杓子岳&白馬鑓ヶ岳
画像





                  12時00分 父さん待ちきれずに山頂へ向かう
画像




                  もし滑降が厳しいようなら、大雪渓を戻ることに。

           新潟出身のお方は、風が強いので予定を変更して大雪渓を下りるようだ。

        二号雪渓予定のお二人は、駄目だったら山頂を越えて白馬沢へ行くと話していた。



                         12時22分 山頂に
画像





                           雪倉岳方面
画像





                小蓮華山方面(後方に雨飾・焼山・火打・妙高の峰々)
画像





                       正面奥・乙妻山&高妻山
画像





                             覗く
画像




                        12時30分、山頂を後に。



   山荘に待機してたお二人が
画像





画像





画像




                雪庇が張り出してる為、2~3mジャンプしての着地。

                      もし着地に失敗したら・・・・



                     12時39分 お一人目ドロップへ
画像




                        上手くいったようです
画像





                      お二人目ドロップ おっと~・・・
画像




                        体勢を立て直した
画像



                               


                            見てるだけで



         お二人合流
画像




                       さぁ~、お次は父さんの番です。

         ビンディング・ブーツチェック、そしてザックを背負い何回も着地のシュミレーション。



    12時55分 飛びます飛びま~す
画像




                        着地、上手くいった~

            雪面のウインドクラストが飛び散り、氷のシャワーを浴びての滑降。



                           振り返る
画像





                      おもった以上に広く 立溝も無く
画像





                          落石等も少なく
画像





                   お二人と合流し お互い顔を会わせホッ
画像





画像





                             振り返る
画像





                  1時16分 標高1,960m附近の大雪渓に合流
画像




                   お二人はそのまま下りて行った、若いの~。
                          
                        父さんは一息(7分)



                            林道を
画像





                     振り返る ありがとう またね~
画像




                       1時51分、猿倉にゴ~ル

       八方温泉第一郷の湯にて汗を流す、なんと8日は「八方の日」とかで入浴料半額

                      まだ時間もあるので八方探訪へ。
               その後、夕食を済ませ今日の寝ぐら(八方第五駐車場)へ。



                           GPS軌跡
画像
                    (クリックで拡大  赤=往路  青=帰路




●日  時 2010年5月8日(土)   晴(強風)

●行  程 猿倉5:20~6:30白馬尻6:40~8:20標高2,200m8:30~9:50標高2,560m10:10

       ~10:58白馬山荘(待機)12:00~12:22山頂12:30~12:36ドロップポイント12:55

       ~13:16大雪渓と合流13:23~13:51猿倉        (歩行・滑降距離 12.63km)




                 さぁ~て明日はどの「お山」で楽しませて貰おうかな~
画像






この記事へのコメント

銀行屋
2010年05月10日 22:04
2号雪渓の滑降成功おめでとうございます!あんな恐ろしい所をよく滑りましたね・・・とてもじゃないけど私は尻ごみしてしまいます。
私も連休に白馬行きましたが、猿倉~白馬~旭岳~雪倉~蓮華~金山沢ののんびりツアーでした。
先日の土日も天気よかったですね。でも私は自転車トレで妙高を眺めながら戸隠行ってきました。(来週末は佐渡ロングライド210kmに出ます)
まだスキーは片づけておりませんので、機会があればまたお願いします。
koizumi
2010年05月11日 06:57
いやはや、すごいですねぇ。
画像だけでびびります、2,3Mジャンプしてのドロップだなんて!
ほんとに板と一心同体なんですね。
2010年05月11日 09:18
飛びますシーン・・・読んでるだけで
後頭部がジーン
  こわ~~~っ!!

シーズン後半となると、もう、すごすぎ父さん!に
なっちゃって~~
さてさて~いつまで、どこへと行くのやら~??

ひょっとして東山から滑ってるの見えたかも(笑)
2010年05月11日 15:40
はじめまして。

魚沼のmbabaです。
ブログ拝見しております。

スゴすぎます~!
あの、セッピから飛び出すのは
見ているこっちが、チビリそうです。

エクストリームスキーの映像で
よく、あんなの見たことがありますけど.....

現実にやっちゃうんですね~!
ビックリした~。
yamaji
2010年05月11日 17:32
おぉっ!ついにエクストリームに突入ですね
す、凄過ぎてついて行けない…
2010年05月11日 22:51
ご無沙汰しております。
白馬でお会いしたのはちょうど1年前ですね。
僕は3月に入ってから天候に恵まれず、3月は金山沢、4月は立山へ行っただけです。
2号雪渓はチャレンジしたいルートです。
16日は晴れれば白馬に出没する予定です。
鑓温泉にしようか白馬沢にしようか白馬沢にしようか悩んでいます。
2010年05月11日 22:56
いやいや凄い所滑ってますね~。・・・参りました
かめ・ひ~
2010年05月12日 07:57
EVA父さん 本当に飛びます!飛びます!!
着地場所だって50~60度くらいありそうですが・・・・
かめの小さな胸は激しい動悸で嵐のように騒いでいます
主稜を登った日に大雪渓をとぼとぼ下りながらこの辺りを見上げました。
このあたりを片端から滑っている人が居るとは聞いてましたが
EVA父さん 父さんもその1人!
げに恐ろしき信念かな
月末はあそこでしょうか
かめも一応計画しています 金土日と
EVA父さん
2010年05月12日 09:46
銀行さんへ
たまたま好条件が揃ったので、なんとか滑降できました。
雪倉~蓮華温泉行ってはみたいのですが、最近体力の衰えを感じロングルートは無理のようで、短期決戦のピストンにしてます

>片づけておりませんので・・・
嬉しいですね~、天気予報を見ながら連絡させて頂きますね
EVA父さん
2010年05月12日 09:54
koizumiさんへ
>板と一心同体なんですね
登山も同じでしょうが、板・ブーツ・アイゼン・ピッケル等々苦楽を共にする訳で、特に板には思い入れがありますね

いよいよ22日から入れそうですね!
お会い出来る日を楽しみに致しております
EVA父さん
2010年05月12日 10:03
みいさんへ
自分のドロップよりも、先行したお二人のドロップを見てた方がよりドキドキの緊張でした

あのお二人から勇気を頂いたような気がします

下山後、今シーズンは「これで終わった」と思ったのですが・・・、
○○には困ったもんですね~
EVA父さん
2010年05月12日 10:16
mbabaさんへ
スキーのターンにはジャンプターンがありますのでその要領で。

ザックを背負い、何回もジャンプしながら着地の練習をしてる姿を周りから見れば、さぞかし滑稽に見えたでしょうね~

mbamaさんの写真綺麗ですね!
今年父さんは見れませんでしたが、
越後駒の光り輝く姿拝見させて頂きました、素晴らしいです
これからも時々覗かせて頂きます。

初コメントありがとうございました
EVA父さん
2010年05月12日 10:24
yamajiさんへ
いやいやほんの気まぐれで、今後は「年寄りの冷や水」と云われないよう楽しみます。

>ついて行けない
そんなこと云わずに、これからも遊んでくんなまし~
EVA父さん
2010年05月12日 10:34
ヒデさんへ
ご無沙汰致しております。

鑓温泉詣での季節到来ですね!
此方も二日目は温泉でまったりのつもりが、またまた○○が出てしまい・・・

8日行った方にお聞きすると10名前後だったようですが、9日は前夜白馬山荘泊まりの方々が周回して来てるようで賑わってました

16日はチョット崩れそうですね
EVA父さん
2010年05月12日 10:44
とんばさんへ
いやいやとんばさんの経験・技術・体力があれば、なんだこんなもんかですよ!
着地だけですので、あとは広く快適でしたよ

蓮華大沢右俣、行って来られたようですね。
残雪状況を見るとあとしばらくは楽しめそうですね、行きたいの~
EVA父さん
2010年05月12日 10:57
かめ・ひ~さんへ
今でもお二人のドロップ写真を見るとドキドキ胸が高鳴ってきます。
でも自分の時は以外と冷静にいられましたよ。

>その1人・・・
とんでもありません一般ルート以外は今回が初めてであり、
                   次はないでしょうね~

>月末はあそこでしょうか
いよいよ源さん愛に?

此方は天気と相談しながらです。
カモシカ永井
2010年05月13日 09:40
この記事にコメントする資格ありません。
しばらくは鳥人・EVA父さんの活躍を楽しませていただきます。
EVA父さん
2010年05月13日 17:52
カモシカ永井さんへ
こちらの精神的緊張なんて、滑降時のほんの数十分。

それに引きかえカモシカさん&かめ・ふーさんの飯豊縦走。
5泊6日=144時間、とてもとても想像すら出来ません

これからも影ながら応援させて頂きます。
じゅんこ
2010年05月14日 20:16

なんも言えねぇ~~~@北島風
でも、動画でみたい!
EVA父さん
2010年05月17日 18:06
じゅんこさんへ
ルンゼ滑降は可也のリスクを伴います。

落石・雪崩・滑落等々、全神経を研ぎ澄まし危険地帯を速やかに通過する必要があります。
やはり写真・動画よりは安全最優先なもので、どうかご容赦を